新世代エコロジー洗剤 その117


 先日、エコ洗剤の販売を熱烈に希望されていた人から、何年間も
検討して途中で頓挫してあきらめかけていた住宅が建てることが
できました!という感謝の電話を頂きました。

 この方は、運気が急激に上昇し、この3ヶ月~4ヶ月のうちに奇跡が
起きたように、とんとん拍子で話しが進み、自分達の予算内で、思い
通りの望んでいた土地に、みごと新築住宅を建てることができたの
です。

 本人は「今でも信じられません、絶対に有り得ない奇跡です!」と
感謝しておりました。

 たくさんの住宅販売会社や営業マンなどの思惑がからみ、自分達
の予算内で、望み通りの土地に満足が行く住宅を建てることは至難
の業だと思います。

 販売会社や営業マンなどとのやり取りで、何度も落胆し何年も
かかり、不本意のままで途中で頓挫してしまうのです。

 物事が思い通りにいかないのは、どこかに塞がっているところが
あり、途中で挫折した場合など、最悪の場合は、八方塞りの状態に
なるのです。

 この方も住宅に関しては、途中で挫折してしまったのですから、
あきらめムードになり、八方塞りの状態だったのです。

 一般に、成功するためには、何をどのように取り組んでも自分の
住んでいる家が氣のエネルギーが枯れているケガレチの状態では、
あらゆる面で詰まってしまい、思い通りには行かなくなります。

 願望の達成にはエネルギーが必要なのですが、ケガレチの状態も
かなりの影響があると思います。

 この方は、半年ほど前のエコ洗剤を販売する前に、自分の住んで
いる住宅の排水パイプから悪臭が発していて、そのニオイが気に
なり、けれども、強い薬品で公害になるような恐ろしい洗剤は使い
たくないし、自然にもやさしいエコ洗剤の様なものを探しているので、
是非とも販売してください!と、言っておられました。

 メルマガで、エコ洗剤の紹介をしただけで、まだ販売をすることが
決まってもいないうちから、その人はものすごく反応され、電話を
かけてくれたのです。

 かなり切望していたので、販売するようになってから、あの時は
ご迷惑をかけたのではないかと、心配されていたほどでした。

 その時くらいから、この方の運気の流れは変わりはじめたものと
思もわれます。

 エコ洗剤を入手されてからは、トイレも、お風呂も、台所も、洗面所
も、水周りは、このエコ洗剤できれいにされ、特に悪臭の発生している
排水管も念入りに浄化して、ケガレチ状態からイヤシロチに変えたこと
と思います。

 物事が思い通りにいかないのは、どこかに塞がっているところが
あるからであり、その詰まらせている悪臭の邪気をとり払っために、
そこから氣のエネルギーの流れが一気に良くなり、運気が高まった
のです。

 水龍が財運を招く! この水龍を呼び込み運気を高めたのです。

 エコ洗剤の連載を始めてから世界の多くの人が注目した出来事は、
チリの落盤事故であり、キーワードにすると「地下」「奇跡の生還」
「パイプ」「つながる」「きずな」「愛」「感謝」ですから・・・。

