苦痛の伴う正座は本当の正座とは言わないのです。


 禅の項目を調べれていたら「正座」についての興味深い文章が
ありました。

////////////////

  野口整体と禅

 正しく座すべし (昭和六年)

 『野口晴哉著作全集 第二巻』(全生社)より


・正座は日本固有の美風なり。

・正座すれば心気自づから丹田に凝り、我、神と偕(とも)に在る
の念起る。

・正座は正心の現はれなり。

・正座とは下半身に力を集め、腹腰の力、中心に一致するを云ふ。

・下半身屈する時は上半身は伸ぶ。

・上半身柔らげば五臓六腑は正しく働くなり。

・正座せば頭寒にして足熱なり。

・正座する時は腰強く、腹太くなるなり。
  
 婦人にして倚座(いざ)を為すものは難産となり、青年にして
倚座を為すものは、智進みて意弱く、智能(よく)腹に入らず頭に
止まるのみ。

頭で考へ、行ふ時は思考皮相となり、軽佻(けいちょう)となるべし。

倚座は腰冷ゆるなり。脳に上気充血し易し。正座して学ばざれば
学問身につかず、脳の活動鈍くして早く疲るるなり。

須(すべか)らく倚座を排して正座すべし。

倚座は腰を高くし且つ浮かすを以て、腹腰共に力籠(こも)らず。
上半身屈み易く、内臓機関圧迫さるゝなり。

アグラをかくべからず。アグラは胡座と書き、胡人即ち「えびす」
の座り方なり。

 日本固有の座り方に非ず。平安朝時代の公卿(くげ)の座姿を見よ。
何とその胡座(あぐら)に似たることよ、これ彼等の腰の弱かりし
所以(ゆえん)なり。

日本人たるもの腰抜けたるべからず。胡座は下半身を苦しめず
上半身を苦しむ、これその正しからざる所以なり。

横座りはゴマカシなり、胡座は横着なり。
  
 正座は正心正体を作る、正しく座すべし。

中心力自づから充実し、健康現はれ、全生の道開かる。

日本人にして正座を忘るゝもの頗(すこぶ)る多し。思想の日に日に
浅薄(せんぱく)軽佻(けいちょう)となり行くは、腹腰に力入らざるが
故なり。

物質文明上、西洋を追及すること急にして、知らず識(し)らず
精神的文明上、固有の美を失いつゝあり。

兎角(とかく)、一般に自堕落となり、浮調子に傾きつゝあり。
これ腹力無きが故なり、腰弱きが故なり。

此の時、吾人の正座を説き、正座を勧むるは、事小に似て実は
決して小なるものに非ざるなり。

腹、力充実せず、頭脳のみ発達するも如何すべき。

理屈を云ひつゝ罹病して苦悩せるもの頗る多し。

智に捉はれ情正しからず、意弱くして、専ら名奔(めいほん)
利走(りそう)せるものの如何に多きぞ。

先進文明国の糟粕(そうはく)を嘗(な)め、余毒を啜(すす)りて、
知らず識(し)らず亡国の域に近づきつゝあるを悟らざるか。

危い哉、今や日本の危機なり。

始めは一寸の流れも、終ひに江海(こうかい)に入るべし、
病膏肓(こうこう)に入らば如何ともすべからず。

然れども、道は近きにあり。

諸君が正しく座することによつて危機自づから去るべし。

語を寄す、日本人諸君、正しく座すべし。

これ容易にしてその意義頗る重大なる修養の法なり。

////////////////
    
明治期までは、江戸時代までの武士道精神が堅持されて
いましたが、それは「型(かた)」という身体性を持って継承
されていたからです。

しかし、その基盤である「正坐」が失われ始めたことで、
いわゆる「和魂洋才」の「和魂」そのものが、失われ始めた
のです。

 人間は模倣によって、言葉を覚え、立って、歩くことまでも
獲得していきます。どの国の人も、その民族としての基盤は、
伝統を模倣することによって獲得しているのです。

 とみに、近年数十年の日本人の生活様式の変化は、少年や
若者が模倣すべき、様々な価値ある文化基盤を失いました。

 これは敗戦による、日本人の文化的信念の喪失が一番の
原因ですが、この流れはすでに昭和の初めにはあったことを
「正しく座すべし」により識(し)ることができます。

 「正坐」という「型(かた)」を身につけることは、すべての日本
文化の基盤であり、それは伝統的な生活文化の中に無意識化
されて受け継がれてきていたのだということに気づきました。

