すべての「間違ったこと」には、もう一つの側面がある。



 前回紹介したパム・グラウトさんの『感謝で思考は現実になる』には、『こうして、思考は現実になる』 『こうして、思考は現実になる2 』の2作品があり、3作目で最終的に、エゴとの対処に至り、感謝の思考に至ったように思います。

20年以上もかけてたどり着いた「感謝」の周波数に乗る!という概念は、エゴに対処するための最良の方法であり、このメルマガでも推奨しているものです。

 どんなに些細なことにも心からの深い感謝を心がけて、「感謝」の周波数に乗れば、病気の治癒も、願い事も叶うというのですから、確信が持てます。

 『感謝で思考は現実になる』に至る前作の2作品から参考になる文章を挙げてみます。

~~~~~~
 実際のところ、人類は、五歳になるまでに身についた行動パターンによって動いている。脳科学の研究によると、私たちの思考の95パーセントは、すでにプログラムされた潜在意識に支配されているという。

 実際に考えているのではなく、単に「過去にこう考えたことがある」という経験をひっぱり出しているだけだということだ。

 人間の思考もエネルギーであり、宇宙に存在するすべてのものに影響を与えるので、人間は自分の人生をコントロールできるということだ。

 一つだけ、大切なことを言っておかなければならない。スイッチを押さなければ電気はつかない。エネルギーのフィールドも同じだ。あなた自身も、もう中途半端な態度は終わりにしなければならない。

 私たちの人生で主役を演じているのは、実は目に見えないエネルギーや、思考、感情、意識だ。

 しかし、目に見えないために、私たちはそれらを理解しようともせず、自分のためになるように活用しようともしてこなかった。

 それなのに、なんとか世界を変えよう、人生を変えよう、目に見えるものを変えようと躍起になってきた。しかし実際には、世界を変えるには、自分の期待や思い込みを変えるだけでいい。

 本当に、そんなに簡単なことなのだ!何かを実現したいのなら、「今目に見えるもの」ではなく、「これから見たいもの」に意識を集中しなければならない。

 そして、ここが肝心なところなのだが、脳はとても怠け者なので、「これを見よう」と選んだ情報は、実はすでに知っていることばかりなのだ。ずっと昔に見ると決めたものと同じものを、何度も何度も見ようとする。

~~~~~~
たいていの人は、自分の欲しくないものばかりに意識を集中している。

  ポジティブな意図は、思考の中のほんの一部しか占めていない。

人間は古い思考パターンにとらわれ、脳の力の大部分を使ってお金の問題や人間関係の問題をくよくよ悩み、天から雷を落とす神様におびえている。

 欲しくないものを心配するのに、精神の99.9パーセントを使ってしまう。

 欲しいものはすべてそこにある。だから、意識を「今」に集中すれば、その存在に気づくことができる。それなのに、自分自身が「今この瞬間」にいない状態であることが、いかに多いことか!

 今に感謝して、その気分のよさをもっと広げれば、願い事は次々に叶う!

 何か他のことに気を取られていて、精神が「ここ」にいなかったら、精神にやってもらいたいこと(心配事や不安、明日の夕食に何を食べるかなど)があってもやってもらえないし、欲しいものが目の前にあっても気づかない。

