イメージが鮮明にできれば、ほとんどの心の問題は解決します。


 トラウマのある人は、どうすれば、心の奥の感情が愛や感謝に
なるのか?という質問がありました。

 許すことができない恨みとか、怒り、苦しみなどの原因を探って
いくと、ほとんどの場合、幼少期の親や兄弟姉妹との関わり方に
たどり着きます。
 
 その例の参考になる文章がありますので読んでください。
 
//////////////

少年は両親の愛情をいっぱいに受けて育てられた。
殊に母親の溺愛は近所の物笑いの種になるほどだった。

その母親が姿を消した。

庭に造られた粗末な離れ、そこに籠もったのである。
結核を病んだのだった。

近寄るなと周りは注意したが、母恋しさに少年は
離れに近寄らずにはいられなかった。

しかし、母親は一変していた。

少年を見ると、ありったけの罵声を浴びせた。

コップ、お盆、手鏡と手当たり次第に投げつける。
青ざめた顔。長く乱れた髪。荒れ狂う姿は鬼だった。

少年は次第に母を憎悪するようになった。
悲しみに彩られた憎悪だった。

少年六歳の誕生日に母は逝った。

「お母さんにお花を」と勧める家政婦のオバサンに、
少年は全身で逆らい、決して棺の中を見ようとは
しなかった。

父は再婚した。少年は新しい母に愛されようとした。
だが、だめだった。

父と義母の間に子どもが生まれ、少年はのけ者になる。

少年が九歳になって程なく、父が亡くなった。
やはり結核だった。

その頃から少年の家出が始まる。
公園やお寺が寝場所だった。

公衆電話のボックスで体を二つ折りにして寝たこともある。
そのたびに警察に保護された。

何度目かの家出の時、
義母は父が残したものを処分し、家をたたんで蒸発した。

それからの少年は施設を転々とするようになる。
十三歳の時だった。

少年は知多半島の少年院にいた。
もういっぱしの「札付き」だった。

ある日、少年に奇跡の面会者が現れた。
泣いて少年に棺の中の母を見せようとした
あの家政婦のオバサンだった。

オバサンはなぜ母が鬼になったのかを話した。

死の床で母は、オバサンに言ったのだ。

「私は間もなく死にます。あの子は母親を失うのです。
 幼い子が母と別れて悲しむのは、
 優しく愛された記憶があるからです。

 憎らしい母なら死んでも悲しまないでしょう。
 あの子が新しいお母さんに可愛がってもらうためには、
 死んだ母親なんか憎ませておいたほうがいいのです。
 そのほうがあの子は幸せになるのです」

少年は話を聞いて呆然とした。
自分はこんなに愛されていたのか。
涙がとめどなくこぼれ落ちた。

札付きが立ち直ったのはそれからである。

 作家・西村滋さんの少年期の話である。

「仏教でハッピー」というブログから引用しました。

//////////////

 人間は感情の動物ですから、その感情の根っ子に怒りや恨みが
あれば、成長してからも心は傷つきやすく、無気力になり、正常では
いられなくなります。

 何をやっても中途半端になってしまうのです。

 この文章の少年は、幼少の6歳の時に母の愛を誤解してしまった
のです。

 母も少年の将来のことを思うと真剣だったので、この子も、母の
迫真の演技を見抜かれなかったのです。

 家政婦さんは、6歳の子には真実は理解できないので、少年が
成長してから本当のことを話そうと思ったのでしょう。

 13になった少年は、その時の母の悲しさや悔しさを思えば、
母の愛の偉大さを身に染みて理解できたので、涙がとめどなく
流れたのです。

 少年の心の憎しみが愛に変わる瞬間でした。

 母の真実の愛がわかってしまえば、自分の心の中の閉ざされて
いた愛が開放されます。

 少年の心に怒りがなくなり「愛」という心の支えができ、あとは、
どんどん良くなるだけです。

 怒りや恨みは「闇」です。母の愛は、少年の闇の心を照らした
「光明」がだったのです。

 いつも心に太陽を!という言葉がありますが、愛がいっぱいで
感謝と思いやりの豊かな心が、心の闇を光明に変えてしまいます。

 また、苦しみの原因は、自分の気持ちを相手に分かってもらえ
なかったことで、引き起こされているケースも多く見られます。

 自分が一人で解決できる方法は、イメージで、過去に戻って、
お父さん、お母さん、兄弟姉妹、あるいは、クラスメイトなどに
誤解を解いたり、自分の気持ちを伝えたりします。

 そして、最悪の恐ろしい事件だったら、第三者のように傍観して、
それを確認して、感情を入れずに受け入れるのです。

 子供のころの恐ろしい事件は、大人になり傍観すると、命まで
失わないので、客観的に受け入れることができます。

 そのときは大変な出来事でも、年月が過ぎれば、何だ、こんな
ことにおびえて拘っていたのか?と、なるのです。

 まとめると、イメージの中で父母や兄弟姉妹、あるいは友達に
言って聞かせ、イメージの中で、最悪の事件を再確認して受け
入れるのです。

 これらのイメージが鮮明にできれば、ほとんどの心の問題は
解決します。

 ポイントは、怒りや恨みの心の「闇」を、愛や感謝の光で照らし
闇をなくすことです。

 イメージをしても解決できない!という人は能望の実践をお勧め
します。

 能望を実践すると、記憶力が良くなり、無限の叡智と無尽蔵の富
が得られると文献に書かれています。

 そのほかにも、功徳として「すべての罪障、苦患を消滅」があり!
とあります。それも、今世だけでなく、過去世の罪も浄化してくれる
というのです。

 つまり、過去の悪業(悪い行為)が原因となって、それが今世に
悪い結果として現われ、報いるという、因果応報がありますが、
能望を真剣になって実践すると、過去の何世代にも渡り、その悪業
(悪い行為)の原因までも浄化してくれるのです。

 能望の実践で、感謝が深まる!というのは、心の浄化の裏づけに
なります。

 ありがとうございました。
  
========

  ≪感謝の封筒のプレゼント≫
 
 『幸せの和』は、人の意識にも微妙に反応しますから、3.11以来
日本人の波動は、感謝が深まり高まっているので、今までよりも、
そのパワーは高まっています。

 そこで、頂いた封筒に『幸せの和』を書いて、感謝の文字を入れ
ました。

 封筒の裏には、当たり前に思えることを有り難く感じるのが、
感謝の生活である。と、書きました。

 写りが悪く、ぶれていますが、本物は素晴らしいできなので、
本物を手にしたら驚くと思います。

 サイズは、長形3号 120×235mmですから、少し大きな封筒
になります。

 この封筒を『幸せの和』の購入者のプレゼントに加えます。

 感謝のノートをつけて、その中でも特に、今まで自分が感謝
できなかったこと、何でもないこと、マイナスのことなど、以前
の自分とは違う、ありがたくて感謝したことを、メモ書きにして、
この封筒の中に入れて下さい。

 『幸せの和』の高次元のエネルギーが、あなたを浄化してくれて
望ましい感謝の出来事を呼び込んでくれます。

 毎日、感謝の生活を送っていると、感謝の先取りになるので、
五次元の世界のように、望ましいことが当たり前に起きてきます。

========
スポンサーサイト