アカシックテスト判定はどうすればできるようになるのでしょうか?


 午前中は、かなり気温が高かったのですが、お昼過ぎに、激しい
雨が降り、急に肌寒くなりました。

 寒冷前線が通り過ぎたのでしょうか、気温が一気に5度くらい
下がったようです。

 これは、天然のクーラーのようで、省エネですね。

未来には、夏の暑い昼下がりに寒冷前線を呼び込むツールが開発
されるかも知れません。

 それまでは、イメージが有効です。
 
 さて、最近、アカシックテストに関しての問い合わせが増えています。

//////////////

メッセージ:

初めてこのブログに出会い感謝します。

アカシックテスト判定はどうすればできるようになるのでしょうか?

//////////////

 メッセージありがとうございました。

>アカシックテスト判定はどうすればできるようになるのでしょうか?

○私は、キネシやオーリング・テストから練習して、一人オーリングを
練習してから、アカシックテストに至りました。

 一人オーリングでの判定は、手の皮がむけるほど取り組みました。
最初からできたのではなく、何度も何度も失敗し、試行錯誤の連続
でした。

 手の皮がむけないで、指が痛くならない方法はないものか?と、
何ヶ月間か、一人オーリングと格闘してから、アカシックテストに
至りました。

 ですから、表面の技術的なことだけを修得しても、単なるフーチか
ダウジング程度で終わってしまいます。

 アカシックテストは空海とも大いに関連してきますから、能望
実践も大切になります。

 つまり、潜在意識の浄化です。心を深めて、心の奥底の最深部に
宇宙につながる無限のパワーが内在しています。

 なによりも内面の充実が、この判定の命になります。

 キネシもオーリング・テストもアカシックテスも、原理は同じですので、
最初に原理を理解してから取り組むことをお勧めします。

 アカシックですから、アカシック・レコードや虚空蔵、虚空蔵は、
空海とも関連してきて、これらは全部つながっていますので、関連
した文章を紹介します。

 何年かまえのメルマガからアレンジしました。

========

≪アカシック・テストは、アカシック・レコードにコンタクトする道具≫

 五次元空間は、アカシック・レコードのあるところです。

 アカシック・レコードとは、意識のデータベースのことで、
パワーかフォースか」の19章の章題にもなっております。

 アカシック・テストは、アカシック・レコードに、コンタクトする道具
ですから、アカシック・レコードは益々重要になってきます。

 リサ・ランドール博士の五次元の世界も大いにシンクロしている
のですが、

 『富と成功への扉をあける・第11番目の鍵!』の本の中に出て
くる「見えないネットワーク」は、インターネットの何十億倍の資源と
可能性を利用できる!となっていますから、意識のデータベース=
アカシック・レコードそのものなのです。

 この本は、6月の21日に、入手することができました。

 より、簡単に五次元のアカシック・レコードにアクセスができますよ!
という、天からのメッセージのように感じております。

 21という数は、空海由来の数です。

「パワーかフォースか」の21章とその章の意識レベル870、これは、
空海の意識レベル870と一致していて、21章の書いている内容も、
空海の内容なのです。

 四国八十八霊場の21番目のお寺=太龍寺は、西の高野山とも
言われており、空海が100万遍唱えたゆかりの寺でもあります。
このお寺のご本尊は虚空蔵菩薩なのです。

 ですから、21という数字は、つまり、21日に『富と成功への扉を
あける・第11番目の鍵!』という本が入手できたのは、大いに意味
があるのです。

 7月21日にも、「神の言葉」を与えられましたが、アカシック・
レコードからの無限の叡智、それも背後に空海の存在が影響して
いると思われるのです。

 これも、長年、能望の実践を続けているからだと思います。

 ところで、アカシックとはサンスクリット語で「虚空」のことを
言います。

 「虚空」とは無量の意味があり、広大無辺の福徳・知恵の功徳を
蔵する虚空菩薩(梵名アーカーシャガルバ)が、支配しているところ
となっております。
 
 大日如来が宇宙そのものである!という概念と同じく、この虚空
菩薩が、五次元のアカシック・レコードそのものだと思われます。

 西洋の科学者は、広大無辺の福徳・知恵の功徳を蔵する虚空
菩薩(梵名アーカーシャガルバ)を研究して、アカシック・レコード
と名前をつけたのです。
 
 空海は、アカシックレコードにアクセスするために、虚空蔵菩薩の
求聞持法を実践したのです。

 空海は、虚空には無限の蔵がある、つまり無尽蔵の福徳・知恵の
宝庫がある!と、断言しておりましたから、ここからの叡智で、
あらゆる願望を達成していたのです。

 空海は、「ノウボウアキャシャギャラバヤオンアリキャマリボリ
ソワカ」を百万遍どころか千万遍以上も実践されています。

 現在に伝わる真言宗での修法は、意識レベルが低くなっており
ますから、空海没後、数百年の間に、普通の人にはできない形式
にしてしまい、さらに、戦国時代には、この修行をした人の半数が
死亡したと言われておりますから、意図的に実践不可能な難行
苦行にしたものと思われます。