 もしあなたがこの状態にあるのならば、いちばん大切なのは、意識を目覚めさせ、「今ここ」に集中するスキルを磨くことだ。

 そうでないと、五歳になる前に刷り込まれた古い思い込みに支配されることになってしまう。

~~~~~~
 自分の思考を使って欲しいものを手に入れるのは簡単だ。まさに朝飯前だ。議論の余地もない。

 それなのに私たちは、友達に対しても、そして何よりも自分自身に対しても、難しい、大変だと言いつづけている。今から二日間ぐらい、自分の言葉を注意して聞いてみよう。

 いったい何回「難しい」「大変だ」という言葉を使うだろうか。また、「昔からずっとこうだった」とか、「うちはそういう家系だからしかたがない」という言葉にも注意する。

 「できないこと」を語るのにほとんどの時間を費やしているので、いちばん大切なことを忘れてしまっている。それは、「できないこと」を「できること」にする力が私たちにはあるということだ。

 私たち人類は、どんなことを熱心に研究しているだろうか。それは、過去に起こった病気、問題、災害だ。

 そして、私たちは何に備えているだろうか。それは緊急事態や危機だ。

 私たちは、問題にかじりつき、「どこが悪いのか」ということを考えるのが大好きだ。これもまた古い思考パターンであり、新しい思考パターンに変える必要がある。

 「悪いところ」ではなく、「理想の姿」を探すようにすれば、人生は驚くほど好転する。

 ここで、本当のことを教えよう。すべての「間違ったこと」には、もう一つの側面がある。

 「不足」と「豊富」は裏と表の関係だ。「病気」と「健康」もそう。

 どちらの側面も同時に存在している。どちらの側面も本当のことだ。ただ、どちらかの側面を見ることを選んだために、もう一つの側面が見えなくなってしまっているだけだ。

 残念ながら、時間と空間しかない次元に意識がとどまっていると、コインのどちらかの面しか見ることができない。

 裏と表を同時に見ることはできないのだ。しかし、片方しか見えなくても、もう片方も存在しているということを認識することが大切だ。そして、コインはいつでも裏返すことができる。正反対の概念(たとえば「不足」と「豊富」)はどちらも本当だ。ただあなたがどちらの現実を選ぶかというだけの問題だ。

一度「あれはこういうものだ」と決めてしまうと、たいていの人はもう疑問を持たない。何かを「知った」と思うと、それがあなたの現実になる。

 しかし、何かを知っているというのは、とても大きな足かせになる。量子的な表現をすれば、何かを知っているという状態は波を破壊してしまう。

 謎、驚異、新しい発見の余地がまったくなくなってしまう。ここで考えてみよう。片方の腕に本をたくさん抱えていて、もう片方の腕に買い物袋をぶら下げているとしたら、もうそれ以上何も持つことができないだろう。

 どんなに知識が豊富でも、どんなに時間を取ってもらっても、人は何かを思い込んでいると、その思い込みを裏づけるようなデータだけを集める傾向がある。

~~~~~~~
 〇素直になる!
 〇感謝する!
 〇足るを知る!

 願望を叶える最良の方法が、昔からの仏教の教えや松下幸之助さんの実践していた教えが、ベストである!という結論になります。

再確認できましたので、ありがたいことです。

 ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。
スポンサーサイト

 「足るを知る」=「満足することを知る」ことです


 ゴールデンウイークには、『スタンフォードの脳外科医』『龍使いになれる本 』も読みましたが、やはり圧巻は、前回紹介した『キングダム』でした。

 学生の頃は、吉川英治の『三国志』や『水滸伝』『宮本武蔵』などにハマり、寝食を忘れて読みふけりましたが、その当時の記憶もよみがえり、何かに夢中になることは、若返りの効果があるようにも思います。

 戦いばかりの殺戮の物語ですが、人間の遺伝子の中には、そのような時代を過ごしてきた記憶が刻まれているのか?

 古代の中国からは、長い戦乱の世を避けて100万単位の帰化人が日本に移住したようですが、この帰化人の記憶を多くの日本人が継承しておりますから、シルクロードや大陸に思いを馳せるのも然りなのかもしれません。