○地下のパイプがつながれば有り得ない奇跡が起きる!となるのです。
愛と感謝は何年も前から降龍などで深めております。

 そして、水龍のパワーが有り得ない奇跡を呼び込んで願望を実現
してくれるのです。

 「有り得ない奇跡が起きて、念願の住宅に住めたことがありがたくて
感謝でいっぱいです!」と、何度も何度も感謝され感激されていました。

 皆さんも、家庭内の水周りを浄化して、排水パイプの詰まりをを
解消して、邪気を取り去り、水龍のパワーをつなげてください。

 有り得ない奇跡が起きます。

==========

  ≪新世代エコロジー洗剤≫ その117

==========

・脳ストレス解消ダイエット!というダイエット法がネットに
紹介されていました。

 これは、好きなものを好きなだけ、好きな時間に食べる快食療法!
で、私の推奨している、確実に効果のあるダイエット法!!と、同じ
タイプのダイエット法になります。

 そして、このなかに黒砂糖を食べる方法が紹介されておりますが、
これも、同じです。

 黒砂糖は、基礎代謝を高めるために最高の食品なので、そして、
いくら食べても太らないので、おまけに虫歯の予防にもなります。

 砂糖や糖分は一般の常識からも、とりすぎると良くない!という
先入観念があり、気が進まない人もいると思います。

 問題なのは精製した白砂糖です。白砂糖はすべての病氣の元凶
とも言われていますから、気をつけてくださいね。

 さて、黒砂糖に関する専門家の説明がありますので、黒砂糖の
誤解を解くために、その文章を紹介します。

==========

 黒砂糖(黒糖)というと、「糖分は太る」「とりすぎると体によくない」
と思われるかもしれませんが、黒糖は、単なる糖分ではありません。
 
 脳のエネルギー源として最高の甘み物質で、イライラや空腹感を
抑えてくれる万能薬。

 精製した白砂糖やお菓子類と違い、ただ甘いだけでなく、天然
食品ならではの味の深みやコクがあり、快食ダイエットに最適。

 固形の黒糖をそのまま食べたり、コーヒーや紅茶などの飲み物に
入れたり、毎日の生活の中に手軽に取り入れられます。

 そして、黒糖は、脳の疲弊プログラムを和らげてくれる最高の
活力剤なのです。

  起床直後は、脳も体もまだ目覚めていません。前日に十分な
快食をしていれば、お腹もすかず、食欲もなくて当然。

 そんな時は、無理やり朝食を食べる必要はありません。食事の
かわりに、黒糖をたっぷりと入れたコーヒーを。

水分が脳や体を気持ちよく目覚めさせ、黒糖が脳を活性化して
頭もスッキリ!

 黒糖は、サトウキビの絞り汁を煮詰めたもので、脳のエネルギー
源となるブドウ糖や、糖の代謝に欠かせないビタミンB1、脂肪の
代謝に深く関わるビタミンB2、カルシウムやカリウムの他、
ダイエット時に不足しがちな鉄などのミネラルが豊富に含まれて
います。

また、自然な甘みで腹持ちがよく、食後の血糖値の急激な上昇を
抑える作用も! たくさんとっても太る心配が少ない、天然の
「マルチ・ミネラル・サプリメント」といえる存在なのです。

 黒砂糖(黒糖)の体験談まで載っております。

==========

はじめは抵抗のあった黒糖ですが、一度にちょっとかじるだけで、
空腹感を忘れることができ、集中力も戻りました。とにかく、黒糖の
腹もちのよさにはびっくり。

今まで習慣で朝食を食べていましたが、無理に朝食を食べる必要が
ないことを学びました。また、仕事中も机に黒糖を置いて、夕方の
空腹を乗り切ると、不思議と夕飯も適量になってきたように感じます。

運動前後の黒糖も今後生活に取り入れていきたいと思っています。
この体験期間は、以前より運動量を控えていたのですが、体重の
増加も、体の重たさも感じることなく、過ごすことができました。

食べないダイエットではなく、食べて空腹を抑えるダイエットだった
ので、苦痛に感じることもなく、無理なく自然に生活の一部に溶け
込んでいた感じです。脳を疲れさせずに健康に保つことがいかに
大切か、とても勉強になりました。

==========
 
 納豆菌ダイエットというもありますが、そのポイントを紹介します。

////////////////

善玉菌には、タンパク質の消化吸収、ビタミンの供給などのほかに、
免疫機能の強化という作用があります。

納豆菌ダイエットのポイントは腸内細菌です。

納豆菌は1週間ほどは、腸内に住みつきます。ですから、毎日で
なくても納豆菌を補給し続けて、いつも腸内に納豆菌がいる状態を
作ります。

納豆菌を腸内で飼っておくと、他の善玉菌も増えて安定化します。
この腸内細菌は、1キログラムにもあります。

当然、餌も必要なのです。食物として食べた栄養を腸内細菌が餌と
して食べてくれるので、ダイエットになる。

これが納豆菌ダイエットの基本原理です。

原理はこうなんですが、納豆菌がダイエットにいい理由がもう一つ
あります。

納豆菌はブドウ糖が大好きなのです。食物として摂取した炭水化物は、
消化されやすいように小さな分子の物質に変えられていきます。

そして、最後にブドウ糖という形になり吸収されます。このブドウ糖を
納豆菌が食べてくれるのです。だから、腸内細菌の中でも、納豆菌は
ダイエット効果の高い菌ということになります。

////////////////

 1キログラムもある腸内細菌に太りそうな栄養分を食べてもらえば、
ダイエットになります。

 腸内細菌は「テラヘルツ波」を放射したり、「原子転換」など、色々な
働きをしてくれますから、神の様な存在です。

 おまけにダイエットまで協力してくれるのですからすごいことです。

 排水管と腸管はお互いの微生物が」「テラヘルツ波」でつながって
いて、コンタクトをとっているような気がします。

 排水管から悪臭が発しているのは腐敗菌の邪気に支配されている
ことであり、腐敗して腐ってしまうような情報が送られ、八方塞りの
状態になるのです。

 我が家のニオイの根源を断つためにも、魔法の水を活用して
ください。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事