 それは所謂(いわゆる)『肚(はら)』というものに繋がっている
のです。

 「無心」を命題とする禅的な日本の精神修養の道筋は、
「不立文字(ふりゅうもんじ)、教下別伝(きょうげべつでん)」の
教えのとおり、実生活の中での経験と実践によって培われる
ものであったために、それが理論的に説明されることはあり
ませんでした。

 しかし、野口整体では、心(精神)と体(身体)をひとつのものと
して捉え、「正坐の効用」を背骨、腰骨、仙骨の状態から説明する
ことができます。

 且つ、「無心」であることの具体的な道筋を「体を整える」ことに
よって体現することができます。

 野口整体は、身体の「行(ぎょう)」によって自己を成長させる
という、元来の日本の伝統に根ざすものであり、それを精神論
に偏ることなく「不易流行」(ふえきりゅうこう)としての身体的
な方法論(メソッド)として成立させたものであると言えます。

 整体操法という手段を開発された野口晴哉先生という人物と、
それを産み出した日本の文化、その源にあった日本人の感性に
深く感慨を抱く念(おも)いです。

野口整体 気・自然健康保持会
主宰 金井省蒼

正坐は「和魂」を養っていた
『月刊MOKU』2007年8月号

==========

 なるほど、禅の修業では、正座はつきもの、昔から禅の師も
修行僧も、何時間でも平気で正座して、お経や座禅をしております。

 驚くべきことに、この論文では、

・正座すれば心気自づから丹田に凝り、我、神と偕(とも)に在る
の念起る。

・正座は正心の現はれなり。

・正座とは下半身に力を集め、腹腰の力、中心に一致するを云ふ。

・上半身柔らげば五臓六腑は正しく働くなり。

・正座せば頭寒にして足熱なり。

・正座する時は腰強く、腹太くなるなり。
 
 これは、本当に驚愕です。正座すれば聖中心の一点に意識
が集中して、神と一体となる!というのですから、これが本当
ならば、今年度最大級の発見!になります。

 禅ですから、白隠禅師は江戸時代に禅を立て直し、中興の
祖と称されました。ですから、白隠禅師の禅の影響が多分に
考えられます。

 武道もそうですが、茶道や華道、書道も正座して行い、
お坊さんも何時間も正座して修行していますから、正座しても
しびれない方法があり、足の血管が圧迫されない秘訣の様な
ものがあるのでしょう。

 平気で何時も正座していられる!ことが、正しく座する!こと
で、体の中心の腹腰の力の一致点、つまり、聖中心の一点
に意識が集中して、『命の源流』とも一致して、空や無限の
パワーとも一体化して溶け込んでいる!ということになります。

 心(精神)と体(身体)が、ひとつになり「無心」の状態が
体現できるというのです。
 
 さらに、婦人にして倚座(いざ)を為すものは難産となり、
正座して学ばざれば、学問身につかず、脳の活動鈍くして早く
疲るるなり!ですから、腰くだけにならず、胆力をつけるため
にも、正しく座することに注目すべきです。

 今や日本の危機なり!とも書いてありますから、現代の日本
の現状とも重なっております。

 慣れない人にとっての正座は、足はしびれるし、苦痛以外の
何者でもありません。しかしながら、臍下丹田の一点=聖中心
の一点に意識が集まり、無限のパワーである、宇宙の根源の
力と一体化できる!となれば、驚きの大発見になります。

