「幸せの和」の波動は邪気を取り除き正しい氣に変えてくれます。


 今日は、天気も良くなり、光もまぶしくて季節が入れ替わり、
別の次元になったようです。

 5月5日は、子供の日で、端午の節句ですから、暦からも、
この日を境に、新しい流れに切り替わる節目となっています。

 重苦しい過去の流れとは決別して、今日の5月5日の節句から、
希望に満ちた明るい光の次元に切り替わることを意識します。

 スプリングは、泉とか湧き出る、躍動する、という意味もあります。
草木が芽吹き、生命のエネルギーが躍動する春です。

 “渾身満力”の状態になるためにも、氣のエネルギーを丹田から
湧き出し、全身の細胞に巡らせてください。
 
 次に、『幸せの和』の体験のメッセージを紹介します。

///////////////

メッセージ:

御世話になっております。

この「幸せの和」注文するのもこれで3回目となります。
この和を持つことで、ここ1週間に何か不思議な体験
(シンクロでしょうか?)することが多々あります。

妻も最近はプチラッキーが続いていると言っております。

大変不思議です。

///////////////

 メッセージありがとうございました。

 『幸せの和』は、能望の実践の結果与えられました

 『幸せの和』は、私が意図的に創ったものではなく、偶発的に
できたもので、天から与えられた!と、思っております。 

 不思議なことですが、氣のエネルギーが非常に高く、次元を超越
したような、この和から出る氣のエネルギーは、人の意識にも同調
して、あらゆる面で良くなります。

 最近は氣のエネルギーに敏感になっている人が増えています。
地球の波動も高まっておりますので、人の波動も高まっているので
しょう。

 特に、今年の3.11の大震災も、人類の意識の高まりに拍車を
かけています。ですから、波動の高い『幸せの和』や能望の実践
などに、多くの人が無意識に反応しているのです。

 『幸せの和』の波動は、食べ物も、飲み物も、その場の空気も、
人の心も、邪気を取り除き、正しい氣に変えてくれます。

 今まで寄せられた膨大な体験談からも、この次元では有り得ない
様なことが起きていますから『幸せの和』の波動は、高次元の波動
と称しております。

 そして、その効果は、人の意識に同調しますので、高い意識
レベルの人が増えていますから、年々高まっております。
 
 毎日の生活で奇跡をどんどん起こして幸せになってくださいね。

 ありがとうございました。


 さて、次に、これも、次元を越えたシンクロになりますが、2008年
の5月5日のメルマガに『幸せの和』の効果の科学的検証が書かれ
ています。

 参考までに、読んでみて下さい。
 
 2008年 5 月 5 日発行

★☆★☆★☆★☆

 皆さん、こんばんは。

連休はいかがお過ごしですか?

 あと1日ですね。疲労感を残さないように英気を養って下さい。

 疲労感は嫌な言葉ですが、現代人のほとんどの人が感じて
いる疲労感の原因が、解明されたそうです。

 その投稿を頂きましたので紹介します。

///////////////

 こんにちは、○○です。

5月4日、今日の日経新聞のコラムに面白いことが書かれてあり
ましたのでご紹介しますね。

(要約です)

疲労はなぜ起きる?

今まで、疲労には、乳酸説が有力でした。
でも、大阪市立大学の渡辺教授が「疲労神経回路説」を発見
しました。

脳に「疲労の見張り番」とも言える回路があり、そこで疲労感を
感知します。

この見張り番は、前頭葉の「前帯状回」という領域にあります。
ここの血流が減り、神経伝達物質のセロトニンの働きに異常が
出ると、「慢性疲労症候群」になることがわかった。

(幸せの和の効果で改善されますね。)

これまでは、乳酸悪玉説が広く知れ渡ってきたが、乳酸の増加と
疲労の相関ははっきりしなかった。

代わって脳に疲労中枢があり、免疫系や内分泌系が複雑に
からんで疲労になるという見方が有力だ。

(かなり無理な要約で読みにくくてごめんなさい)

