すべての物質は、波動のエネルギーからできている。そのエネルギーに一定の情報が加わると物質に変化する!


 前回は、大日如来について書きましたが、先日二人の方から送って
頂いた画像も、大日如来の砂曼荼羅でした。

 その功徳の説明が書かれていますので、紹介します。

//////////////

 鈴木さま

こんばんわ。いつもありがとうございます。

最近は、またまたみいちゃんを真似て鈴木さんのメルマガを
第一回から順番に読んでいます。

最新の記事もとても気になるのですが
時系列がわからなくなってごっちゃになってしまうので
遡って今に追いつけるように読破しようと試みています。

やっと2005年11月です(^^)

アカシックテストが発表されて暫くたち
体験者の方々のお話がとても興味深く
私もいつかやらねば!とワクワクしながら読んでいます。

順を追って読むと能望の歴史というか、いろいろな商品が
世に出来ていく流れがわかって面白いです。

つい数か月前に能望を知ったばかりの私としてはとても
新鮮です!!

多くの素晴らしい商品を世に出してくださり、本当に
ありがとうございます。

順を追って読み進む中でパワーアップノートを実践
された方の体験談にとても反応しました。

抜粋しますと・・・

今、私はパワーアップノートの実践のひとつとして、
車の中で「勇気」のカードを見ながら能望を唱えています。
さらに毎日寝る前に能望CDを聴きながら「勇気」という
文字をメモ用紙に100回ずつ書いています。

私なりに「勇気」について考えてみました。
私の場合、「勇気」とはまず、被害者妄想、恐怖心、羞恥心、
猜疑心を捨てることであると考えました。心のなかでそれらを
くり抜いて捨て去り、その空いた場所に「勇気」という文字を
当てはめるイメージを描いています。

すると、最近心がすごく軽い感じがしています。・・・

ここまで読み、私も考えてみました。
大人になってから『勇気』って・・・
最後に勇気を出したのはいつだろう???

それ位勇気と言う感情に触れない生活を送っていた
ように思います。

今の私が勇気を出すならどんな時かと考えました。

私は自分のことをアピールすることが苦手です。
恥ずかしさや、自信のなさがその理由だと思っています。

でもインストラクターとしてプライベートの予約を頂くため
にはグループレッスンでも多くの方にご参加頂くには

自分を知ってもらう必要があり
自分を売り込むと言いますかアピールが絶対必要に
なってきます。

そこでいつも積極的になれないでいました。

今、『勇気』というテーマに出会えたことにとても感謝し
ています。

『勇気』を意識してから自分のレッスンに参加して
くださった方たちに自分をアピールしてみようとチャレンジ
しました。

ドッキドキで、結果は思っていた分の半分位しか言え
ませんでした。

でも私としては大きな一歩だったと思えています。

この方のイメージ法を真似て、次回のレッスンでまた
チャレンジします。

その積み重ねで次第にプライベートレッスンの予約が
増えるイメージはリアルに浮かびます(#^.^#)

着実に全てがうまくいっています。

心から感謝です。

小さな変化や嬉しいことはお陰様でたくさん起こっています。
そこで気づいたちょっとした心の変化ですが
他人の幸せを自分のことのように喜ぶことが増えたように
思います。

以前は親しい人のことなら、自分のことのように喜んで
いました。

でも最近はそこまで親しくない人たちの分まで
なんだか自分の事のようにとってもハッピーなんです。

嬉しい気持ちでいると嬉しいことがまた起こる
感謝の気持ちでいると感謝したくなることがまた起こる

まさに今の私はハッピーのスパイラルのど真ん中に
いる感じです!!

本当にありがたいです!!

話を戻らせていただきますね。

過去の記事から読み始めたので
最近の記事は目を通していなかったのですが
今日たまたま読ませていただいたら

曼荼羅がテーマでしたのでとてもシンクロを感じました。
ちょっと的外れかもしれませんが・・・

去年行われたイベントで、チベットの僧侶が砂曼荼羅を
1週間かけて制作するというものを見てきました。

砂曼荼羅についてその時のチラシから以下抜粋します。

~ チベット仏教における大日如来の砂曼荼羅について~

大日如来を教主とする『大日経』は弘法大師空海が
日本に伝来した密教のひとつの柱であり、チベットの
仏教では密教経典の四類のカテゴリーのうち二番目の
行タントラの主要な経典とみなされています。

チベット密教における『大日経』の相承はインドの
学者ジターリから、チベットのパリ・ロツァーワへと伝わり、
それから何代かをへて現在のダライ・ラマ法王にまで
その伝統は継続しています。

チベット仏教では様々な形で曼荼羅を作成しますが、
中でも最も正式な曼荼羅の描き方は、各種の色砂を
組み合わせて描くこの砂曼荼羅です。

大日曼荼羅はより多くの人が見ることにより、多くの
利益をもたらすものといわれています。

この曼荼羅の本質は、一切の仏たちの「すべての生きとし
生けるものの苦しみを取り除きたい」という慈悲の心(大悲)と
「空を理解する智慧」(空)の二つであるが故に、
名「大悲空胎蔵曼荼羅」と呼ばれています。

そして、『大日経』には、「この曼荼羅を見る人は、
無限の過去から積んできたあらゆる悪業が浄化され、
地獄・餓鬼・畜生などの悪趣に生まれ変わる罪障が
浄化される」と説かれています。

