新世代エコロジー洗剤 その89


 先日メルマガに紹介した『「聖書の暗号」の大事なポイント』に関して、
船井氏のブログにもありましたので、紹介します。

       船井氏のブログより抜粋します。

////////////////

 私は2007年にはじめて「聖書の暗号」のことを知りました。しかし
興味を持ったのは去年2月からです。3000年以上前に書かれたと
いわれるモーセ五書に私のことが何十回も出てくるのが分った
からです。

 しかも、そこに書かれていることは検証すると99.9%以上当って
いるようなのです。びっくりしました。そこで、どうしてだろうかと
思って研究をはじめたのです。

 それにつきましては去年7月にビジネス社から『二つの真実』を出し、
その時までに分ったことを同書に書きました。

 しかし、研究を進めている間に、聖書が、だれによって何の目的で
書かれたかとか、聖書の暗号に「悪のコード(善くない予測、どちらか
といえば悪いこと)」と「愛のコード(人間や個人にとって善いこと)」が
あり、それぞれが何の目的でだれによって書かれたかなどが分って
きました。

 その他、世の中の構造や、なぜ、1万3000~4000年前に付加され
たと思える「聖書の暗号のコード」内容が、’95年まではほぼ100%
当り、今でも90数%以上その通りになるかなどが分ってきました。

 フシギなことです。未来が決まっているとしたならば、なぜ「この世」
があるのでしょうか?

 もちろん私にはまだ100%分ったわけではありません。そこで分った
ことをもとに、私なりの仮説をつくり、それをできるだけ科学的に分析
して書いたのが上記の著作なのです。分りやすく書きました。
 
 私がこの本の中で主として書きたかったことは、9月24日のこの
ホームページ上でも書きましたが、神(?)の存在を証明したと言われ
ている3人のイスラエル学者の論文「創世記における等距離文字列」
(’94年8月 アメリカの数学学術誌、STATISTICAL SCIENCEに
掲載)が、その後、多くの専門家によって数年も審査され、「認めざる
を得ない」という結果が出たことです。

 量子力学的にも認めうることも分りました。異星人(異星から来た
知的な存在)がわれわれ地球人に関係したと考えられることなども
分りましたが、それらを全く客観的に同書には書きました。

 しかも、同書には、これからの地球に大変化が来ること、そして
それに地球人として対処するヒントも書かれていますし、よい世の中を
創るために日本人に大事な役割のあることも出て来ます。

 正直なところ内容的には少しむつかしい本とも言えます。しかし、
ぜひ読んで内容を知ってほしいのです。お分りいただけると思います。
 
 以上のようなわけですから、ぜひ拙著の『「聖書の暗号」の大事なポイント』を、お読みいただき、内容を知ってほしいのです。

 よろしくお願いいたします。

 なお、聖書の暗号にコードとして示されていて最近の日本に関する
ことで当った有名な事件としては、つぎのようなものがあります。

  2001年 小泉首相の登場
  2002年 鈴木宗男さんの逮捕
  2004年 植草一秀事件
  2008年 秋葉原無差別殺傷事件

 ……などです。

 世界的なこととしては、リーマン・ショックや四川大地震も当って
おります。 
                     =以上=

////////////////

先日のメルマガにも書きましたが、

 今までの地球は「地の理」という法則にのっとって、遺伝子の
プログラムか、あるいは何らかのシナリオに従い、すべての戦争や
各個人の人生が展開されてきましたが、2012年を境に「地の理」から
「天の理」へと移行するというのです。

 2012年を境に「地の理」から「天の理」へと法則が転換するという
ことが、旧約聖書の暗号にもあり、それが解読されたというのです。

 つまり、2012年からは、今までの決められたシナリオから、私たちの
多くは、すでに決まっているプログラム通りに動かされていましたが、
これからは、自分達が自分達の意志で創る創造の世界へと移行すると
いうのです。