///////////////

投稿有り難うございました。

 ケイタイの電磁波も、うつ病も、味覚障害も、そして、柳原桂子さん
の難病も、ほとんどが、脳のホルモンの代謝異常でした。

 現代は、ストレス社会ですから現代人のほとんどの人は、
疲労感が抜けなくて困っていると思います。

 疲労→慢性疲労症候群→様々な病気や難病になる。

========
 
1999年の厚生労働省の疲労調査班の疫学調査によると、
疲労感を自覚している人の割合は約60%で、そして、その37%
の人が 6ヶ月以上続くか繰返している慢性疲労であるとの結果
が出ています。

========

 と、ありますが、これは、10年も前の調査ですから、2008年の
現代では、小学生も疲労感を感じるということですから、ケイタイ
の普及率も疲労に拍車をかけていますので、全国民の70%~
80%が疲労感を自覚しているのではないでしょうか。

 日経新聞では、その本当の原因のメカニズムが解明された
だけで、その対処法はまだだと思います。

 『幸せの和』を枕元に置いて眠るだけで、多くの人が熟睡できて、
朝の目覚めも良くなる!ということは、疲れがとれて、疲労感が
なくなる!ということになります。

 今まで、疲労の原因は、乳酸の増加説と、セレトニンの増加説
の二つでした。

 所が、乳酸の増加は、疲労を和らげ、セレトニンは疲労すると
減少する!というまったく逆の現象であることが最近になって
わかってきたのです。

 脳内には、20種以上のホルモンや、神経伝達物質、そして、
たんぱく質のサイトカインなど、複雑に絡み合っていて、

 しかも、ナノとかピコとかの単位で、10億分の1グラムとか
1兆分の1グラムという超微細な世界になりますので、その解明も、
薬の開発も、一筋縄では行かないと思います。

 ですから、全ての性能を良くする『幸せの和』の波動が、複雑な
メカニズムでも完璧に良くしてしまうのですから、奇跡の神業と
しか思えないのです。

 現代人の推定、70%~80%の人の疲労を、薬も飲まずに副作用
もなく、ただ側に置いて眠るだけで、解消できてしまうのですから、
この一点だけでも、素晴らしいことです。

 このメカニズムは、『幸せの和』の波動が松果体の振動を促し、
松果体の中でセレトニンからメラトニンができて、分泌され、
メラトニンが、司令塔になり、望ましい結果を導いていること
になります。

 子供の時の様に朝の目覚めが良くなった!と言うのは、
このホルモンの分泌以外に考えられません。

 メラトニンの原料は、アミノ酸の一種のトリプトファンで、
トリプトファンにいくつかの酵素が働いてセロトニンが作られ、
さらに別の酵素が働いてメラトニンができます。

 セロトニンもメラトニンも、年齢とともに分泌が減少します。
ケイタイの電磁波で、松果体からメラトニンが放出されるのが
抑制される!という調査報告もありました。

 ケイタイを目覚まし時計代わりに使用している人は、疲労感が
蓄積して、朝の目覚めが非常に悪いと思います。

 メラトニンは松果体から分泌された後、血液に乗って全身に
運ばれ、最終的には肝臓で代謝されます。唾液や脳脊髄液、
卵巣の卵胞液、胆汁中にも移行します。血液脳関門や胎盤も
通過します。

 メラトニンは活性酸素を撃退し、60種類以上の病気に有効です
ので、奇跡のホルモンと言われているのです。

 今までの、大勢の方から頂いた、能望や『幸せの和』の奇跡の
体験談は、科学的にも、実証されてくるのです。

 疲労のメカニズムがやっとわかってきたので、これから何年も
かかり薬が開発されます。

 その前に、疲労をとって朝の目ざめをすっきりさせたい人は
能望の実践と『幸せの和』をお試し下さい。

 ありがとうございました。


///////////////

 魔法の水=エコロンの注文フォームです。

///////////////

 川や海、地球の環境を守るために、家族の体の健康のために、
安全で経済的な、魔法の水=エコロンをお試し下さい。

 価格は従来の洗剤に比べても10分の1と、お徳になっています。

 住まいも、衣服も、トイレも、配管も、下水道も、すべて浄化して、
レベルを高めて家運を良くし、繁栄して下さいね。

///////////////

  ありがとうございました。

スポンサーサイト