天才のパワーも倍音の発声が鍵になる!


 777という7が3つ並んだ自動車のナンバーを2度続けて見たので、
もう1度見たらなんか良い事が起きるかも?

 と、走っていたら、大きなダンプカーの「777」がすれ違いました。

 その前には、しばらく、五十音を唱えていたのですが、「ん」の響き
が全身に響くと運気が高まると思っているので、能望の「ん・・・」と、
般若心経の真言の「ん・・・」の発音を強調して唱えていたら、
ダンプカーの「777」がすれ違ったのです。

 どうして、777と、7が3つなのか?も疑問に思いましたが、
今日は何かいい事がある!と、確信が持てました。

 能望も、般若心経の真言も「ん・・・」を意識して発音すると五重
くらいの倍音の響きになります。

 2008年の7月7日のメルマガに倍音のことが書かれているので、
抜粋します。

 「パワーかフォースか」の本に書かれている天才と倍音の説明です。

========

 アトラクターをもつエネルギーパターンは、音楽のように倍音
(ハーモニック)をもっています。

 倍音の周波数が高ければ高いほど「パワー」は高くなります。

 天才とは、結局、新しいレベルの倍音にたどり着くことなのです。

 人間の意識におけるあらゆる進歩は、低いアトラクターパターン
から、高い倍音にジャンプすることによって訪れます。

//////////////
 
○前進するには、低いアトラクターのパターンから高いエネルギー
へとジャンプすることが唯一の道なのです。

○倍音の周波数が高ければ高いほど「パワー」は高くなります。
○天才とは、結局、新しいレベルの倍音にたどり着くことなのです。

 エネルギーレベル=意識レベルを高めるには「倍音」がキーに
なり、脳への90%のエネルギーも、天才のパワーも倍音の発声が
鍵になる!と、読み取れます。

 「パワーかフォースか」の本は、私が疑問に思っていることの解答
を与えてもらえるので、本当に有り難い本です。

========

「ん・・・・」 の発音は、五十音のあ行~わ行までの五十の発音を
一斉に発声した時に出る音という説があります。

 五十人が同時に発音すれば、わかることですが、自分が一人でも、
マントラの中での「ん・・・」の発音は、驚きます。

 あ行が高次元で、わ行が三次元なので、わ行まで唱えたら具現化
する!という説もありますが、 「ん・・・・」の発音のほうが、一つに
なるような気がして、何かを期待するときは、

 私の場合は、能望と、般若心経の真言の、「ん・・・・」を意識して
発音するようにしています。

 最近、このメルマガを読まれている人には意味不明だと思います
が、この「ん・・・・」の発声で、倍音が出るので本当に驚きます。

 大変に気持ちが良くなりますから、試してみてください。

 さて、次に、私のメルマガを順序良く読んでくれている人のメールを
紹介します。船井先生を紹介してくれた人です。

//////////////

鈴木先生 さま

いつもありがとうございます。

今日は、わたしにとっては、ほんとうにびっくりで
ありがたい出来事が起こり、お礼を申しあげたく、
またまたご報告申しあげます。

先生のメルマガを読み、ブログにあげて、自分でも理解し、
実践しつつ・・・を繰り返していて、

ずっと前から知っていたのですが、潜在意識の抵抗で
しょう。なかなか踏み切る勇気がでなかったのですが、
ようやく「あいうえお」の記事にたどり着いたんです。

きのうから、能望の合間に、ちょっと「あいうえお」を
入れて唱えたのですが、あまりに気持ちよすぎて、
すぐに眠くなってしまいます。

で、今日さらに、「アストラル体を修復する」という
記事(2008年6月ごろ)を読んでいて、

なるほど、アストラル体にいろいろたまっているから
これを癒すと、からだがよくなるのか。。と
理解しました。

そこで、左側にいつも重みを感じていて、
そこに「ありがとう、あいしている」という思いを
こめて、能望を唱えたり、あいうえおをいったりして
たんです。

そして、降龍と、きのうから、昇龍もすらすらいえる
ようになったので、それもくわえました。

かなりへばりついていた(相当な左渦の状態なっていた)
ので、いままでのホ・オポノポノや、取り組みの結果、
ようやく、その部分にも目をむけることができるように
なり、だいぶ心を開いてこれたな・・・って思っていたら、