 そして、『感謝で思考は現実になる!』という本は、「足るを知る!」という教えそのものの実践であり、足るを知る者は富む!ということになるのです。

 「足るを知る」=「満足することを知る」ことです。

 その反対の足るを知ることがないということは、満たされることがないということですので、常に不満が残るので、心穏やかに生きることができなくなってしまいます。

 ほとんどの人は、エゴに支配されて現状の不足感や未来への心配や恐怖心で生きておりますから・・・。

 心が穏やかで、安心するという感情が、望ましい現実を招きますから、何よりも大切になります。

 その実践がどんな些細なことにも感謝することになります。

  過去のメルマガから知足の教えを抜粋します。
~~~~~
 前回は、お釈迦様の最後の経典に遺教径があり、その中に「足るを知る」の教えがあり、その内容の説明で終わりました。

 その内容は「足るを知る」と観ずれば、様々な苦悩から脱することができる!そして、足るを知らないものは常に五つの欲望に振り回される!というのです。

 観ずるとは、心を静めてありのままをながめる。イメージする。あるいは、心に思い浮かべて静かに観察することです。
 
 足るを知る!ですから、一般には欲望を抑えた消極的な考えになり、現代の資本主義社会では、反発されそうな言葉ですから、いつの間にか死語になっているようです。

 お釈迦様は、人類最高峰の天才であり、深いレベルで悟りを開いた人だと思います。

 その天才が40年以上の布教活動で自らの体験を基に最後に残された教えというのですから、どの時代であっても通用する大切な教えだと思います。

 道教の老子は「足を知るものは富む!」とまで、断言しております。

 お釈迦様と老子の言葉を合わせて解釈すると・・・。

 『足るを知るものは、様々な苦悩から脱することができて豊かに富むことになる!』 となります。

 ですから、現代の社会にも通用する、むしろ一番必要な教えになります。

 空海の「秘蔵宝鑰」(ひぞうほうやく)には、本当の自分である仏心は満月である!と、書いてあります。

 空海は、私たちの本当の心は、何一つ欠けることのない満月に例えているのです。

 つまり、本当の自分は、すべてに満たされ、至福の喜びにあふれた状態で満足そのものなのです。

 自分の中にある無限のパワーは、本当の自分であり、常に満たされているので、不満も不足も一切なく、いつも満足そのものなのです。

 ですから、「足るを知る」とは・・・。この本当の自分のすべてに満たされた至福の状態をありありと観じなさい!と解釈することができます。

 足るを知る!というより、本当は「足る」しか知らないのです。ですから、不平・不満だらけの人間に、本当の自分に気づいて、本当の自分になりなさい!という意味もあると思います。

◎心の状態は善し悪しにかかわらず鏡写しのように現実を呼び込みます。

 ですから、「空模様」の天気を予報するよりも、「心模様」で予想するほうが確実に的中できるのです。

 自分の心の雲行きが怪しく荒れていれば、厳しい現実となり、心が穏やかですっきりと晴れていれば、望ましい現実になるのです。

 この現象は、ご自分の経験や周りの人を見ても納得できると思います。

 自分の心の状態が、そのまま現実になるというのですから、心の働きに注意しなければなりません。

 私達は、心をコントロールできないのですから、今の心や思考を常に観察し、いつも、穏やかで、晴れ晴れとした心模様に心がけることが賢明になります。

 心はいつも満たされ満足の状態であれば、そのままの現実になり、豊かに富むことになります。

 その反対に、心が満たされず、不平や不満たらたらで、いつも不足の状態でいると、その状態がそのまま現実となり、常に五つの欲望に振り回されるのです。

 お釈迦様も老子も、そして、空海も想像を絶する天才です。ですから我々のような凡人は、彼らの教えには素直になるべきです。

 私達は、どんな境遇になろうと、どんなに苦しい状況になろうと、自分の心はいつも満月のように満たされて、至福の喜びで満足そのものを保つのです。

 心がいつも幸せで満たされていれば、幸せな現実になり、心がいつも不幸せで、不満足であれば、現実も不幸せになるのです。

 心がいつも幸せで満たされている!と、言ったら、それは自分に正直ではないから、そんなことはできない!と、反発すると思います。

 けれどもそれは、自我のエゴに支配されているニセモノの自分に対する正直さであり、本当の自分に対してはうそをついていることになるのです。

 どんな状況であっても、本当の自分は満足そのものなのですから、心がいつも幸せで満たされていることが、本当の正直さなのです。

 ですから、自我のエゴが反発しても、第三者の目で冷静に観察して穏やかになるのです。

 足るを知る!とは、心が満足で満たされている状態を知ることですから、そんなに難しいことではないと思います。

  お釈迦様は、人間が自我のエゴの虜(とりこ)になって苦しんでいることを明確に見抜いて、この教えを残したのです。

 イエス・キリストも「あなた自身を捨てなさい!」と、言っております。

 これは、自我のエゴに支配されている表面のニセモノのあなたを捨てなさい!と言っているのです。

 自我のエゴは満足することはありません。どんなに成功しても、お金を儲けても、これで満足する!ということはありません。

 ですから、本当の自分に気づき、目覚めるための目的が知足の教えの根幹にあることを理解してください。
~~~~~ 

 ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。

奇跡の人生を手に入れるたった一つの条件!


