この取り組みの最大のネックは


 ◎病気の治癒 その6

 ・ガン ・生活習慣病 ・リーキーガット症候群 
 ・アトピーなどのアレルギー ・難病等の解決!
=======
 前回の続きです。

20代をピークに毛細血管が減りはじめ60代になると4割も減ってしまう!ということですから、そのダメージは厳しいものがあります。

  シミ、シワ、たるみ、くすみ、肌の劣化、薄毛に白髪…皮膚は体のいちばん外側にあるため、毛細血管の減少の状態がダイレクトに反映され、見た目も老けてきます。

 25歳がお肌の曲がり角と、昔から言われますが、皮膚は年をとるにつれて老化しますが、歯、骨、脳、内臓などの老化も同じように進行します。

 血管の99%も占めている毛細血管が、20代から60代にかけて4割も減ってしまうのですから、毛細血管が衰えて血流が悪くなるのですから、酸素や栄養が滞るので、全身が老化し、様々な病気にもなってしまうのです。

 例えば、目、鼻、口、のど、胃、腸、膀胱、子宮など体のあらゆる部位にある粘膜には、毛細血管が発達しています。

 粘膜がいつもウェットに保たれているのは、毛細血管が水分を運んできてくれているからです。

 ところが、毛細血管が衰えてくると、毛細血管を介した粘膜への水分補給が低下し、粘膜が水分不足に陥り、その部位が乾燥してきます。

 ですから、ドライアイ、充血、目ヤニの増加、鼻炎、、気管支炎、風邪を引きやすい、口内炎、歯肉炎、胃もたれ、胃炎、下痢、便秘、膀胱炎、痔・・・など。

 バラバラの場所で起こるのでまったく別物のように思えますが、これらはすべて毛細血管の衰えが影響している可能性があるわけです。

 健康な粘膜は細菌やウィルスなどが体内に侵入するのを防ぐ働きがあり、粘膜が不健康な状態に陥れば、当然免疫力は低下します。

 粘膜を強くすることは、病気に負けない体を手に入れることにつながり、その鍵は毛細血管が握っているのです。

 血管の細胞は、血液がしっかり流れることでよみがえりやすくなります。ですから、毛細血管を復活させ増やすためには、毛細血管に血流が行くようにすることと、血流自体をアップすることが最大のポイントになります。

 ですから、30代、40代からは、血流を促し毛細血管を増やして病気にならず健康で若々しい体をキープすること、そして、50代60代になっても、若々しい体を取り戻すことが、大切になります。

 毛細血管の復活に関しては色々な説がありますが、論より証拠で、西野式呼吸法の西野皓三氏と、由美かおるさんの年齢に比較した容姿を見れば、一目瞭然になります。

 西野式では、回転のスワイショウを「華輪」という名称で取り組んでおります。

 腕振り運動=スワイショウには、手を左右に回転し捻じるように振るものもあります。 これは、デンデン太鼓のような動きなので、デンデン太鼓体操と呼ばれることもあります。
 
  西野式呼吸の「華輪(かりん)」の説明です。
======
 この運動はやればやるほど、身体の気がめぐって行きますし、ゆがみも是正されて行きますから、まことに優れた行法です。

 肩甲骨部分も、縮んだり伸びたりするので、柔軟性と血行が促進されます。また、気功法になっているので、この行法は自然呼吸のままでよいのですが、身体に気がめぐり、身体が温まってくると、「幸福感」が湧いてくることでしょう。

 西野さんは、合気道の求道中、この「華輪の動作だけ!」を延々と長時間やることで、気の奥義に達したとも言われています。
=====

 西野氏も、由美かおるさんも、明らかに30歳は若返っております。これは、明らかに、深い呼吸法と腕振り運動=回転のスワイショウの実践の結果だと確信できます。

 ゆがみも是正されるとは、背骨や仙骨のゆがみが是正されることだと思います。

 振り子運動だけではできなかった、背骨や仙骨のゆがみの是正が、この回転運動で可能になるのです。
 
 身体に気がめぐり、身体が温まってくるというのは、毛細血管の働きが正常になっているということになります。

 前後の腕振りでも、ほとんどの病気に奇跡が起きているのに、この回転のスワイショウで、30歳も若返れば、ほとんどの病気は吹っ飛んでしまいます。
 
 これは、明らかに若返りになりますから、◎若返り・アンチエイジングのジャンルにもなりますが、30歳も若返れば、◎頭脳明晰=頭の回転を良くする効果も、そして、◎病気の治癒 のジャンルにもなります。 

  一石三鳥!という凄すぎる取り組みになります。

 西野氏も、由美かおるさんも、驚異的な若返りで、一般には有り得ない奇跡ですから、この実践の継続で奇跡を起こしてください。
 
 最後になりますが、この取り組みの最大のネックは、毎日の継続どころか、5分間も実践できないことです。

 あまりにも単調過ぎて、継続できないことが最大のネックになります。

 これは明らかにエゴの支配があるからです。良いと分かっても、出来ない理屈はいくらでも沸いてきます。

 この腕振り運動は、関博士が船井氏に紹介して、船井氏が本に書いて全国的に広まったものですが、関博士が10人くらいの友人や知人に、この腕振り運動を紹介した中でも、船井氏が一番に継続できなくて、いつも関博士に注意されていたそうです。