是非この素晴らしい機会に、大日曼荼羅を参拝される
ことをおすすめします。

だそうです。

とにかく素晴らしかったのでその時の画像を添付します。
昨日みいちゃんに、いつものお礼にと同じ画像を
送ったところだったんです。

制作中のものと完成図です。

よろしければご覧ください。

最後までお読みくださり、貴重なお時間を
ありがとうございました。

いつも心より感謝しております。

○○

//////////////

 メールありがとうございました。

 私の過去のメルマガも読んでいただきありがとうございます。

 忙しいなか、体験談も書いていただき恐縮です。

 もう一人の画像を送って頂いた方も、過去のメルマガを熱心に
読まれ、そのつど感激されて、メールを送っていただいております。

 私も、気づかされ勉強になりますので、本当に感謝しております。

 さて、最近はマンダラが気になり、マンダラの話題ばかりになって
います。

 私のメルマガには、その時々で、シンクロなどからテーマが与えられ、
流れの様なものがあり、長期になると連載になることもあります。

 大体は、思いに任せて書いてしまいますが、今の時期は「マンダラ」
がテーマになっています。

 興味のない人には、ご勘弁下さい。
 
>この曼荼羅の本質は、一切の仏たちの「すべての生きとし
>生けるものの苦しみを取り除きたい」という慈悲の心(大悲)と
>「空を理解する智慧」(空)の二つであるが故に、
>名「大悲空胎蔵曼荼羅」と呼ばれています。

>そして、『大日経』には、「この曼荼羅を見る人は、
>無限の過去から積んできたあらゆる悪業が浄化され、
>地獄・餓鬼・畜生などの悪趣に生まれ変わる罪障が
>浄化される」と説かれています。

 この部分が気になり、紹介させていただきました。

 この中に、「空を理解する智慧」とありますが、仏教のエッセンスと
いわれている「般若心経」にも空の概念があります。

 私の塾では「般若心経」を、生徒達に暗唱してもらいました。
父兄には、初めは、とんでもない塾だと誤解されましたが、
生徒達の成績が上がったので、大目に見てくれたと思います。

 さて、般若心経のなかに「色即是空、空即是色」という言葉が
あります。
 
 この「色」は、物質や現象のことを意味しています。しかし、その対に
なっている「空」の解釈が「無」に近い解釈が多く、それでは、お釈迦様
の言いたいことが、伝わってこないように思われます。

 色とは「目に見えるもの」、転じて「この世にあるすべてのものや
現象」の意、そして、空とは「空っぽ、無」、転じて「固有の本質を
もっていない」の意。

 と、インターネットの質問の答えの欄に模範解答のように書いて
おりますが、これでは「空を理解する智慧」には至らないように
思います。

 「空」とは空っぽとか、何もないという意味ではなく、宇宙に存在
するものはすべて目に見えないエネルギーのさまざまな表現形態に
なります。

 最近、暗黒物質が注目されていますが、宇宙全体の物質エネルギー
のうち、74%が暗黒エネルギー、22%が暗黒物質で、人類が見知る
ことが出来る物質の大半を占めていると思われる水素やヘリウムは
4%ぐらいしかないことが分かってきているそうです。

 「空」とは、万物が創造される無限のエネルギーであれば、しっくり
と腑に落ちるのです。
 
 2500年前に、お釈迦様は、現代の最先端の物理学を完璧に理解
しておられ、空海も理解していました。

 エネルギーがすなわち「空」であり、その「空」から生み出され、
形に表れたものが「色」になります。

 「すべての物質は、波動のエネルギーからできている。また、
そのエネルギーに、一定の情報が加わると物質に変化する!」
ということで・・・・。

 これが般若心経の真髄だと思います。

 そして、「般若心経」では、私たちの感覚も想念も意志も認識も、
みんな波動をもっているエネルギーだといっているのです。

 これも最先端の現代科学がいっていることとまったく同じです。

  そして、マンダラを見る人は、無限の過去から積んできたあらゆる
悪業が浄化される!というのも、仏教の科学的な見地だと思われます。

 砂曼陀羅は、各種の色砂を使い、とてもカラフルで感動するほど
綺麗です。
 
 「マンダラ・セラピー」という治療法があります。

 ヨーロッパでは最近とても人気があるそうです。

 このマンダラ・セラピーと言うのは、決められたマンダラの図の
パターンに色を塗るだけで想像力を養い、神経を落ち着かせ、全身
の健康レベルを高める効果があります。

 特に落ち着かない子供達に簡単なマンダラを与えると不思議に
落ち着き、静かになり、集中力が増加します。

 睡眠薬や安定剤の代わりに寝るまえに静かな部屋でマンダラに
取り組むと、よく寝付く効果があります。

 マンダラのぬりえをすることで、色彩と図形の両方を考えながら、
バランスを取って塗っていくと右脳と左脳がバランスよく活性化する
のです。

 また、集中してぬりえをしている時の脳波はα波になりやすく
集中しながらもリラックスしているので、α波が継続できて、とても
効果的なストレスの解消にもなり、まさに一石三鳥、いやそれ以上の
効果があります。

 マンダラの中に文字を書くことも、ものすごい効果がありました
から、色を塗ることも当然、効果があることが確信できます。
 
 マンダラは、見ることも、イメージすることも、その中に書くことも、
色を塗ることも、本当にすごいツールです。
 
>いつも心より感謝しております。

○こちらこそ、感謝しております。

 ありがとうございました。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事