 ゴールデンウイーク中は、10人中、10人がハマってしまう!という「キングダム」という漫画を紹介されて、PCで、40巻まで読んでしまいました。

 漫画ですから、はじめは抵抗がありましたが・・・。

 本屋さんにも行き、ほかの本も3冊ほど読みましたが、「感謝」で思考は現実になるという本が、なるほど!と、頷きながら読みました。

 感謝の振動は、地球上で最も強力な周波数だ、この「感謝の周波数」に乗るだけで、夢が叶う!というのです。

 それが、奇跡の人生を手に入れる、たった一つの条件!と断言し、それが量子力学が証明した意識の力だ!というのですから、信憑性があります。

この本の「 内容紹介」です。

 本当に願いがかなう「感謝」のやり方がついに明かされる!願いがかなった人続出の全米ベストセラー、ついに日本上陸。シリーズ35万部突破!

『こうして、思考は現実になる』の著者、パム・グラウトが、ついに「正しい感謝の方法」を解き明かした!

 「思考」の大切さは知っているというみなさん、今度は「感謝」のものすごいパワーを知るときです。

 本書では、4週間で「願望実現体質」になるための20のゲームを収録しています。

 誰でも簡単にできる驚きの方法を、すぐにためしてみてください!

  目次より

●「引き寄せ」がうまくいかない人に共通していること
●「猛烈な感謝」をすると、人生に何が起こるのか?
●素直に驚き、感謝するだけで宇宙に愛される
●奇跡の人生を手に入れる、たった一つの条件
●「感謝するより、努力するほうが大切」は本当か?
●感謝することで受け取れる「四つの贈り物」とは
●感謝のゲームの、収益報告書を作成しよう
●気が向いたときにできるパーティゲーム

 カスタマーレビューから紹介します。
~~~~~~
「引き寄せの法則」って言葉から、多くの人が「その法則を使えばなんでも思い通りのものが手に入る」と期待します。

 「ザ・シークレット」がまさにそのイメージをかきたてるかのような映像を見せてくれました。

 人々は期待にあう巻物(本)を探し続けました。

 いろんな本にかいてあるとおりのことをして、願いを紙に書いて枕の下にいれても、アファーメーションとかでお経のように唱え続けても、さっぱり現実にはなりません。

 いつしか「そんな法則はない。騙された」と離れていきます。

 一方で、この法則を使いこなしている人々がいるのも事実です。その使いこなしは簡単ではないのです。

 なぜならば、人生に対する態度を問われるからです。「引き寄せの法則は人生観だ」と書くと多くの人がいやがります。

 エゴは法則は自分に従うべきだと考えるからです。人よりも金持ちになりたい、人がうらやむような恋人を手に入れたい、人をあごで使える身分になりたい、

 しょせん、この世は弱肉強食。この法則で弱い者に君臨してやる、という考え方の人が「引き寄せの法則」を「使いこなそう」と考えてもまったく機能しません。

 引き寄せの法則が作動する人生への態度は、一言でいうなら「感謝」です。

 今に感謝して、その気分のよさをもっと広げれば、次々にかなう、とパムは教えてくれているのです。

 エゴに基づく願望が引き寄せられないのは、これが理由です。

パムの本は最初の本から一貫して、明るく実現しやすい方法論から一歩もはずれていません。

今回の本は行動の背後の考え方を説明してくれているのです。他の多くの(とくに日本人の書いた)本はエゴについてなにも説明せずに、なんでも叶うという空手形を書いていることに、とても違和感がありました。

それはどんどんエゴを増長させるだけで、叶わないからです。この本が正解だと個人的に思っています。

~~~~~~
感謝は可能性のフィールドへの入り口。

 そのフィールドを宇宙と呼ぶ人もいれば、神と呼ぶ人もいる、と著者は説く。

 チャンスをつかみたいなら、夢をかなえたいなら、たとえ病気になっても、ひどい目にあっても天恵ととらえて見境なく、猛烈に、心底感謝する癖をつけなさい。

 運を好転させる本当の力は、思考の中の、「感謝」にある。人間の脳は自分と他人、幻想と現実の区別がつかないから「こうなったらいやだ」「絶対かなえるぞ」「どうせムリ」「許せない」「許そう」「運がいい」「ついてない」「あいつを蹴落としてやる」「人助けしたい」などの、さまざまな思考の中から、最もよく考えることを選んで、自身のこととして実現させていく。