 「正坐」という「型(かた)」を身につけることは、『肚(はら)』に
繋がっていて、無限のパワーを引き出せる「無心」の境地にも
到達できるのです。

 禅をはじめとして、武道や習い事でも、その人の力を引き出す
ことが前提としてあるのですから、正しく座する!ことを基盤に
置いたのです。

 正しく座するれば、U理論のUの底に至って魔法が起きるとき
の特長にも似ていますから、信憑性が高まります。

 これを書いているだけでも腰から背骨にかけて、熱くなってきます。
氣のエネルギーに敏感な人は感じるものがあると思います。

 ところで、苦痛なしに長時間座っていられる本当の「正座」の
方法ですが・・・・。

 何時間正座しても平気なお寺のご住職に教わりました。という人
の文章がありますので、参考までに

==========

 まず、正座で座ります。

膝から下(床と接している足)を平行に揃えて
かかとの上に乗るように座ります。

(膝を揃えてかかと側を少し開くようにし、その間におしりを
入れると安定しますが、足は痺れます)

かかとはほとんど開かずに、おしりの下部(足の付け根)に
かかとが突き刺さる(?)感じがします。

そのまま、体重を前にかけて、膝立ちをするようにして
みて下さい。

膝、かかと、太股がくっついたまま、膝立ちができたら成功
です。(正座をするときには逆に、膝立ちのまままっすぐに
おしりを下ろすようにして座る、ということです)

膝、かかとが開いていて、体重がうしろにかかっていると、
上手く膝立ちができません。

逆に、膝で立つと上記のような姿勢になることがわかると
思います。(膝、かかとが開いていると、膝立ちするときに、
前面のふとももの筋肉に負担がかかります。足を揃えて
いるとラクに膝立ちができます)

膝で立っていると、足が痺れることはありません。

つまり、最初に書いたような姿勢で体重を前にかけていると
(膝で立ち上がろうとするぎりぎりの瞬間)床に接している足に
体重がかからず、足も痺れないのです。「正座空気イス」の
ような(?)状態です。

足の甲、膝の裏に力をいれて体を浮かせると、お尻の下に
紙でも板でも入りますよね。そういう状態です。

ただし、常に浮き上がっていると疲れますので、体重は前に
かけたままお尻はかかとに軽く乗せます。

座ると重心はうしろに下がりますので、体重を前にかけている
「気持ち」でいると、背筋が伸びて重心を体の中心でキープ
することができます。

足が痺れてきたな、と思ったら、この「正座空気イス」状態を
利用して、少し腰を浮かせ、足の痺れをとってから座りなおす
こともできます。

親指を立てて、低い膝立ち状態にすると足の痺れが取れます。
(両足一度にすると体が浮きすぎて立ち上がろうとしている
のがバレますので、片足ずつ行います)

コツは、膝をそろえる、膝から下(すねの部分)を平行にして
隙間を作らないことです。

何時間正座しても平気なお寺のご住職に教わりました。
最終的には慣れだそうですから、今からテレビを見るとき
などに練習なさってはいかがでしょうか。

==========

 足が しびれた時の対策例

==========

私が以前テレビで見た方法は、お尻を持ち上げて、足を
ふくらはぎの部分で交差してそのまま、また座ります。

しばらくして立ち上がると、しびれが取れているという
ものでした。

しびれが取れるしくみは、交差した足が痛みを感じ、しびれ
よりも痛みの刺激の方が強いため、足はしびれを感じない。
と、いうことでした。

==========
 
 年末年始のお休みには、家の中でゴロゴロすると思いますが、
いかにすれば正しく座することができるのか、つまり、長い時間、
苦痛なく正座ができるのか、練習してみて下さい。

 正しく座する!だけで、長年の念願の大きな壁を乗り越える
ことができるのですから、この座り方に秘訣があるのです。

 ここでの、肝心なことは、意識の臍下丹田の一点=聖中心の
一点への集中です。

 完全に一体化できれば、痛みも痺れもなく、氣のエネルギーが
全身にみなぎり、至福の状態になります。

 苦痛の伴う正座は、本当の正座とは言わないのです。
何時間正座しても平気な、お寺の住職の様な正座が本当の
正座というのです。

 本当の正座をしながらの能望の実践も、高い相乗効果が
期待できます。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事