食品業界も製薬業界も自分達の利益が優先しますから・・・


前回のメルマガにはたくさんの質問をいただきました。

 「栄養と言うのは健康、美容、長寿にとって、とにかく大切なものです。」と、メルマガにも書きました。

 どんな病気にも言えることですが、栄養のバランスが崩れることが、その病の引き金になり、生活習慣病などはその典型で、強調すべきポイントだと思いました。

 「関節炎」でも不足している栄養素を補えば改善するのですからその成分が科学的にも実証されているのですから、栄養学の重要性がわかると思います。

 けれども、そのことは十分に知っていても費用のかかることですから、「わかっていても思うようにはいかない!」というのが現実だと思います。
 
 例えば、江戸患い(えどわずらい)」とは、脚気のことですが、江戸時代の江戸 では、精米された白米 を食べる習慣が広まり、将軍 をはじめとした上層武士に脚気患者 が多かったようです。

 脚気は、ビタミン欠乏症の一つであり、ビタミンB1(チアミン)の欠乏によって心不全と末梢神経障害をきたす疾患です。

 心不全によって下肢のむくみが、神経障害によって下肢のしびれが起きることから「脚気」の名で呼ばれています。

 経験的に米にかえて蕎麦 (ビタミンB1を含む)を食べると、快復に向かうことが分かっていたため、漢方医学 では療法として用いられていました。

 江戸時代中期以降、江戸で蕎麦が流行した。江戸でうどんよりも蕎麦 が主流となった背景には、「江戸わずらい」 と呼ばれた脚気を、ビタミンB1 を多く含む蕎麦を食べることで防止できたことにもよるそうです。

 大正期以降、ビタミンB1を含まない精米された白米 が普及するとともに安価な移入米が増加し、副食を十分に摂らなかったことで多くの患者を出し、結核 と並ぶ二大国民病と言われました。

 国民の栄養状態の問題が解決された1975年 (昭和50年)ごろから、栄養成分の偏ったジャンクフード の普及により、脚気が増加傾向にある。

 また、アルコール依存症 患者にも多く、アルコール分解の際にビタミンB1が消費されることと、偏食 もかかわっている。

 更に、1990年代以降、高齢社会 (超高齢社会)を迎え、ビタミンB1を含まない高カロリー輸液での発症や食品購入の不自由さから副食を食べず白米のみを食す食生活による発症も問題視されている

 と、江戸時代や大正時代のように国民病にはなりませんが現代になっても、この病気の原因がビタミンB1(チアミン)の欠乏によって起きることが、はっきりわかっていても、発生しているのですから・・・。

 今の超高齢社会で問題になっているのは、ガンや糖尿病などの生活習慣病、そして、認知症です。

 これらの病気にも不足している栄養素があり、それらを補充することで、病気の予防も完治もできると思います。

 少なくとも日ごろから栄養のバランスが取れた食事を摂っていれば、ほとんどの病気の予防になると思います。

 前回、認知症に関してあまり詳しく説明できませんでしたが、これも、脳の構成成分は、脂質約60%、タンパク質約40%ですから良質な脂質の摂取が必要なことがわかります。

 その脂質の内訳はコレステロール約50%、リン脂質約25%、ドコサヘキサエン酸(オメガ3系)が約25%となります。

 これまで、オメガ6系のサラダオイルが健康に良い油ということで、何十年もサラダ油や大豆油に多いオメガ6系の油を過剰摂取してきました。

 オメガ6は摂り過ぎると、体内に炎症物質を発生させて細胞を傷つけます。

 傷つけられた細胞は正常に機能できなくなり、その結果、動脈硬化やがん、認知症、アレルギーなどの原因になるのです。

 お弁当やスーパーの総菜などには揚げ物が主流ですが、安価なオメガ6系のオイルを使っています。

 反対に積極的な摂取が必要なのは、DHA、EPA、亜麻仁油やえごま油に含まれるオメガ3系のオイルです。

 オメガ3には、オメガ6の炎症作用を抑える働きがあります。

 そのため、オメガ3をしっかり摂っていれば、オメガ6による細胞の炎症を抑える事ができるので、動脈硬化やがん、認知症などの大きな病気になるリスクを減らすことができます。