 だから、ねたんだり、いじめたり、怒ったり、悲観したり、悪口を言ったり、人をだまそうと思うたび、ツキが落ちて、不幸を呼び寄せる。

 逆に、どんなときも、ものごとの明るい面をみて「ああよかった。勉強になった。ありがとうございます」と心から感謝していると、次から次にいいことがおきる。

自分も、まわりの人も、人類も含めたみんなの笑顔と幸せにフォーカスした「感謝の周波数」に乗るだけで、自然に幸せな人生になり、夢がかなう。

感謝は万能でミラクル。思考と言霊の無限の力を、改めて思った。

~~~~~

 ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。

この療法はステージ4という末期がんでも、転移したがんでも治療の効果が望めます。


 今更ですが、政府は、高齢がん患者の抗ガン剤治療の効果について、大規模な調査に乗り出す!ということですが・・・、その調査結果が出るのは何年後になるのでしょうか?

 その間にも、抗ガン剤治療による多くの犠牲者が出続けているのですから、形式だけの業界を守るための調査には???を感じます。

~~~~~
<高齢がん患者>抗がん剤治療の効果調査へ 延命効果検証 
  毎日新聞 4/27(木) 7:00配信

政府は、高齢がん患者に対する抗がん剤治療の効果について大規模な調査に乗り出す方針を固めた。

高齢者にとって身体的な負担の重い抗がん剤投与による延命効果を疑問視する声もあるため、大規模調査に基づく科学的分析が必要と判断した。高齢化が進む中、がん治療のあり方に一石を投じる可能性がある。
~~~~~

抗がん剤の深刻な副作用や高い致死率は、ほとんどの人に知れ渡っていることなのに、今更、莫大な費用をかけて調査をするとは? 

 この業界の利益を守るための、業界が有利になるための、はじめから結果ありきの調査なのでは・・・?と、思います。
 
 意味のない時間つぶしの調査よりも、メルマガでも紹介した第200回の「副作用のない抗がん剤」=「P-THP」や、第212回のがん細胞だけを破壊する「近赤外光線免疫治療法」=「光免疫療法」など、副作用もなく、医療費も大幅にダウンする治療法を、政府は本腰を入れて推奨すべきだと思います。
 
 特に日本の場合、国民の2人に1人ががんに罹患しているのですから、抗がん剤の被害も、がん治療費にかかる社会保障費も、莫大なものになっています。

 「P-THP」や「光免疫療法」が、普及すれば、患者さんも、医療費の増加に悩む国の財政にとっても、大きなメリットになります。

 「副作用のない抗がん剤」=「P-THP」の紹介では、抗がん剤がほとんど効果がないことを書いています。

 --------
 『 全身転移のがんが消えた…常識破り「副作用のない抗がん剤」誕生秘話 なぜこれが保険薬にならないのか!!』

・ 抗がん剤で治る確率は5%!

 2人に1人ががんになる時代である。やがて誰でもがんになる時代がやって来るだろう。あなたががんになったとする。

 現在、そのがんが原発巣にとどまっているかぎり、治療法として考えられるのが外科手術だ。

 ただし、これが転移したりするとやっかいである。外科手術ができないから、あとは抗がん剤となるが、これが問題なのだ。

 なぜなら、がん種にもよるが、ほとんど役に立たない。抗が剤で治る可能性はわずか5%なのである。

 さらにやっかいなのはその副作用だろう。痛み、発熱、吐き気、嘔吐、しびれ、呼吸困難……。それだけならまだしも、骨髄がやられると白血球や血小板が壊されて死に至ることもある。

 がんで死んだのか、抗がん剤の副作用で死んだのか、わからないことがよくあるのはこういうことである。

 薬といえば、ペニシリンのように「治す」というイメージがあるが、少なくとも抗がん剤は私たちの考える「薬」ではない。顧客満足度からいえばゼロに近いだろう。

 がん治療にとって大事なことは、QOL(Quality of Life:生活の質)×生存期間である。

 つまり、生活のレベルを落とさず、できるだけ長く生きること。ところが、現在の抗がん剤は副作用でQOLはガタ落ち。延命効果があってもわずか2~3ヵ月にすぎない。

 そんなとんでもない薬が、今や年間に1000万円を超えるのが当たり前になっているのだ。

