限りなくゼロに近づくので限りなく無害になるのです。


 面白いニュースの記事がありました。

///////////////

日本人の朝食の定番でもある納豆が放射能除去に有効とは驚きだ。

納豆のネバネバに含まれる主成分で汚染水を浄化する薬品を開発
した企業が「放射能除去に100%有効。早く使ってほしい」と、東京
電力にイラ立っている。

もともとは福島原発放射能漏れ事故の〝特効薬〟として、東電が
目を付けたすぐれもの。開発グループは即投入を勧めているが、
なぜか東電は二の足を踏んでいるという。

ネバネバの正体「ポリグルタミン酸」を主成分とする汚染水処理剤
「PGα21Ca」は、高濃度の汚染水を水と放射性物質に分離する
働きがあるという。

開発したのは発展途上国の水質浄化などを手掛ける日本ポリグル
株式会社と大阪大学の合同研究グループで、成果はすでに論文や
実験で実証済みだ。

100グラムの薬剤で約1トン、10キロなら約100トンの汚染水を浄化
でき、水から分離されヘドロ状になった放射性物質も安全に処理
できる。

現在、タービン建屋にたまる高濃度の汚染水はもちろん、海に放出
されたものもこの方法で放射性物質を取り除けるという。

同社の小田兼利会長(70)は「1万倍の濃度の汚染水でも、作業員
が安全に仕事できる濃度に薄められます」と胸を張る。(東スポ)

この薬剤の存在を知っていた関西電力の社員が東京電力に紹介して
すぐ、東電は日本ポリグル株式会社の小田会長に電話し、極秘裏に
協力を要請したそうです。

これが3月28日朝のことでした。

(以下引用)

小田氏はその日のうちに「PG――」を持参して東京電力の本社を
訪れた。だが、会議の席に東電幹部の姿はなく、技術分野の部長
クラスと外部の協力会社の人間のみ。

商品を手渡し、使い方をレクチャーした小田氏は同30日にも面会し、
東電サイドから「実験してみます」と確約されたという。

しかし、これを最後に東電からは音沙汰なし。自ら打診し、わざわざ
届けてもらった商品を放置しているばかりか、汚染水対策に新聞紙や
おがくず、それに紙オムツの吸収材を注入するありさまだ。

そんな状況を「歯がゆい」と小田氏は語る。

「ちゃんと実験しているんでしょうか? 私が福島原発に行けば
10分でテストできる。明日にでもこの手で実験したい。
やらせてほしいです」

一刻を争う状況でも、決定を下すまでに時間がかかる。東電は
そういう体質なのだ。小田氏は「失敗しても恥をかくのは私だから」
と実験役を直訴したが、却下されたという。

業を煮やした同社は4月5、6日に大阪大学の宇山浩教授率いる
研究グループと公開実験を敢行。報道陣の前で放射性ヨウ素を
水から取り除く処理を公開するという。(東スポ)

 大阪湾からくんだ水に、液体のヨウ素をいれて薬剤を投入した
ところ、見事に分離に成功したようです。

4月5日夜現在、止水剤を使用することで、ピット底辺部から直接
海に流出している汚染水は若干減少しているとのこと。

亀裂から流出してしまう分についてはぜひ引き続き対応していた
だきたいところです。

一方で、貯めておく場所がなく、海へ放出している「低濃度汚染水」
です。

東京電力は、本当にこの薬剤を無視しているのでしょうか?
たとえ低濃度とはいえ、海への影響の大きさを考えると、さすがに
信じたくありません。

海へ汚染水を流す選択をする前に、納豆菌からできている薬剤を
試すくらい、なんてことないと思うのですが。

当初は日本へ同情的だった海外の反応が、このところ批判的な
ものに変わってきたといいます。

海への汚染水の排出については、韓国でも非難の声があがって
いるといいます。海も大気も日本だけのものではない以上、非難
も仕方ないと思います。

東電がこの薬剤を使用し、せめて汚染水の問題だけでも見通しが
つくことを強く願います。

追記:東電から脱力の回答があったようです(4/15)
放射能汚染水には納豆由来の特効薬があった!しかし、
東京電力はそれを知りながら、何もせず海へ垂れ流している

///////////////

 この記事の文面から、納豆菌からできている薬剤を東電が採用
しない!理由は色々考えられますが、東電も企業ですから、値段の
問題の様な気もしますが・・・。はぁ!ですよね。

 原発の最前線で働いている作業員は、今だに、レトルト食品だけ
で、布団もなく、風呂にも入らず、過酷な労働を強いられている
のですから、この企業のモラルがわかりません。

 そもそも、このような事態になったのは、東電が、そろばんを
はじいて、廃炉にするのを躊躇したからです。

 福島の原発は40年も使っていて、元は十分取れているのに、利益
追求の企業の論理で、先のことは見えずに、判断を誤ったのです。

 そして、東電は今では、株価が下がり破産状態で、疑心暗鬼に
なっていますから、いくらすぐれているものでも、採用はできない
のでしょう。

 ところで、納豆菌からできている薬剤ですが、納豆菌は2万種類
以上もあり、その中には、消臭効果のある菌や汚れている水を浄化
する菌もありますので、放射線の汚染水を浄化する役目があっても、
不思議ではありません。