 残念ながら、私たちが摂取している油は、食品業界の利益のために、体に悪い危険な油ばかり、その結果、動脈硬化やがん、アレルギーなどの発症リスクが高まっているのです。

 製薬会社は、すぐに治ってしまっては困るので、いつまでも長く飲み続けてくれるためにも、「生かさず殺さず」の半病人で生き続けるような薬ですから、今後もこの傾向は強まると思われます。

 食品業界も製薬業界も自分達の利益が優先しますから、私達の気づかないところで利益の追求が行われています。

 今後、栄養学が進歩すればするほど、病気は病院で治す!という概念から、病気は食事で治す!という概念に変わってくると思います。

 ありがとうございました。 

・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。


スポンサーサイト

DHA、EPAは青魚に含まれる老化防止に作用する成分で・・・


 「関節炎」と「痴呆症」に関しての問い合わせが連続して頂きましたので、説明いたします。

骨と骨の連結部分を関節といい、骨と関節、それを動かす筋肉や腱、さらに運動神経や知覚神経により、私たちの体は自由に動くことができるようになっています。

したがって、それらのどれかひとつにでも障害が起こると、さまざまな痛みが生じてきます。

 「関節炎」で最も多くみられるのは、変形性関節症と関節リウマチだと思います。

変形性関節症は、関節間の軟骨がすり減ってしまうと体を動かすたびに痛むようになり、骨同士が直接こすれ痛みの原因となります。

 この変形性関節症は、全身のあらゆる関節で起こるのです。

 その中で症状を起こすと日常生活に支障が出るのは、膝、股の関節、背骨の腰の部分(脊椎)で、それぞれ変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性脊椎症と呼ばれます。

 最終的には関節の可動性を失う事になります。

この変形性関節症は、通常、腰・膝・腰背部など、体重を支える関節に悪影響を及ぼします。

残念なことに、変形性関節症の原因や治療法はわかっていませんが、リスクとなる要因については明らかにされています。

・年齢 ・・・ 加齢に伴い関節もすり減ります。

・体重 ・・・関節に負荷がかかるような体重の場合、リスクも高まります。

 ・ケガや繰り返される負荷 ・・・長期間に及ぶ関節の苛烈な負荷は、リスクを増大させます。

・遺伝性 ・・・ほとんどの病気と同様に、遺伝も影響します。

・筋力低下 ・・・より強い筋力は、長い期間関節を支えるとされています。

  その一方、関節リウマチは炎症性疾患で、自己免疫疾患となります。

関節に関連する痛み・炎症・非可動性は、免疫システムの過剰反応が原因で引き起こされるものです。
 
さて、関節炎の処方にはグルコサミンやコンドロイチンが一般的ですが・・・。

欧米では、ニュージーランド産のミドリイガイの抽出物サプリメントが定番になっているようです。

 ミドリイガイ( 緑イ貝)とは聞き慣れない名前ですが、このミドリイガイの抽出成分には、関節炎に非常に効果的な抗炎症剤が含まれています。

 ミドリイガイのサプリメントは、炎症を促して関節炎の典型的症状である腫れや関節の痛みを引き起こす酵素の活性を抑制します。

 緑イ貝の抽出物サプリメンを摂取し、軟骨、関節液、そして関節の機能を改善することで、関節炎やリュウマチ、変形性関節症、神経痛などに効果を発揮するのです。

 関節痛に良い成分は、おもに「DHA・EPA」「グルコサミン」「コンドロイチン」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」の5つです。

 これらの成分は食事からでも補うことはできますが、関節痛対策には食事からの摂取だけでは不十分ですので、効率よく有効成分を摂取できるサプリメントの活用をおすすめします。
 
 ミドリイガイ( 緑イ貝)についてもう少し詳しく説明します。

 ニュージーランドの住人は、原住民のマオリ族とイギリスから移ってきた白人です。

 同じ国の環境に住んでいるのに、白人はヨーロッパ・アメリカと同じようなリユウマチ、関節炎、神経痛などの病気に罹りますが、マオリ族はこうした病気と無縁なのです。

 様々な調査の結果、食生活の違いではないかと推測されました。

 そして、その秘密が緑イ貝にあることが判明したのです。欧米の科学者が長い間研究を続けても分からなかった秘密でしたが、1984年に日本の県立静岡薬科大(現静岡県立大学)の小菅卓夫教授らの研究によって解明されたのでした。
 