 せめて副作用のない抗がん剤があったら……。多くのがん患者の願いにこたえるように、そんな抗がん剤が誕生した。

 「P-THP」といって、開発者は前田浩教授(熊本大学名誉教授・崇城大学DDS研究所特任教授)である。2011年には優れた研究者に与えられる「吉田富三賞」を受賞し、2015年のノーベル賞候補と目された人物だ。

 ・ 理論的に「抗がん剤」は効かない!

 抗がん剤はなぜ効かないか。なぜ副作用があるのだろうか。そのことがわかれば、逆にこの「P-THP」が、通常の抗がん剤よりも治癒効果が高く、副作用がない理由も理解できると思う。

 まず副作用だ。血管は閉鎖系といって出口はなく、その中を血液がぐるぐる巡っている。いわばドーナツのようなチューブだ。そのチューブに小さな穴が開いていて、ここから酸素や栄養素が漏れて体の細胞を維持している。

 ところが、低分子の抗がん剤もここから漏れてしまうのである。猛毒の抗がん剤は漏れたところの細胞を壊死させるので、これが副作用となってあらわれる。

 また多くの抗がん剤は、がん細胞が休みなく分裂するのを利用して、分裂するときにDNAの合成を止める仕組みになっている。つまり、分裂できなくして殺すのである。

 ところが、がん細胞と同じように激しく分裂している細胞は他にもたくさんあり、そこがやられると副作用があらわれる。たとえば毛根だ。毎日のように細胞が分裂しているから、抗がん剤にやられて髪の毛が抜けるのである。

 腸管上皮や胃の粘膜もそうだ。骨髄もやられやすい。つまり、がん細胞と一緒に正常細胞もやられることが副作用なのである。

 そんな副作用がありながら、なぜ抗がん剤でがん細胞を殺せないのだろうか。

 抗がん剤を点滴しても、がん細胞に到達したときは、点滴した量の100分の1以下に薄まっていることがその理由の一つだ。

 では、薄まってもいいように、最初から100倍投与すればどうか。

 こんな実験がある。抗がん剤が、がん細胞を殺す量はわかっているので、その量が腫瘍に届くように投与したらマウスはすべて死んだという。

 人間も同じで、がん細胞が死ぬ量を投与して、人間が耐えられる抗がん剤は存在しない。

 つまり、どんな理屈をこねようとも、理論的に抗がん剤は効かないということだ。
--------

 抗がん剤に関するこのような基本的な知識は、政府のお役人も、製薬会社も、医療関係者も、当然のごとく持っていることでしょう。

 さらに、抗がん剤による副作用を阻止する「酵素」を活性化すれば、副作用が起きない!そのために微量ミネラルを大量に飲めば、髪の毛もぬけずに、悪性の副作用も起きない!という知識を知っている専門家もいると思うので、多くの苦しんでいるがん患者に勧めるべきです。

 がんの標準治療の治癒率は5%ですから、95%の人が医療ムラのわけのわからない既得権の犠牲になっているのです。

 この業界でも、人の命よりも経済の原理が優先しておりますから、ガン・マフィヤに牛耳られて「不都合な真実」が、まかり通っているのです。

 抗がん剤によって、一時的にガンの抑制が抑えられると言う治験がありますが、それは20人に1人の 話であ り、それも30日間がん細胞の活動が停滞します。癌細胞が小さくなることもあります。

 その後、40日以降は確実に リバウンドして、猛烈な速度で癌細胞が増殖し、転移するという事実を隠していますから、政府の調査の結果は理不尽なものになると思います。

 医療関係者は、抗がん剤の効果がない事を百も承知していて、300人の医者に「あなたはもしガンにかかったら、抗がん剤を使用しま すか?」の問いかけに、270人(90%)が使用しないと言ってるのです。

 自分のお子さんがガンにかかったら?という質問であれば、医療関係者の100%は、抗がん剤を使わないと思います。
  
 そして、もう一つの「光免疫療法」は、1分で「がん細胞」を破壊し、副作用もなく、従来のがん治療法の問題点をクリアする!というのですから、日本でも一刻も早く実用化すべきです。

 この療法は、ステージ4という末期がんでも、転移したがんでも治療の効果が望めます。