 エコロンも、洗剤ですが、特に消臭除菌にすぐれていますので、
ニオイの菌まで分解し、さらに、ナノレベル以下まで分解します。
 
ですから、ミクロの微細なレベルまで分解するエコロンも、
放射線物質を分解して無害にすると思います。

 メルマガにも書きましたが、放射能だって分子や原子から成り
立っている物質ですから、エコロンの能力があれば、際限なく微細
に分解すると思います。

 限りなくゼロに近づくので、限りなく無害になるのです。

///////////////
 
どんな産業廃棄物でも、水に溶けても、溶けていなくとも、
エコロンはミクロの単位まで分解して、無害にしますから、
この原理から放射能でも分解すると考えられます。

 放射線は電磁波で、波動を出していますから、還元電子から
出るテラヘルツ波で、分解、中和できて、無害にしてしまうと
思います。

 放射線は、半減期という言葉ができてきます。エコロンで分解
したら、その半減期さえもなくなり無害になると思います。

 意識レベルが高いと、放射線も無害になるのです。

 チェルノブイリで汚染されなかった泉のように・・・。

///////////////
  
 さて、意識レベル「800以上」は放射能の影響を受けない!と
いう説がありますが、チェルノブイリの近くにある奇跡の「泉」も
意識レベルが高いので、放射能の影響を受けないのです。

 無害ばかりか、その水を飲んでいる人達は元気で暮らしている
のですから、水の高い波動が放射線の害を無力にしているのです。

 ところで、玄米の意識レベルが816というこでした。

 ですから、玄米を食べていると波動のレベルからも放射能の
影響を受けないと思われます。

 玄米を食べることにより、放射能被曝による犠牲者を出さずに
すんだ例があります。

==========

 ◎秋月医博による、長崎原爆被爆対策

 秋月博士は長崎市の聖フランシス医院の内科部長でした。

 1945年8月、長崎に原爆が投下されたとき、同病院は爆心地
からほぼ1キロ半余り離れたところにありました。

 同病院のほとんどの患者は、原子爆弾の第一撃からは生き
残ったが、まもなく爆弾から飛散した放射性物質による放射能
疾患に取りつかれてしまったのです。

 このような状況において、秋月博士の行った処置は、患者ならび
に医療スタッフに、玄米ご飯、味噌汁、醤油汁、ワカメなどの海草、
北海道産のカボチャ、食塩などの食事をとらせたのです。

 このような食事を患者と病院スタッフに守らせ、そして砂糖の
禁止と、甘いお菓子を絶対食べないように命じました。

 このような措置のおかげで、他では被爆者が放射能被曝障害で
次々と死亡したが、同博士のところの患者とスタッフは、一人と
して被曝による犠牲者を出さずにすんだのです。

==========

 これは、玄米の解毒作用の例でもありますが、玄米を食べること
により、肉体的な波動が高まり、放射能の影響を受けないようになり、
元気になったとも考えられます。

 ここでの塩は、ミネラルがたっぷり含有している天然の塩の
ことで、主に、微量ミネラルのことです。

 味噌も醤油も、天然の塩で作られていましたから、大豆の成分
とミネラル、発酵食品の中にある善玉菌など、バランスの取れた
食事です。

 現代の味噌や醤油は、精製された食塩ですから、ミネラルは
含有していないので、塩分の取りすぎは危険です。

 色々な加工食品がありますが、ほとんどすべてに、防腐剤や
添加物などの有害化学物質が含まれ、食塩も砂糖も精製された
危険なものになっています。

 これを電子レンジでチンしたら、有害な電磁波がおまけにつき
ますから、放射能よりも厳しいことになります。

 さらに、携帯電話をかけながら食事をしていたらさらに厳しく
なります。

 多くの人が、レンジの後には、『幸せの和』を下に敷いており
ますが、これは、アカシック・テストの判定からも、賢明なことです。

 水も料理も、『幸せの和』を10秒~20秒下に敷くだけで、
有害物質の波動が変わって無害になり、味も良くなります。
 
 『幸せの和』は、意識レベルが890ありますから、放射線の
アルファ線も、ベータ線も。ガンマ線も、打ち消して無害にする
のです。

 これは、かんたんな波動の足し算と引き算ですから、誰でも
理解ができると思います。

 特に水は情報を読み取るので、『幸せの和』を水の下に敷くと、
チェルノブイリでも汚染されなかった奇跡の「泉」の水のように、
高い波動の水になります。

 水道水の心配もなくなり、それを飲み続けていれば、放射能の
影響を受けなくなるのです。

 オーリング・テストやアカシック・テストのできる人は確かめて
くださいね。 間違いなく真実のレベルになります。

///////////////

 魔法の水=エコロンの注文フォームです。

///////////////

 川や海、地球の環境を守るために、家族の体の健康のために、
安全で経済的な、魔法の水=エコロンをお試し下さい。

 価格は従来の洗剤に比べても10分の1と、お徳になっています。

 住まいも、衣服も、トイレも、配管も、下水道も、すべて浄化して、
レベルを高めて家運を良くし、繁栄して下さいね。

///////////////

  ありがとうございました。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事