おなかの奥のほうから、ものすごい右回りのうねりを
感じたんです。

光とか、色はわかりません。

とにかく、なんか「開いた」って感じで、
心地いいんです。

DNAのらせんが、すごく太く、大きくなったような
感覚でした。

びっくりすると同時に、あまりにすごくて
ぼうぜんとし、そして笑ってしまいました。

そして、ずっと悩みだった、
「左側のしびれ」「朝起きるときのしびれ」
「左足の薬指のまひ」が、ひょっとして
これで治るかも、いや、治る! って思えました。

十年以上なやんでいましたが、
わたしは病院は基本信用していないというのも
あって、ほったらかしにしていたんです。

自分の気持ちを変えるのが先だって思っていました。
希望がもてました。これからも、続けていきます。

能望は、気持ちがいいので、
ずっと唱えていたいな・・・と思ってます。

このがんこなエネルギーがどんどん浄化されることで、
他の面(金銭面、人間関係面、仕事面など)も
飛躍的によくなると思います。

結局、どの分野でも、よくするエネルギーは、みな同じ
なんだってことが腑に落ちました。

先生、いつもほんとうにありがとうございます。

無限の無限の、不可説不可説転のありがとうで
いっぱいです!

(うれしいので、いちばん大きな単位とされている
不可説不可説転(ふかせつふかせつてん)を
つかわせてもらいました^^

 ○○○○

//////////////

 いつもメールありがとうございます。

 大量のメルマガを順序良く、しっかり読んでくれてありがとう
ございます。

 私も、驚くようなシンクロや奇跡が起きた時は、過去のメルマガを
たどって、なるほど・・・と、気づかされることがたくさんあります。
 
 感動して、気づきを得るごとにメールを送ってくれるので、
私も、勉強になります。

>きのうから、能望の合間に、ちょっと「あいうえお」を
>入れて唱えたのですが、あまりに気持ちよすぎて、
>すぐに眠くなってしまいます。

○これは、シータ(θ)波になるからだと思います。βエンドルフィンや
ドーパミンなどの快楽ホルモンも、かなり出ていると思います。

βエンドロフィンとは、 気分が爽快になり、 肌が綺麗になり、
脳の働きがよくなり、 勤勉になる脳内ホルモンです。

 気持ちが良くなるので脳内モルヒネとも呼ばれています。

 人間の意識は確率を変える!と言いますから、メルマガを読み
なから興味深く唱える人の意識は、同じ五十音や能望を唱える人
との差とは、計り知れないものがあります。

 「ん・・・」の発音に先ほど触れましたが、「ん」は運に関連して
きます。

 運は手に入れるものではありません。運はもうすでに持っている
ことに「気づく」ことです。

 運と知性とは別のものではありません。

 知性とは知識をたくさん持っていることではありません。
「気づく」ことが知性なのです。

 知性を磨くことで突然、運が開けるのです。

 中谷彰宏さんの著書「知性で運を開く」の中で、この様なことが
書かれていました。

 私のメルマガを熱心に読まれて、知性をどんどん磨き、突然、
運を開いているようです。

 何より、大きな感謝が素晴らしいですね。

 再度、2008年の7月7日のメルマガの文章を抜粋します。

========

 それにしても、トマティス理論には、衝撃を受けました。

 脳内革命は、この理論があれば、その通りの革命になります。

 トマティス理論とは、脳の活力の90%も占めているエネルギー源
が「音」になる!と、今まで、聴いたこともない理論ですが・・。

 私達は、能望の実践だけでも、神秘的な脳力アップのパワーを
感じていましたから、何となく納得できます。

しかし、氣のエネルギーの概念のない科学者には受け入れられ
ない学説だと思います。

音は空気の振動でもあり、バイブレーションでもありますから、
エネルギーであることは、誰もが理解できるこですが、脳の活力の
90%も占めているとなると、これは、能力開発の分野では、すごい
ことになります。

これは、やはり、倍音⇒シータ波⇒最高潮の生体エネルギーという
一連の流れから出てきた、瓢箪から駒!ですね。

 政木和三博士と、トマティス博士と、篠原佳年博士の3人の理論を
まとめて、夢を実現したのが、「あいうえお」の倍音のような気が
します。

短時間でも疲れは取れるし、新陳代謝も良くなるし、それに、今まで
よりもパワーアップしていますから、不思議でたまりませんでした。

========

>結局、どの分野でも、よくするエネルギーは、みな同じ
>なんだってことが腑に落ちました。

○そうですね。これも大きな気づきだと思います。

 エネルギーレベルを高めると、波動の周波数も高まるので、
ほとんどのことがうまく行きます。

 ありがとうございました。

-----------------
幸せの和=高次元の宇宙意識に到達する窓能望の実践=
氣のエネルギーの可能性の追求
新世代エコロジー洗剤
奇跡を呼び込む【魔法の水】!


スポンサーサイト