 日蓮は12才の時「日本第一の智者となさしめ給へ」と21日間
願掛けされて虚空蔵菩薩様から宝珠を頂いたと言われております。
そして、臨済宗の栄西なども日本の名僧のほとんどが実践して
おります。

 これを唱えると、危機に臨んだ時に常に仏菩薩がお守りくださいと
いうことが、くどいほど書かれており、虚空蔵菩薩の智慧や暗記力
ばかりか、あらゆる財宝を得られる功徳、大願成就の功徳があると
され、多くの人が実践してきたのです。

 ですから、宗派の違う僧が超能力者のようになると困るので、
真言宗のお寺の幹部は、空海の権威を借りて、秘法中の秘法に
してしまい、実践不可能な難行苦行にして、封印してきたものと
思われます。

 空海が、この世に戻ってきたら、嘆くことと思われますが、それは、
キリストも、お釈迦様も、現代では、本来の教えとはかけ離れた、
ゆがんだものになっていますから、嘆かれるのは同じだと思います。
  
 空海は、五次元の世界の概念が理解でき、そこから無限の叡智
を引き出しておりました。
 
 1200年後の現代になっても、世界中で一人だけ、ハーバード
大学教授のリサ・ランドール博士だけが、五次元の世界を確信を
持って論じているのですから、宗教も科学も、空海の時代よりも
レベルが下がっていることがわかります。

 とにかく、空海の時代は、「ノウボウアキャシャギャラバヤオンアリ
キャマリボリソワカ」を、ひたすら唱えるだけで、何の制約も
なかったと思います。
 
 古来から、聖人や偉大な発見をした人々は、アカシック・レコード
から情報やインスピレーションを得ていたと言われております。

 ですから、五次元のアカシック・レコードに通じる方法は、いくつか
ありますが、すべてに共通しているのは、意識の変容=意識の大幅
な上昇なのです。
 
 弘法大師の求聞持の法では、虚空蔵菩薩の御真言をくりかえし、
くりかえし唱えるわけです。

 この御真言は、「ノウボウ、アキャシャギャラバヤ」に当たる部分は、
「虚空蔵菩薩に帰依します。」という意味ですが・・・。

 これは、アカシック・レコードと一体化します!つまり、五次元の
世界に溶け込みます!という意味になると思います。

 三次元にいながら、五次元の空間にシフトすることができるまで
の意識レベルに上昇することができる!ということなのです。

 九死に一生を得たるような自動車事故が未然に防げた不思議や
危機的状況から救ってくれた様々な奇跡を考えてみると・・・。

========
 これを唱えると、危機に臨んだ時に、常に仏菩薩がお守りくださと
いうことが、くどいほど書かれており、虚空蔵菩薩の智慧や暗記力
ばかりか、あらゆる財宝を得られる功徳、大願成就の功徳があると
され、多くの人が実践してきたのです。
========

 が、実感できるのです。

 ですから、実践しているだけで、五次元の空間につながっている、
色々な奇跡のツールが与えられてきたのです。

 五次元の空間は、益々身近になり、三次元にいながら奇跡の現象
が当たり前になってくるのです。

 次元上昇は五次元の世界ということですから、今から予行演習が
できるのも、空海の計らいのような気がします。

 『富と成功への扉をあける・第11番目の鍵!』での反応が今日も
ありました。

 これも五次元のアカシック・レコードにアクセスできる有力な
ツールですので、取り組んでください。

========

 難しい説明かも知れませんが、その成り立ちや歴史的背景が
理解できれば上達は早まります。

 科学は、日々進歩していますから「宇宙の法則」をすべて解き
明かす日がやってくるかもしれません。

 宇宙と一体になる、今の瞬間に生きる、すべては自分の内面に
答えがあると思います。

//////////////
 
・大日如来は、世界の中央に位置している。世界の中央とは何処か、
我が心の中である。
           
・近うして見難きは我が心、細にして空に遍ずるは我が仏なり。
我が仏は思議し難し、我が心は、広にして亦大なり

            孔法大師(空海)の名言より。

//////////////

 これらの意味は・・・。

・大日如来(万物の創造主)は、我が心の中に宿っている! 

・近くにありながら、おのれの心は計り難い、とらえがたいものだ。
それは個として考えれば、きわめて小さな存在かもしれないが、
実は大宇宙とつながっているのだ。

 自分の心を深く掘り下げて行けば途中に煩悩という大小の瓦礫
あり、欲求不満という執拗な妄執の泥土あり、然し、遂に本源に
到れば清らかな地下水が大海に帰し、千変万化の波浪もその海底
は悠久の静けさを湛える如く、大日如来の大生命は三世永恒に
わたって、自身より一切を生み出し、一切のものを自身の中に
帰していく。

 ありがとうございました。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事