能望の実践に夢中になり佳境に入れば無我無中になり、この「無心」は本物です。


 今日は原爆記念日です。

//////////////

 恐るべき放射能被害の教訓を広島の慰霊碑に「過ちは繰り返し
ませんから」と刻みながら、ほかならぬ日本人が易々(やすやす)と
原発を受け入れ、過ちを繰り返した。

 私たちはいわば原爆忌を「キゴ」として「歳時記」の中に閉じ込め
てしまっていたのかもしれない。

 核への態度を決する生々しい「原点」であり続けるべきだったのに・・・・・。

//////////////

 と、このような記事が新聞にありました。

 広島、長崎、そして福島と、放射能被害の過ちを繰り返し、あと、
どことどこの県が犠牲になったら目覚めるのでしょう。

 東京や大阪など、大都市が放射能だらけに汚染されて、人間が
まともに住めなくなってはじめて目覚めるような気がします。

 弱者の味方になるはずのマスコミは無力で、原発の一基も止める
ことができません。

 権力に媚びるだけなら中国を笑うこともできません。

//////////////

 原爆の消えることのない凄惨(せいさん)な記憶と、原発のいまだ
終わりの見えない不気味な現実。
 2011年、列島は「ノーモア・ヒロシマ」「ノーモア・ナガサキ」
「ノーモア・フクシマ」の思いが交錯する夏を迎える。

//////////////

 次に、入門コースの方から倍音についての投稿を頂きました。

========

いつもお世話になっております。

日頃能望の実践で、自分にとって最も適した唱え方を
時折考えながら実践していました。

音程、かつぜつ、テンポのとり方等です。

能望のCDに関しては入門編だけ所持しております。
塾長の高速で唱える部分が一部ありますが、何度聞いても
すばらしいものです。

そこで最近、メルマガを最初から全て読破しようと毎日読んで
いるのですが、2006/06/01のメルマガに塾生のコメントが書い
てあり

//////////////

振動・・・松果体の共鳴のオクターブ(倍音)は、色では、
紺色、音では、ラが共鳴します。紺色を見ながら、ラ
(ちょっと高いけど)で能望をとなえると松果体の振動第六
チャクラのホルモン噴出に、効果的だと思います!!

//////////////

とあったのですが、確かに僕もチャクラに関しては昔から
色々調べていまして、各チャクラに対応した共鳴する周波数
があるのは知っていました。

上記の方の話で「ラ」の音ですと、周波数は440~443Hz
僕の知っているサイトでの情報で第6チャクラの説明は
「第6チャクラ 220.00hz 顔・鼻・下垂体・小脳・中枢神経
を含む脳の機能」となっており、なるほどちょうど220Hzの
倍音が「ラ」にあたるのだなぁと納得です。

しかし、松果体は第7チャクラの所に掲載されていました。
以下のようです
「第7チャクラ 233.08hz 大脳・松果体 全身に影響を与える」

位置的に松果体は第6チャクラに当たると思いますので、
これからは「ラ」の音を意識して唱えてみようと思います^^

余分な話ですが、最適な唱え方についての情報が欲しいなと
思っていると自然とこういう形で入ってくるとうれしくて感謝です。

ありがとうございました。

========

投稿ありがとうございました。

 意識しながらの能望の実践は素晴らしい結果を招くと思います。
けれども、実践の最中は、できるだけ「無心」になってくださいね。
 
 「無心」になることは難しいことですが、自分を客観視して、
「いま、ここ」の瞬間に生きている!と、意識すれば、「無心」に
近づきます。

 能望の実践に夢中になり佳境に入れば、無我無中になり、
この「無心」は本物です。

 三昧(ざんまい)という言葉がありますが・・・。

 三昧は梵語サマーディの音写、心を一つの処に定めて動じない
こと。心を一つの対象に集中して散乱させないこと。

 一心に何かに集中して達成された精神状態。と、説明されて
いますが・・・・。

 左脳の思考が停止して、つまり、マナ識からの膨大な記憶が
ストップして、右脳に切り替わった状態のことです。

 念仏三昧(ざんまい)とは、能望の実践で思考が停止して、
右脳の世界に入った状態です。

 単純に左脳から右脳に切り替わるには、高速大量入力になります。
一息で、20回を目標に、ものすごい高速大量入力でエネルギーを
高めるのです。

 10回でも20回でも連続で唱え、息を吐き切ってもうこれ以上
吐き出すことができなくなって、その先に沈黙の世界があります。

 苦しくて死んでしまいそうになりますが、息を吐ききって、さらに
その先を吐き出すイメージをする刹那に、何かが観えてきます。

 この様な、ひたすら実践している過程で、エネルギーが高まって
くるので、倍音とかチャクラとかの理論的裏づけが気になって
きます。

 空海は最澄に理論よりも実践と諭し、意見が対立した時が
あります。

>しかし、松果体は第7チャクラの所に掲載されていました。
>以下のようです
>「第7チャクラ 233.08hz 大脳・松果体 全身に影響を与える」

○チャクラは高次元にあります。松果体は実際の三次元に
あります。

 松果体とチャクラは人により見解が違います。7でも6でも同じ
ような扱いでも大丈夫だと思います。

>余分な話ですが、最適な唱え方についての情報が欲しいなと
>思っていると自然とこういう形で入ってくるとうれしくて感謝です。

○そうですね。私も同じように思います。能望の実践をしているから
エネルギーが高まり、天が味方してくれるようです。

 ありがとうございました。

----------------
能望の実践=氣のエネルギーの可能性の追求
幸せの和=高次元の宇宙意識に到達する窓
新世代エコロジー洗剤 奇跡を呼び込む【魔法の水】!
スポンサーサイト