新世代エコロジー洗剤 その162


お店屋さんごっこで?保育園児57人ノロ感染!!
というタイトルのニュースがありました。

==========
 
 新潟県上越市春日山町の同市立春日保育園(園児236人)で
16日、3~5歳児57人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴えて、
保育を欠席した。

 市はノロウイルスによる感染性胃腸炎とみて調べている。

 市によると、園児たちが15日、園内で「お店屋さんごっこ」を
して遊び、市販のチョコレートをやりとりした後に食べたという。

市はこれが感染拡大の原因になったとみている。

 同園は、医療機関で受診した園児の保護者から「感染性胃腸炎と
診断された」との連絡を受け、市に16日に報告。

市は17日から2日間、すべての保護者に登園自粛を要請した。

==========

 ノロウイルスの薬はない、ワクチンもない、感染力がすごく強い
ノロウイルスは丈夫で2週間くらい生きているということです。

 掃除機にノロウイルスがたくさん入ってる可能性があり、掃除機
のゴミの中には1gに50万個ものノロウイルスが生息していて、
人へは10~100個でノロウイルスに感染するそうです。

 床でも、2週間は死なないそうですから、床を這い回る幼児や
子供は要注意ですね。

 あさイチでも、特集を組んでいて、そのHPから抜粋します。

////////////////

ノロウイルスは、昨年の同時期比で患者数が4倍の患者になり、
大流行の恐れが出ていますが、掃除機のゴミから感染が広がる
危険性もあります。

※ノロウイルスに関する情報は「国立感染症研究所・感染症情報
センター」のHP参照。

 ノロウイルスの主な症状
・腹痛、激しいおう吐、下痢
・下痢などによる脱水症状
・発熱など、かぜのような症状が出ることもある

 ノロウイルスの治療法
・有効な治療薬や予防のためのワクチンはない
・水分を補給する※大人の場合はスポーツドリンクを少しずつ飲む

・3日程度で症状は治まる
・症状が激しく水分が補給できない場合、病院での点滴などの
治療が必要

 ○掃除機のゴミとノロウイルスの関係

長野県環境保全研究所の調査で、ノロウイルス感染者がいる
家庭の掃除機のゴミにノロウイルスが大量に含まれていることが
あることが判明しています。

【掃除機のゴミを捨てる際の注意点】

・屋外で行う
・使い捨てのマスクと手袋を着用する
・ゴミをビニール袋に入れて密封してから捨てる
・掃除が終わった後、手洗いやうがいをする

 家庭でのノロウイルス対策

・手洗いやうがいをする
・加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱する
・家族がおう吐や下痢をした場合、素手で触ると感染の恐れが
あるので手袋とマスクを着用、

・布団やじゅうたんなど、すぐに洗えないものはスチームアイロン
を使い、85度以上で、1分以上加熱・乾燥させればウイルスが
死滅する

・家庭用の漂白剤50倍に薄めて拭く

・塩素系漂白剤を使用する際、使用する物の変色や変質に
注意する

////////////////

 特にお子さんや高齢の方はロウイルスがきっかけとなって、
様々な病気を併発しかねないので注意が必要ということです。

 塩素系漂白剤での殺菌は、人にもベットにも害がありますから、
これはNGです。

 塩素系漂白剤は、猛毒ですから善玉菌も悪玉菌も、両方を殺し
ますから、家庭内の環境がケガレチ化します。
  
 善玉菌は悪玉菌を抑えてくれて、バランスを保ってくれます。
ですから、すべてを殺してしまうと、様々な病気を併発しかね
ないのです。

 魔法の水の良いところは、人の役に立ってくれる善玉菌を
生かすことにあります。

 還元電子の働きは、ノロウイルス等のウイルス=悪玉菌=邪気
を排除して、善玉菌を生かす環境=イヤシロ化するのです。

 風邪やインフルエンザのウイルスも邪気ですから、魔法の水で
スプレーして、善玉菌を優位にすることが得策だと思います。

==========

  ≪新世代エコロジー洗剤≫ その162

==========

 先日のメルマガで、ミネラルの話題を取り上げましたが、
反響があり、質問がじわじわと増えています。

 ミネラルは、エドガー・ケイシーの治療法ともシンクロしていた
ものですから、その体験例を紹介しました。

 エドガー・ケイシーは人生に役立つ、広範でスピリチュアルな
リーディング記録を数多く残しています。

その中でも、病気の治療や健康維持のための医療リーディング
やフィジカルリーディングと呼ばれるリーディング記録には、
今でもそれを応用すれば効果があるというものが沢山あります。

 一環しているのは、血液の状態を良くすることで、これは
身体の症状を改善する非常に重要なポイントになります。

 癌の治療法だけではなく、すべての病気にも健康法にも
通じるものです。

 身体の各細胞の形成、免疫力や自然治癒力、ホルモンの
バランスの調整など、すべての生命維持活動を行うのが
酵素=エンザイムで、この酵素は、5000以上もあります。

 この酵素やホルモンの元になるのが微量元素であるミネラル
なのです。ミネラルが体のすべての元になっているのに、
現代人はミネラルが不足しているのです。

 5000種類ある酵素のうち3000種類以上が腸内で作られて
います。

 体内酵素は体の中でいくらでも作られるわけではなく、
年を取るにつれて体内酵素は減少していきます。

 体内酵素の少ない食生活をしていると、体に不調をきた
します。

 毎日の食生活の中でミネラルを大量に摂取できれば、消化酵素、
代謝酵素、解毒酵素などの体内酵素が活発になり身体も元気になり、
病気の予防につながるのです。

 酵素の内の3000種類以上が腸内で作られているということです
から、血液の働きも酵素が媒介になっていると思います。

 血液が生まれる働きも、血液をきれいに浄化する働きも、血液を
さらさらにする働きも、すべてが酵素=の働きによるものと思い
ます。

 体内酵素は、年齢と共に減少し、特に40歳以降に激減します。

 体内酵素は、以下のようなことで消費されます。

・ストレスによる脳の疲労
・体内の有害物質や活性酸素の解毒、
・腸内環境の悪化、
・肉体的疲労やお酒の飲みすぎ、
・食事(特に消化しにくい動物性たんぱく質の摂取)

 動物は、体の調子が悪くなると、何も食べずに土を食べて
じっとしています。

 それは、消化酵素の無駄づかいをやめて、酵素の力を免疫力や
自然治癒力を高める代謝酵素に回すためです。

 体内酵素を消化や解毒で浪費するような生活をしていれば、
それだけ老けやすく、寿命も短くなってしまいます。
  
スポンサーサイト