原発事故の収束が長引けば、その被害は想像を絶するものになります。


 回数と日付が微妙にズレてシンクロしていません。

 悪夢の3.11から2週間以上もたちましたが、多くの人が避難生活
を余儀なくされて、まだまだ厳しい状況にあります。

心よりお見舞い申し上げます。

 原発も深刻な状況が続いていて、最初のボタンの掛け違いが
とんでもない事態になってしまいました。

 関東近郊の野菜が基準を超えていて食べられない!とは、
水道水も、土壌からも放射性物質が検出されて、牛乳も、魚からも、
大変です。

 懸念している放射線物質は、土壌には検出されているのに、
水や野菜からは検出されないようですが・・・。

 ところで、野菜不足はミネラル不足になり、ミネラルが不足すると
体内の酵素ができないために、色々な病気になってしまうのです。

 現代の土壌は、化学肥料で痩せていて、野菜には昔ほど、
ミネラルが含まれておりません。

 ですから、野菜を十分食べていてもミネラル不足になるのに、
この上、放射能のために野菜を食べる機会が減ってくると、
深刻な事態になります。

 放射線に、ミネラル不足、とダブルの攻撃で、この先、白血病や
ガンになる人が急増するように思われます。

 ミネラルやビタミンなど、良質なものをできるだけ多く摂っていると、
いつも健康体が保たれます。

 このあたりの難病になるメカニズムは、病気の悩み解決法!
書かれています。

==========
 ○病気の悩み解決法!
 
・難病が確実に治る!薬事法があるから公表できない事実。
 還元力と併用すれば、鬼に金棒になる!!
==========

 さて、次に、第4の災害というニュースを紹介します。

////////////////

 東日本大震災 サービス業を破綻から救え 「消費の自粛」という
第4の災害!!

 2011年3月24日(木)09:00

 未曾有の大災害が起きた。行方不明者、そして災害や原発事故
からの避難者…。テレビや新聞を見るのが、これほどつらいこと
はない。

 地震、津波、原発と3つも続いた大災害。実は、そこにもう1つの
災害が始まっている。

 「消費の自粛」である。

 このことは、ある種のタブー視をされている。だから、その波は
静かに広がっている。しかし、この状況に目を向けず、対応が
遅ければ、問題はさらに深刻になる。

 東京から活気が消えた

 先週金曜日の夕刻。銀座界隈を歩いてみた。

 歩行者はまばらだ。店の多くはシャッターを下ろしている。
数少ない営業店も、店が薄暗く、いつもの賑わいがない。

 メニューも絞られている。銀座四丁目あたりも暗い。
ショーウィンドーやネオンが消灯されているからだ。

 それだけではない。小売店は物流がマヒしたおかげで、
売る商品がない。

 客がいても、商品が届かないのだ。これは小売店で働く人に
とって、忍びないことだと思う。

 被災地や銀座ばかりではない。

 日本各地から悲鳴が聞こえてくる。しかし、その声はなぜか
小さい。これが静かに始まった「消費の自粛」という衝撃波である。

 まずは旅館からの悲鳴が聞こえる。地震の直後から、予約を
キャンセルする電話が鳴り止まない。わずか数日で、温泉地の
予約はガラガラになってしまったという。

特に首都圏からの個人旅行客、そして団体客のキャンセルが多い。
外国人旅行客のキャンセルも増えている。そして、キャンセルの
波がいつ収まるのか、まったく見えてこない。

 確かに、多くの人にとって、旅行気分になれない状態だ。被災した
人の映像を見ると、のんびりと温泉につかる気分にはなれない。

 箱根や伊豆も大きな影響を受けているらしい。数百人を収容
できる旅館で、客が数人というケースもある。おそらく、関東
甲信越の多くの温泉地が、同じような状況にあるのではないか。

 旅館だけではない。北関東のゴルフ場は、客が9割減になって
いるという。そして、電力不足や交通機関の混乱、ガソリンの
供給問題が、窮状に拍車をかけている。

////////////////

 テレビのCMもそうですが、震災の影響で多くのイベントが自粛
されています。けれども、震災の復興には、多額の復興支金が
必要です。

==========

 東日本巨大地震による住宅や工場、道路などのインフラ
(社会基盤)の被害額が16兆~25兆円にのぼるとの試算を
公表した。

 阪神・淡路大震災の約10兆円を大幅に上回る。被災地が
広範囲にわたり、津波が被害を大きくしたと分析している。

==========

 25兆円には、原発事故の被害は入っていません。

 原発の炉の値段は3300億円ということです。今回の津波で
壊滅的な被害にあって、アメリカからの助言があったにも関わらず、

 東電は、3300億円に執着して、何とか修理しようとして、
今の様な大惨事になってしまったのです。

 国の命運にかかわる決断ですから、東電の社長も、管さんも
腹を切っても足りないくらいの責任問題になります。

 1号機は、40年も稼動しているのだから十分元は取っているのに、
何でケチったのか? 本当に悔やまれてなりません。

 3300億どころか、原発の被害だけで、首都圏の3000万人が
放射能の渦に巻き込まれ、それこそ、日本は沈没しそうですから、
100兆以上の損害になるように思います。

 放射能の汚染で海外では日本の製品は何も売れなくなります。
海外からの人もだれも来なくなります。

 原発事故の収束が長引けば、その被害は想像を絶するものに
なります。

 これからの復興資金は、寄付金では賄いきれず、大半は国民
の税金が投じられることになります。

 ですから、イベントを自粛している場合ではなく、東北・関東地方
の復興を本当に考えるのであれば、自粛どころか経済活動を行う
ことが大切なことなのです。

 多くの人が大変な状況にあるのに、お金を稼ぐ話は、不快に
思う人や、不謹慎だと思う人もいると思いますが、自粛だけでは
日本は沈没してしまいます。

 第4の災害は未然に防がねばなりません。


-----------------
奇跡を呼び込む【魔法の水】!

スポンサーサイト