  緑イ貝には、三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂肪)はもちろんのこと必須アミノ酸や マンガン・マグネシウム・亜鉛などのミネラルも含んでいて、これらが総合して関節炎の炎症を緩和する効力になっているようです。

 緑イ貝の中に含まれている高単位の抗酸化酵素(SOD)は、人間に有害な活性酸素(フリーラジカル)及び過酸化物質を解毒してくれます。

 また緑イ貝の中には豊富な「ムコ多糖体」が含まれています。

 とくにムコ多糖体の中でも関節の粘液の主成分であるヒアルロン酸が多く含まれています。

 また、緑イ貝の場合は胃粘膜の保護する効力もあるので、医薬品のような胃の粘膜の炎症が起きないのです。

 このムコ多糖体は、中年期を過ぎると急激に減少します。

 すると細胞の機能は必然的に衰えて、皮膚がカサカサになり、シワが増え、艶がなくなってきます。

 また、血管や筋肉は硬くなり、骨はもろくなり、内臓は弱くなり、病気にかかり易くなってきます。

 このような事から、老化防止に、そして健康維持に、常日頃からムコ多糖体の補給をおすすめします。

  〇ムコ多糖体の働き

・関節の動きをなめらかにします。

・歩行時の膝の違和感や痛みをとります。

・股関節や首、肘などの違和感や痛みをとります。

・ 起きたときの腰や足のつっぱり感を消す作用があります。
 
 さらに、緑イ貝の中には、理想的なオメガ3脂肪酸も含まれています。

 オメガ3脂肪酸とは、青魚に含まれるDHAやEPA、エゴマや亜麻種子などの植物油に含まれるα-リノレン酸などの脂肪酸の総称で、一般的には生活習慣病予防に効果があるとされています。

 実は、このオメガ3脂肪酸は抗炎症効果も期待されており、緑イ貝にはDHA、EPA、α-リノレン酸がすべて含まれています。

 DHA、EPAは青魚に含まれる老化防止に作用する成分で、サプリでは健康維持を謳ったものが多く出回っています。

 このDHA、EPAは、抗炎症作用に優れており、消費者庁の調査によると「関節痛の症状緩和作用」では最高評価のAランクを取得しています。

 緑イ貝の各種成分の中でも特筆すべきは、オメガ3不飽和脂肪酸の一つであるETA(エイコサテトラエン酸)の作用で、EPAの200倍もの効果があるようです。

 このため、関節の動きや腫れなどに優れた効果が期待できます。

 まさに緑イ貝の驚くべき働きはETAにあったのです。しかも、現時点で自然界でETAを持つのは緑イ貝だけだったのです。

 αリノレン酸は、食品からしか摂取出来ない成分で、こちらも抗炎症作用を持っています。

 緑イ貝はこれらのオメガ3脂肪酸を一度に摂取することが出来るため、優れた抗炎症作用を発揮します。

 緑イ貝は、関節痛の他にも生活習慣病、美容と老化防止にもさらに認知症の予防にも最適なのです。

 栄養と言うのは健康、美容、長寿にとって、とにかく大切なものです。

 私の推奨しているサプリの会社は、この緑イ貝の抽出成分の驚くべき働きに注目して特許を取り、サプリメントを製造しています。

 関節機能維持に関する科学的研究の結果、亜麻油の400倍、EPA(魚油)の200倍、GLA(月見草オイル)の350倍という強い効果があると言われています。

 ですから、関節痛・膝痛・腰痛・リウマチ・気管支炎などでお悩みの方に根強い人気のサプリメントになっております。

 このサプリメントは、加齢や激しい運動の影響で起こる、関節の痛みやリウマチの痛みにお悩みの方にお勧めのサプリメントです。
 
 オメガ3脂肪酸は、脳の正常な発達や神経細胞の形成などにも必須ですから、脳卒中や心臓病の予防にも有効であることはよく知られています。

 緑イ貝の200倍の効果があるオメガ3脂肪酸は、脳・神経系で活発に情報が伝達されるよう働きます。

 こうした作用が、脳の活性化や目の網膜からの情報を速やかに脳に伝達することで、視力の維持や回復にもつながっています。

 「関節炎」や「痴呆症」にも、そして、それらの予防にも効果が期待できるサプリメントだと思います。

 ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。


☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事