新世代エコロジー洗剤 その114


「テラヘルツ波」は、生命エネルギーの根幹に関わる波長であり、
科学者達は、テラヘルツ波を“生命光線”“物質変性エネルギー”
“生命エネルギー”などと呼んでいるそうです。

と、前回のメルマガで書きましたが、ミクロのレベルからも氣の
エネルギーを説明できることは画期的なことになります。

 連載の中で『テラヘルツ波』が心身のエネルギーを高める!
の続きを書きます。

==========

  ≪新世代エコロジー洗剤≫ その114

==========

 「テラヘルツ波」とは、1秒間に1兆回振動する遠赤外線の様な光の
周波数になります。

 1秒間に1兆回も振動するのは、日常では考えられないことですが、
原子とか分子のミクロのレベルでの振動になります。

 ミクロのレベルの視点からだと人間は振動する原子の集団であり、
振動する際にテラヘルツ領域の光のオーラを発しているのです。

 オーラは、よく見かける仏像の光背でもあります。

 光背(こうはい)とは、仏像、仏画をはじめキリスト教の聖人などで
体から発せられる後光(ごこう)のことです。

 「テラヘルツ波」の研究が進んで、一般的になれば、人体から出て
いる光のオーラは、科学的にも当たり前のことになってきます。

 現代人の多くは、人間が光を発しているのを見ることはできません
が、昔の人の感覚は敏感だったのですね。  
 
 さて、地中に生息する細菌群は、多量に「テラヘルツ波」を吸収
・放射する!という調査結果があります。

 「テラヘルツ波」は、氣のエネルギーのことでもありますから、土壌
が豊かだと、細菌群のバランスもとれていて、氣のエネルギーで
満たされている!ということになります。

 不毛の痩せている土地には、「テラヘルツ波」を吸収・放射する
細菌群もいなく、気のエネルギーが枯れている!ということになり、
これは、ケガレチ(氣枯れ地)の概念と一致します。

 ところで、土壌の細菌に対応しているのは、体内では腸内細菌に
なります。

 100兆もの腸内細菌群(腸内フローラ)が、多量に「テラヘルツ波」
を吸収・放射しているから健康が保たれている!ことになります。

 ただし、これは腸内細菌群のバランスがとれた時、という条件は
土壌と同じで、バランスが崩れると様々な病気になってしまいます。

 人体の腸は丹田の部分でもあります。丹田は氣の海と言われて
いるように、全身の氣のエネルギーの生成の源になっています。

 どうして、丹田の部分が氣の海になるのか?つまり、氣のエネル
ギーが湧いてくる源泉になるのか? 

 素朴な疑問が湧いてきますが、100兆もの腸内細菌群(腸内フロ
ーラ)が、多量に「テラヘルツ波」を吸収・放射している!ということ
になれば、納得ができます。

 一般的に、細菌やバクテリアなどは毛嫌いされていますが、私達の
体内にも体表にも、細菌がいっぱいに満ち溢れいて、善玉菌と悪玉菌
のバランスの下で成り立っています。

 自然界の生態系でも分解者である細菌類がいないと、生産者(植物)
に栄養を与えることができなくなるので、生態系が崩壊して、生産者
(植物)も消費者(動物)も生存できなくなるのです。

 ですから、生態系での細菌類は非常に大切な役割を担っている
のです。

==========

・「生産者」・・・主に緑色植物
  太陽エネルギーを光合成して無機物から有機物を作り出す。
    
・「消費者」・・・草食動物・肉食動物など
  生産者の作り出した有機物を直接・間接に摂取して消費する生物。 
   
・「分解者」・・・細菌類・菌類(キノコ、カビなど)など有機物を
  分解して無機物に変える生物。

==========
 
 このように、自然界には細菌やバクテリアがいないと私たちも生存
できなくなるように、人間だけを考えても、腸内細菌群(腸内フローラ)
や、皮膚の表層細菌がいないと、私達も生きることができないのです。

 腸などの消化管や、体表面の皮膚ではフローラと呼ばれる常在
細菌叢を形成しています。ですから、善玉菌と悪玉菌のバランスが
非常に大切になります。

 特に、腸管には100兆、100種類以上もの細菌が生息していて、
多種類の細菌が共存している環境下では相互に作用しながら、
ここでも、生態系を形成しているものと考えられています。

 100種類以上もの腸内細菌群(腸内フローラ)は、ビタミンを合成
したり、人間にとって有益な働きをしているものもたくさんあります
から、「テラヘルツ波」を吸収・放射しているものも当然存在している
ものと思われます。
 
 ところで、細菌群が生息しているところは、家の中では排水パイプ
になります。

 腸管と排水管は細菌群が生息しているという点では類似していて、
家の排水管には、100兆どころか、1000兆以上もの細菌が生息して
いることと思います。

 そして、排水管は「水龍」という地下道につながっている一部でも
ありますから、ここに生息している細菌群も「テラヘルツ波」を吸収・
放射していると思われます。

 『家庭に「水龍」を作ると、財運を高めることができる』と、言われて
いるのは、排水管に生息している細菌群からの「テラヘルツ波」の
放射のようにも思われます。

 膨大な数の細菌群からの「テラヘルツ波」が「水龍」のパワーに
なり、巨大な「テラヘルツ波」となって住宅全体を巻き込んでいる
のです。

 善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れていて排水管に悪臭が発生して
いる状態なら「テラヘルツ波」が邪気になっていますから、不運なこと
がつづく、ケガレチ状態になっているのです。

 ケガレチ状態を解消するためには・・・。

 次回に書きます。

----------------
◆「魔法の水」シリーズ!
『幸せの和』の注文フォームからの注文になります。
この中の「幸せ文庫1」の最後にあります。
スポンサーサイト