今の瞬間に気づく生き方をすれば、徐々に真理の世界が見えてきます。


 メールを紹介します。

///////////////

鈴木公一様

はじめまして、○○○○と申します。

先程は直接お電話にて失礼いたしました。

お忙しいところ、ご対応いただき、大変にありがとうございます。

非難・中傷があるそうですが、本物だからこそですよね。

銀座まるかん会長の斉藤ひとりさんのような、良い人柄が伝わって
きました。

今、幸せの和能望CD入門のクレジット決済をいたしました。
楽しみにしております。

きっかけは、仕事で営業をしていることもあるため、自己啓発や
成功本などを探しているところ七田右脳開発の本に出会い、
右脳開発を調べていたところ幸せの和や能望に出会いました。

右脳開発については、前から知っていたのですが今からでも
実践できることはありがたいと思っています。

鈴木様のことは、沢山のホームページで紹介されていますが
大変奥深く興味深く、最近はずっと読ませていただいております。
お勉強になります。ありがとうございます。

1年半前、愛猫の死によって、憎しみや許しや感謝について学び
ました。まだまだ未熟ですが

スピリチュアル世界を学ぼうと、以前レイキを取得しました。
人のお役に立ちたい能力者になりたいと思いますが、自己レベルや
自身の魂の浄化がされていない等のためまたエゴや本気でできる
かは厳しい部分があるそうで、自信がありませんので今は精神世界
について色々調べ学んでいるだけです。

日蓮を学んだ時期もあり、沢山の功徳をいただいたこともあります。

今は何も実践していませんが、サイババ・般若心経などの真言や
様々な神様に興味があります。

まずは能望を実践し、自己の成長・他人に広めるなど、日々勝ち
取っていきたいと思っています。

ありがとうございました。

長文失礼いたしました。

///////////////

 メールありがとうございました。

 このメールは昨日頂きましたから、今日、電話で話した人が、
自分の事では?と、思うかもしれませんね。

 一日の時間のズレがありますので、ご了承ください。

 なぜ、時間のズレを気にするかと言えば・・・・。

 スピリチュアルの世界を学ぼうとする人には基本になること
なので、この時間のズレについて書きます。
 
 自分の心がいつも穏やかで、神様からの祝福や天恵が与えられる
のは、今の瞬間に生きている時になります。

 時間と空間にズレがなく、いつも、心は今の瞬間のここに生きる
ことが大切なのです。

 私たちは今この瞬間を生きているという現実を、頭の中では十分
理解しています。

 しかし、心は、過去に起きた出来事や思い出などの想念を膨ら
ませたり、未来に起きる妄想に動かされて、今の瞬間にじっとして
いないのです。

 本当は、今、“ここ” に生きているはずなのに、心は、実在
しない過去を彷徨(さまよ)っていたり、これから先の未来に迷い
込んでいるのです。

 そのために、あれこれと考えたり、想像したり、妄想したり、
心配したり、悩んだり、苦しんだりしているのです。

 ですから、心が今からズレていると、「今、ここ」 に、存在する
ことも、「今、ここ」 に起こる現象も、ありのままに、正確に
理解し、体験することも出来ないという分裂状態になります。

 確実に生きているということが、曖味になってしまいます。
今しなくてはならないことを完全に行うことができなくなってしまう
のです。

 集中できないので、仕事も勉強も疎かになります。

 これは、人間が種動物の時からの習性で、遺伝子に組み込まれ
ているようです。

 けれども、意識の力で、少しでも今の瞬間に生きることができ
たら、それだけ、天恵を与えられるのです。

 心が何を考えるかによって、その人の人生が幸せか不幸かが
決まります。

 さまよう心、止まらない思考、これを上手にコントロールする
ことができて、初めて自分の運命を好転することができるのです。

 自分に今、起こることに気づかないというのは、今この瞬間に
起こっていることを理解できないのですから、神様からのプレゼント
にも気づかずにいることは不幸なことです。

 何をしても「心、ここにあらず!」という状態になり、心の調和
がとれない状態になります。心のバランスが崩れているのです。

 神様からの祝福や天恵が与えられているのに、神様からの素晴ら
しいプレゼントに気づかないのですから、神様はどうして気づいて
くれないのだろう!と、思っているかも知れません。

 あるいは、感謝の足りない奴だ!と、思っているかも知れません。

 今の心と書いて「念」になります。今という文字は、部首は「ひとやね」
で、ヤネはピラミットの形で、今や念は、エネルギーが集る文字に
なります。

 ピラミットの和訳は、「金字塔」と訳されますが、エネルギーが
集る建物になり、後世に永く残る立派な業績。偉大な作品や事業と、
違う意味にもなっています。

 エネルギーが集まる文字、命・食・金・全・会・合・念・今・諭・・・・。

 ですから、これらのエネルギーの高い文字を意識して、特に、
今や念、命など、意識するだけでもエネルギーが高まります。

 心を「今、ここ」に、心にエネルギーを与えて、「今、ここ」の状態、
心を調和のとれたバランスの良い状態を保つためには・・。

 今の心ですから、「念ずること」が、最良の方法である!と、
昔の人は経験から理解していたのでしょう。

 「念ずれば花が咲く!」という言葉もあるように、念ずることに
より、心を「今、ここ」にある状態にしていたのです。

 空海は、心を「今、ここ」に、心にエネルギーを与えて、心を
「今、ここ」の状態を完全に保つために、真言=能望を実践した
のです。

 これは、一般に念じなくとも、“今” 自分の体に起こること、
自分の心に起こることを確実に知って、正しく行動すればできる
ことです。

 “今” 自分が、聞く、見る、味わう、嗅ぐ、触る、考える、話す、
行動する・・・・。これらの動作や思考に無意識にならず、「気づく」
ことが大切です。

 “今”、この瞬間” によく気がつき、正しく認識して生きる
ことは、悩みや苦しみがなく完全に生きることでもあるのです。

 大事なのは、何をしている時でも、今起きている現象に「気づく」
ことなのです。

 この今の瞬間に気づく生き方をすれば、徐々に真理の世界が
見えてきます。

 心の汚れが清められ、煩悩に支配されていた心は解き放たれ、
心を縛っていた悪い束縛からは徐々に開放されていきます。

 そして、存在の謎が解けてきます。いっさいの疑いや迷いが
なくなってきます。

 「不安」や「心配」そして「恐れ」は、“今、ここにいない”ことから
創りだされる幻影にすぎません。心が、過去や未来にズレている
から起きるのです。

 能望を実践する時は、今、“ここ”に生きる!ことを意識して、
くださいね。
 
 ありがとうございました。


スポンサーサイト