能望の実践は右脳の活性化に貢献する!


 右脳と左脳に関する興味深い記事がありました。

////////////////

 <英単語…難しいと右脳、簡単なら左脳>

              読売新聞より

 難しい英単語を聞くと、右脳の活動が高まり、易しい単語の
時には左脳が活発に働くことが、首都大学東京の萩原裕子
教授らが小学生約500人の脳活動を計測した研究でわかった。

 右脳は音のリズムや強弱の分析にかかわっているとされ、
研究結果は、英語を覚えるにつれ、右脳から左脳に活動の
中心が移る可能性を示している。

 外国語の習い始めには音を聞かせる方法が良いのかなど、
効果的な学習法の開発につながるかもしれない。米専門誌
電子版に25日掲載される。

 萩原教授らは、国内の小学1~5年生が、難度の異なる
英単語を復唱している時の脳活動を測定した。

abash、nadirなど難しい英単語を復唱する時は、右脳の
「縁上回(えんじょうかい)」と呼ばれる場所の活動が活発
になり、brother、pictureなど易しい英単語では左脳にある
「角回(かくかい)」の 活動が高まった。

 萩原教授によれば、新しい外国語を学ぶ時には、まず右脳
で「音」の一種として聞くが、慣れるにつれ、日本語を聞く時の
ように意味を持つ「言語」として処理するようになるとみられる
という。

 単語の意味を理解するなど言語を処理する能力は主に左脳
がつかさどると考えられている。

 だが、子どもが外国語を覚える時の脳活動については、
よくわかっていなかった。


////////////////

>難しい英単語を聞くと、右脳の活動が高まり、易しい単語の
>時には左脳が活発に働くことが、首都大学東京の萩原裕子
>教授らが小学生約500人の脳活動を計測した研究でわかった

 この左右の脳の働きは、能望の実践にも当てはまります。

 能望の文(言葉)=マントラは、短い言葉ですが、はじめての人に
とってはなかなか覚えにくく、難しい英単語のようです。

 どんなに難しい英単語でも、ある程度慣れたらすらすら言えるよう
になりますが、能望のマントラの場合は、多くの人が、すらすら言える
様になるまで、かなり苦労します。

 まだ、このマントラに慣れない時は、上記の研究結果からも、
右脳が活性化しているものと思われます。

ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリ キャ マリボリ ソワカ

 たったこれだけのマントラなのに、慣れないうちはなかなか覚え
られないのです。

 意味が分かれば、すぐに覚えられるだろうと、思ってしまいますが、
密教では、このマントラの意味に思いを馳せてはならないとされて
います。

 禁止の理由は、言葉の意味に囚われるよりも、頭の中を空っぽに
して唱えることが寛容である!となっておりますので、これぞ、
左脳から右脳にシフトするポイントになります。

 マントラの意味を理解して、へたな考えを持つよりも、意味不明の
ほうが、左脳の雑念が湧かないので、頭の中を空っぽにできるのです。

 メルマガでも、虚空蔵のマントラの意味をかなり深く分析しました
が、途中に意味不明な点もあり、全文の解釈には至りませんでした。

 それが正解だったのかも知れません。

 意味を理解しながら唱える!というのは、私たち文明人の合理主義
的な思惑から来るものですが・・・。

 マントラの意味に思いを馳せると、色々な思いが交錯し、雑念が入り
それこそ、完全に左脳の支配になってしまいます。

 ですから、このような左脳支配の状態で、唱えれば唱えるほど、
本来求めている望ましい効果が期待できなくなるのです。

 マントラを唱えることは瞑想の一種でもありますから、できるだけ
雑念を失くすることが、その目的でもあるのです。

 じっとしている瞑想は誰にも簡単にはできないことなので、意味
不明のマントラを唱えることにより、頭を空っぽにすることが誰れ
にも簡単にできるので、この目的で、マントラを唱える修行ができ
たのかも知れません。

 これは、あくまでも私の憶測です。

 さらに、このマントラに慣れてきて、すらすら言える様になったら、
実験結果からも、右脳から左脳に活動の中心が移ると思われます。
 
 そこで、メルマガでも推奨している右脳の最大の活性化でもある
高速大量入力を実践するのです。

 この大量高速入力は、右脳の大家の七田先生も強調されており
ました。

 すらすら言える様になったら、高速での繰り返し反復が、右脳に
シフトして、脳をブラシュアップさせるのです。

 つまり、高速でリズミカルに何度も繰り返すことにより、短い
マントラであっても、脳には大量に情報を入力し続けることに
なるのです。

 高速でのリズミカルな反復、これはうなるような音声になりますが、
脳はそれを読みとりますから、何千語も、何万語も、情報が短期間
に大量に入力されます。

 脳に、リズミカルに高速で、大量に情報を入れ続ければ、記憶量
に限界がある左脳では処理できなくなりますから、自然と右脳に
シフトされるのです。

 僧侶が御経を何度も唱えるのは、左脳から右脳に活動の中心が
移るためで、昔から脳の働きは理解していなくとも、彼らは体系
的にわかっていたものと思われます。

 イメージすることも、画像ですから、文字よりは大きなデータに
なります。ですから、イメージは右脳が処理するのです。

 音声も文字より大きな情報量になります。うなりの響きは金属音
にもなり、何層もの音階になりますので、想像以上に大量なデータ
になります。

 ところで、どうして右脳が活性化することが、望ましいのかと言え
ば、右脳の記憶量は、左脳の10万倍とも100万倍とも言われて
おります。

 現代人は、左脳は活性化しているのですから、普段、あまり
使っていない右脳を活性化することにより、左脳も右脳も両方
の脳が使えるのですから、色々な面で有利になるのです。

 右脳が活性化すると記憶力も、思考力も、閃きも、全然違って
きます。

 左脳だけでは、いらいらするだけで、ひらめきもアイデアも
浮かんでこないのです。

 ほとんどの人は右脳の効能をご存知かと思いますが、能望の
実践は右脳の活性化に貢献する!ということです。

 右脳は天才能とも呼ばれ、奇跡が頻繁に起きて今まで不可能
だったこが可能になるのです。

 歴史上稀にみる、空海の天才ぶりからもご理解できると思います。

 能望の高速の実践は、氣のエネルギーも高まりますから、右脳に
シフトしていることも分かります。

 冒頭に紹介したのは最新の実験結果でしたが、能望の実践の
すごさが再確認できました。
 
 ありがたいことです。


スポンサーサイト