 自分の運命を自分の思った通りにできる時が来る!というのです。

 今までは、多くの人が、いくら努力をしても報われることが少な
かったのは、99.9%以上も運命が決められていたからなのです。

 無意識のプログラムの奴隷になっていた!ということなのです。

 けれどもこれからは、自分で運命を切り開き、誰もが自分の運命を
思った通りにできるようになるのです。
 
 天の理の生き方としては・・・・。

・世のため、人のため、自分のためになることで、 ワクワクすること
をやる。

・すべてに愛と感謝で親身に対する

・謙虚に生きる

・陰徳を積む

・勉強好きで素直。プラス発想でポジティブに生きる

・「天の理」と「良心」に従って生きる

 と、この様な天の理に叶った生き方をしていれば、自分で運命を切り
開き、誰もが自分の運命を思った通りに生きれるようになるのです。
 
 次に連載を書きます。

==========

  ≪新世代エコロジー洗剤≫ その89

==========

 「本物商品の条件」というのが5つあります。

1、大切な人、モノ、環境を害さない。

2、 大切な人、モノ、環境を良くする。
  (蘇生化し、調和する)

3、高品質で安全。そして安心できる。

4、単純でしかも万能である。

5、 経済的である。


 船井氏によれば、商品を持ったまま 「O-リングテスト(オーリング
テスト)」 や 「前屈」 をすると、力の入り具合や、筋肉の柔らかさが
変化して、それだけで良い物とそうでない物が区別できると説明されて
おります。

 O-リングテストとは、片方の手で判定したい物を持ち、もう片方の
手の親指と人差し指でマルを作って、他の人に無理やり開けさせる
というもので、「本物」を持っていると指は開かないが、「良くない物」
を持っているとカンタンに指が開くというものです。

 先日の投稿にもありましたが、『幸せの和』で試すと、指は簡単には
開かないので、本物であることがわかります。

 一方、前屈の方はカンタンで、判定したい物を持って前屈すると、
「本物」 なら普段より深く体が曲がるというものです。

 この原理は、マイナスイオンを放出する物を持てば、活性酸素を
安定させることとなり、その結果として速やかに血流が良くなり
エネルギーが供給され、力も入るし、筋肉も柔らかくなる!という
ことなのですが・・・・。

 このマイナスイオン=電子は、氣のエネルギー≒グラビトンがたくさん
集まってできたものと考えられています。

 「本物商品」 には、「良いエネルギー」 が集まってくるのです。

 19,200個のグラビトン(重力子)が集まることによって、1個の電子
(マイナスイオン)が出来上がるということですから、微細すぎて、
人類はまだまだ発見できていないのです。

 ですから、このグラビトン(重力子)が氣のエネルギーであり、
このエネルギーがたくさん集まることにより電子になるのです。

 「本物商品とは、電子を集めて、電子を放出するもの」ということが
言えます。

 電気的に電圧をかけて電子を発生する電化製品や装置がありますが、高い電圧になるので、有害電磁波が発生します。

 ですから、波動が高い物から出る電子や、細かい霧状になり水と
共に発生する電子が、自然の状態に近いので、望ましい電子になり
ます。

 エコ洗剤は、スプレーで吹きかけるとハイレベルの還元電子を放出
しますから、まさしく本物商品の典型になるのです。

 「本物商品」 とは、本物商品の5つの条件のうちの3つ以上を満たして
いるものと定義されています。

  5つがすべて揃うものは、ほとんどありません。

 ところが、エコ洗剤は、なぜか5つのすべてが揃うのです。

 しかも、除菌消臭に関しては、経済的な条件となると、20分の1の
価格になり、高品質で安全、そして安心できる点からも、一般のもの
より、何倍も優れていることになります。

 環境を害さないで、環境を良くして、単純でしかも万能であります
から、本物商品の5つの条件のすべてが、高いレベルでクリアして
いるのです。

 さらに、還元電子は、運気が高まり、家内安全、商売繁盛も約束
されて、何をやってもうまくいくイヤシロの環境にするのですから、
これほどの本物商品は、有り得ない奇跡であり魔法なのです。
 
スポンサーサイト