自分を第三者の視点から見ると、不安や緊張に飲み込まれずに冷静になることができるのです。


『幸せの和』に関しての気づきと感謝のメールを頂きましたので
紹介します。

///////////////

鈴木さま

初めてメールいたします。○○と申します。

本日のメルマガを読んで、気づいたことがあり、メール
いたしました。

以前、幸せの和を購入し、毎晩枕の下に入れて寝ておりましたが、
一昨年の夏に出産し、母の部屋で子供と寝る機会が多くなり、
それとともに異常に風邪を引くようになってしまいました。

それまでは、一年に1回熱を出すか出さないかぐらいの健康体
だったのが、産後の疲れか、毎週、酷いときは週の初めと終わり
に別の風邪を引いて寝込むこともあり、単に寝不足かと思って
いましたが、やっぱり何かおかしいと、枕の位置を変えたり、
布団を多めに掛けたりしましたが、変化なく、最後の手段で
環境を元に戻すため、自分の部屋で寝てみることにしました。

すると、風邪を引かなくなったのです!!

あんなにしょっちゅう病院に通ったのもいっさいなくなり、
若干のどが痛い時でも熱は出ず、また元の健康体に戻って
きました!

部屋が違うだけでこんなにも差が出るとは…と思いましたが、
母も子供も風邪はあまり引かず、私だけだったので、産後の
疲れがあるとはいえ不思議だな~と思っておりました。

ですが、本日のメルマガで

『幸せの和』を枕元に置いて眠るだけで、多くの人が
熟睡できて、朝の目覚めも良くなる!ということは、疲れが
とれて、疲労感がなくなる!ということになります。

を読んで「はっ!」と気づきました。

自分の部屋に戻った時に、夫の枕の下に入れていた
「幸せの和」を再び自分の枕の下に敷いて寝たのです。

あまりにもつらかったので藁にもすがる思いでしたが、
きっと「幸せの和」パワーだったんですね!

今も夜中に度々起こされる日々ですが、この冬も
風邪知らずでした!

健康は一番の宝だと思い知った一年でした。

これで、金運も上がってく れると最高なんですが。。
能望も時間が無くとぎれとぎれですが唱えています。

今後ともメルマガ楽しみにしています。

お身体ご自愛くださいませ。

○○ ○○

///////////////

気づきと感謝のメールありがとうございました。

>あまりにもつらかったので藁にもすがる思いでしたが、
>きっと「幸せの和」パワーだったんですね!

○和のパワーに気づき、感謝を深めると、さらなる有り難い事が
起きてきます。

 「気づき」とは科学や理屈を超越したものです。

 現時点の科学では証明されないことでも、現象として起きている
ことに気づくことが大切なのです。

 『幸せの和』の波動は、その人の気づきの意識に同調します。

 ですから、有り難いと感謝すれば、あり難い事=有り得ない事に
波動が同調するので、有り難い事が次々に起こってくるのです。

 気づく→ありがたい→有り難い→有り得ない奇跡が起きる!

 有り得ない奇跡が起きることに対して、多くの人々は気づいて
心を開くよりも、そんなことはあるはずがない!と、自分の心を
閉じる傾向にあります。

 科学的に考えても=常識で考えても!という一般論に縛られて
心を開くことができないのです。

 3.11以来、科学の信頼性は揺らぎ、自然のパワーに畏敬の念を
深め、生きていることに感謝を深め、人間の絆や心を大切にする
ほうが幸せになれる!と、意識が変化しているので、人類の精神性
は向上しています。

 科学者は想定外という言葉で逃げていますが、マイナスの想定外
は困りますが、プラスの想定外なら大歓迎です。

 プラスの想定外が奇跡だと思います。それは気づきから始まります。

 気づく→ありがたい→有り難い→有り得ない奇跡が起きる!

 今までのような、科学万能の思想からの表面的な感謝の念だけでは、
心を閉じたままですから、本当に有り難い現象は起きないのです。

 気づきと共に、畏敬の念と感謝の念が同時に起こり、深いレベル
の感謝の念を持つ時に心が開きますから有り難い事が起きるのです。

 そして、気づきとはマインドフルネス(mindfulness)とも英訳
されます。

今の瞬間の現実に常に気づきを向け、その現実をあるがままに
知覚し、それに対する思考や感情には捉われないでいる心の持ち
かたをマインドフルネスといいます。

 この言葉を使って、マインドフルネス瞑想という、常に自分の行動
や思考に気づく瞑想法があります。

 この瞑想法は「今の瞬間の現実に常に気づきを向け、その現実を
あるがままに自覚し、それに対する思考や感情には囚われないで
いる心の持ち方、存在の有様」と言われています。

 つまり「今ここで知覚される対象に注意を向け、その対象を思考
の働きで変化させないように気をつけ、観察に徹する行動」のこと
です。

 マインドフルネス瞑想は、メルマガでも紹介しましたが、
ヴィパッサナー瞑想が原型になっています。

 イチロー選手が、WBCで、奇跡の一打を打った時に、自分が
バッターボックスに入る状態を実況中継をしましたが、あれが
ヴィパッサナー瞑想であり、マインドフルネス瞑想になります。

 自分を第三者の視点から見ると、不安や緊張に飲み込まれずに、
冷静になることができるのです。

 マインドフルネスとは、今現在の感情、思考、呼吸などの身体
感覚に意識を集中して気づき、一時的な批評や反応をしないで
いるという技術である。自分の考えをただ開放し「放っておく」
のである。という説明もあります。

 自分が体験するあらゆることに注意を向けつつも、一切の解釈
や判断をしないで、注意深く探ってみるという瞑想法でもあり、
2500年前の仏教教義にその源流を持つものです。
 
 この瞑想法では、1つの対象に注意深く集中し続けることに
習熟すれば、深いリラクセーションが得られ、不安、うつ、あがり、
緊張が軽減することがわかっています。

 気づきから、瞑想法まで話しが発展し、それてしまいました。

>健康は一番の宝だと思い知った一年でした。

○そうですね。その気づきが一番大切ですね。
 
 『幸せの和』の奇跡の波動と人の意識が同調すれば、つまり、
畏敬の念と感謝の念が同時に起こり、深いれベルの感謝の念を
持つことが健康にもつながります。

>これで、金運も上がってく れると最高なんですが。。
能望も時間が無くとぎれとぎれですが唱えています。

○これも、気づきに至り、意識を深めると奇跡が起きます。

 ありがとうございました。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事