 このように、腕振り運動を全国的に広めた船井氏でさえも継続できなかったものですから、普通の人にはなおさらなのです。

 それでも、何度挫折しても、再度取り組んで、今度はエゴを意識しながら、高い所から自分を観察するような感覚で実践して下さいね。

 毛細血管については次回も書きます。
~~~~~
 ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
 バックナンバーはこちらからご覧下さい。
  http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。
スポンサーサイト

体に負担のかからない有酸素運動にはスワイショウが最適・・・


  ◎病気の治癒 その5

 ・ガン ・生活習慣病 ・リーキーガット症候群 
 ・アトピーなどのアレルギー ・難病等の解決!
=======

最近のネットや新聞では、血管や毛細血管についての記事が目立って多くなっています。

 世界の最先端医療が注目しているのは毛細血管のようで、老化をはじめ、様々な生活習慣病にも関連しているそうです。

 数年前のメルマガにスワイショウとの関連で、毛細血管について書いておりますが、その文章をもとに考察していきます。

~~~~~
・体の老化の最大の原因は毛細血管の減少にあり!

 一般的に40代後半から体だがだるく疲れやすい、若い頃のように徹夜やムリが出来なくなるなど、急激に衰えを感じるようになるのがこの年齢です。

 記憶力が衰える、目が疲れやすくなる、よく眠れない、肌のシミ・シワ・タルミが目立つようになる、といった衰えを顕著に感じはじめるのもこの年齢からです。

 こうした体の変調は、血流が不足するために起こり、年齢と共に悪化の一途をたどります。

 なぜ血流が不足するのか。加齢によって起こる血流不足の最大の原因、それは「毛細血管」の減少にあります。

 毛細血管は体の各細胞に栄養を届け、二酸化炭素と老廃物の回収を活発に行っています。

 これらを絶えず行うことで、生命が維持されているのです。

 毛細血管は全身の全ての細胞につながり生命を維持している血流の要になります。

 この大切な毛細血管は年を取るにつれて減っていくことが最近の研究でも分かってきたのです。

 2008年に発表されたベルギーのリエージュ大学病院の研究によれば、60歳以上の人の毛細血管の数は、20歳代の人よりも、なんと40%も減少していることが明らかになったそうです。

 毛細血管が減少すれば、血液循環が著しく滞り、全身の細胞が衰えて老化が急速に進んでしまいます。

 太い血管は全血管の長さの1%にも満たず、なんと99%は毛細血管で占められているのです。

 全血管の99%を占める毛細血管が、半分近くまで減ってしまうのですから、高齢になれば病気になるのは当たり前ということになります。

 40代 50代、60代・・と、年齢が重なるにつれて、毛細血管が減少していくのですから、更年期障害や老眼になるのも仕方のないことかも知れません。

 けれども、全身の老化を食い止めるためには、毛細血管の減少を防ぎ、減った毛細血管を増やして、より多くの血液を全身の細胞に送り届ける能力を向上させなければならないのです。

 簡単で効果的なのが、ウォーキングや軽いランニングなどの有酸素運動をすることです。

 過度な運動は逆効果となるので注意して下さい。

 有酸素運動によってからだのすみずみまで酸素が行き渡れば、それが刺激となって新しい毛細血管が作られ、末端の組織まで十分な量の酸素や栄養を送ることができるようになります。

 体に負担のかからない有酸素運動を、1日30分程度行うようにすれば、知らないうちに毛細血管が増えるそうです。

 体に負担のかからない有酸素運動にはスワイショウが最適だと思います。
 
 毛細血管は非常にもろく弱いため、血流が滞ったり詰まったりすればすぐに壊死(部分的に死ぬこと)してしまいます。

 また、過度の運動や日光浴(紫外線の浴びすぎ)ストレスなどの影響で体内に活性酸素(攻撃力の強い酸素)が増えれば、毛細血管が炎症を起こし、消滅することもあるそうです。

 ですから、毛細血管を増やしながら、活性酸素を除去する!という2段構えの対処法が必要になります。

 活性酸素を除去するには、メラトニンというホルモンが最強でした。メラトニンは松果体の振動で分泌します。

 毛細血管を増やしながら、活性酸素を除去する!最良の方法は、スワイショウと、能望の実践ということになります。
~~~~~ 

 老化に関しては、◎若返り・アンチエイジングのジャンルになりますが、老化とともに病気がちになりますので、重複しますが書いていきます。

 さて、スワイショウの実践では、ほとんどの病気が治っています。

 半身不随やがんや難病など、ほとんどの生活習慣病も治り、とりわけ、視力が向上し、眼に関する病気がほとんど完治する!という・・・。

 にわかに信じられないことでしたが、最近になって指摘されている血流障害による病気と、スワイショウの継続で治っている病気とがほぼ一致している!ということは、血流を促す毛細血管の衰えであることがわかります。

 スワイショウの実践が継続できれば、問題は解決できるのですが、あまりにも簡単な動作なので、一般の人には、3日どころか、5分も継続できないことが難点なのです。

 馬鹿らしいほどに単純で簡単なので、継続できないことがエゴの仕業なのですが、詳しくは次回に書きます。 
~~~~~
 ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
 バックナンバーはこちらからご覧下さい。
  http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。
☆プロフィール
  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

      

☆最近の記事