 皮膚がんのような身体の表面に近いものだけでなく、食道がん、肺がん、子宮がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、腎臓がんなど、がんの8~9割はこの治療法でカバー出来るというのです。

 ですから、この「光免疫療法」は、アメリカでは異例の速さで治験が進んでいます。

 そして、アメリカ国立衛生研究所が治験を委託したベンチャー企業は、楽天の三木谷氏が取締役会長を務めているそうです。

 三木谷さんは、彼の父上ががんを罹患されたこともあり、治療法について大変勉強され、その中で光免疫療法のことも知り、サポートをされているそうです。

 当初は、アメリカ政府の公的資金を使って2年がかりで、治験を進めようとしていたそうですが、楽天の三木谷氏のサポートが始まってから治験のスタートまで、1年半しかからなかったそうです。

 日本で治療として実現するのは3年~4年後ということです。

 治験自体がアメリカが1年半ぐらい先に進んでいるそうですが、三木谷氏は、世界同時に実用化したい、と言われているそうです。

 身体に害のない近赤外線で、がん細胞だけを破壊し、同じく近赤外線で、免疫細胞をじゃまする制御性T細胞をやっつけることで、残った転移がん細胞を免疫細胞がすべて食べてしまう。

 こんな夢のようながん根治法が、光免疫療法なのです。

 しかも副作用がほどんどなく、費用がオプジーボより2桁も安くなるというのですから、医療ムラやガン・マフィヤの抵抗や圧力が厳しくなると思いますが、もう「不都合な真実」は許されません。

 ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。

血糖値の上昇を抑制し糖尿病を予防


   ◎ダイエット分野 その3

   ・健康的なダイエット!
-----
以前に、白いんげん豆ダイエットを放送した番組あてに下痢や激しい嘔吐があったと苦情があったと報告さたそうです。

 原因としては、生の豆に含まれるレクチンなどの成分が、加熱不十分のために残り、これが胃や腸の粘膜の炎症を引き起こし嘔吐や下痢の症状に至った可能性が高いと発表されています。

 白いんげんに限らず豆類は生で食べると下痢を起こす可能性がありますので、要注意です。

 ・白インゲン豆に多く含まれるファセオラミン

 この成分は、炭水化物の消化・吸収を抑える効果があるので、数年前にメディアで紹介されてから、ダイエット成分として注目を集めていますが、素人が白インゲン豆からこの有効成分を直接抽出して、ダイエット効果を上げることは無理があると思います。

 メルマガの第237回でも紹介しましたが、専門家が15年の研究と安全試験を経てやっと開発できたのですから、このサプリメントは本物を選ぶべきです。

ファセオラミンは血糖値の上昇を抑制し、糖尿病を予防します。

 白インゲン豆の抽出物のファセオラミンは、抗肥満・高脂血症または高中性脂肪血症の改善・糖尿病の血糖調整の改善などがあります。

 血糖値の上昇が抑えられると、インスリン分泌量も少ないもので済み、結果として肥満の原因となる脂肪蓄積を予防することができます。

 糖尿病においては、運動療法と食事療法が治療の中心となるため、白インゲン豆抽出物のサプリメントは、補助的に利用するのが良いとされています。

 副作用は特に知られていませんが、糖尿病治療薬を利用している方などは相互作用も視野に入れて、白インゲン豆の使用に注意を払う必要性があるとされています。

 ごはんやパン、麺類といった炭水化物が多い食事をする場合には、食前、又は食事中にファセオラミンを摂取するのが効果的です。

 さらに、白インゲン豆抽出物のファセオラミンは、単糖類はブロックしません。また、脂肪、タンパク質、ビタモン、ミネラル、植物栄養素の消化吸収は阻害しません。

ファセオラミンは、食べもののうち、唾液と膵臓のアルファ・アミラーゼという酵素によって分解される長鎖多糖類、つまりデンプンに限って作用します。

 私が推奨しているサプリメントは、主成分のファセオラミンをすみやかに胃の内部に放出できるようになっています。

 安心できる100%自然素材のサプリメントですので、お勧めしています。

2粒で、生の白インゲン豆から抽出されたファセオラミン1000mgを摂取することができます。ですから、理想的なダイエットが可能になるのです。
 
 ファセオラミン発見の端緒となったのは、1970年代初めのベネズエラの牛牧場でした。牛を太らせるためには通常トウモロコシや穀物が使われますが、より手に入れやすいインゲンマメを飼料に入れることになったのです。

その結果、生のインゲンマメを入れてから、太るどころか牛が痩せてしまった、という報告が国に多数寄せられました。

 ベネズエラの科学者は飼料の内容と影響に関する実験を行い、その結果を発表しました。その後、フロリダ州マイアミにあるハワード・ヒューズ・メディカルセンターでさらなる研究が進められ生のインゲン豆から特定のタンパク質を単離することに成功しました。

このタンパク質は、デンプンの消化吸収に欠かせないアルファ・アミラーゼという酵素に選択的に結合し、酵素の本来の機能を阻害する性質があります。

 ただし、タンパク質は加熱されると変形してしまうため、この阻害作用は調理により失われます。

1980年代に、アルファ・アミラーゼの阻害作用が明らかになったファセオラミンは、いわゆる「スターチ・ブロッカー」として商品化されました。

しかし、当時の抽出物は効力が低く、あまり成果が出ませんでした。

 けれども、近年は改良が進み、実験室の環境であれば、インゲンマメタンパク質1000mgにつき、デンプンおよそ450gに相当する2250カロリー分の消化吸収を阻害できる高性能なものになっています。

 マーシャル博士の研究チームは、長年に渡って研究を続け、インゲンマメの特定のタンパク質の一部を取り出し、錠剤にする独自の製法を開発しました。

 動物実験及びヒトの臨床実験で、マーシャル博士開発のたんぱく抽出物にダイエット促進効果が認められています。

重要なことは、食物中のタンパク質、脂肪、ビタミン類、ミネラル類と植物性栄養素のような身体に必要とされる多くの
栄養素の消化と吸収はこれまでと同じで、影響を受けません。

 さらに、未消化のデンプンは上部消化管で吸収されず、カロリーとして体に取り込まれることなく大腸に移動します。

 大腸では、腸内細菌によって部分的に分解されます。

 効果の高いアフファ・アミラーゼ阻害物質が存在すれば、食品に含まれるデンプンは食物繊維の一種と考えてもよいでしょう。

 ここで言う食物繊維は、植物由来の難消化性の多糖類で、大腸内の細菌により短鎖脂肪酸に分解され、腸の健康に寄与するものを指しています。
 
 スターチ(デンプン)は、穀物や野菜、果物、パンなどの食品、さらにはほとんどの加工食品やファーストフードの主成分です。

 現代の日本人にとって、炭水化物抜きの食事は考えられません。

 しかも、デンプン質の食品は主食や副菜として食卓に乗る機会が多いので、炭水化物抜きのダイエットを長続きさせるのは容易ではありません。

 このサプリメントは、すっきりとした快適な体をつくり、適切な体重の維持と全体的な健康をめざす人々を応援します。

 食べ物から摂ったデンプン質やグリコーゲンといった糖質・たんぱく質は、すい臓から分泌されるα-アミラーゼという消化酵素の働きによって、ブドウ糖に分解され、小腸の粘膜で吸収されます。

 しかし、ファセオラミンがα-アミラーゼの働きを阻害し、ブドウ糖の吸収を穏やかにします。そして、吸収しきれなかったブドウ糖は体外へ排出されていきます。

 このような作用から、肥満の改善とともに、糖尿病や脂質異常症改善にも効果があると期待されています。

 摂取された炭水化物は、すい臓などから分泌される消化酵素によってブドウ糖に分解、そして腸壁から吸収されます。

 しかしすべてがエネルギーとして使われず、余剰分は脂肪として体内に蓄積されます。

 毎日食べている炭水化物を自分の体内に脂肪として蓄積するのか、それとも、腸内の善玉菌を増やす腸活に役立てるのか・・・。

 ファセオラミンが主成分の本物のサプリメントを摂取することで、炭水化物は食物繊維となり、腸内の善玉菌の餌になりますから、ダイエットにもなり、健康にもなりますから一石二鳥の効果が期待できるのです。

次回に続きます。
ーーーーーーー
 ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事