能望の実践に抵抗がある人には般若心経の真言や五十音などを奨励しています。


>ミトコンドリアは、Mのシステム=「ま・み・む・め・も」のの封印を解く、
>糸口になると思います。

 と、書きましたが、Mのシステム=「ま・み・む・め・も」に該当する項目
は、どれも、エネルギーが高いことで共通しています。

 今までメルマガで紹介してきた「ま」のつくものは、マントラ、マンダラ
(Mandala)=マトリックス・マップ、マジック(魔法の図形)、魔法の水
マニ宝珠・・・・などです。
 
 21世紀にはMのシステム=「ま・み・む・め・も」の封印が解かれる!
のですから、試しに、ま行の最初のマントラについて解いてみます。

 このメルマガでのマントラは、真言になり、虚空蔵の真言=能望
紹介してきました。

 そして、この真言=能望のほかにも、般若心経の真言、そして、
五十音なども奨励してきました。

 これらのマントラはどれも、唱えていると氣のエネルギーが想像
以上に高まります。

 エネルギーが高まる!と言うことは、ミトコンドリアが働いている
ことになります。

 今まで、多くの人から「声に出さなければいけませんか?」という
質問がありましたが、CDを聞くだけよりも、自分で声を出すことが
エネルギーが高まり、より効果的になります。

 ですから、マントラのすべては、声を出すことを前提に紹介して
います。

 ミトコンドリアは、Mのシステム=「ま・み・む・め・も」の封印を解く
糸口になる!という観点からも、ミトコンドリアを活性化させ、氣の
エネルギーを高めるためにも、声に出すことが必要不可欠なのです。

 マントラ=真言=能望の実践は、息=意気を吐き出し、酸素を
最も効率よく吸収する呼吸法でもあります。能望の実践は、理想的
な丹田呼吸法である!と、説明してきました。

 呼吸によって得られる酸素は人間にとっては、とても大切なもの
です。生きていくのに、絶対に不可欠な水であっても1日~2日程度
は飲まなくても、死ぬことはありません。

 けれども、酸素は、数分間途切れるだけでも死んでしまいます。

 ほんの2~3分なのに、酸素が途絶えると脳は多大なダメージを
受けて、ほとんどの人は死んでしまうのです。

 それほど酸素は人体にとって大切なものであり、その酸素呼吸
から生体エネルギーを作り出し、この生物の生きる原動力の生産
者が細胞内のミトコンドリアなのです。

 60兆個×数百個のほとんど無数のミトコンドリアが、活性化して
たくさんのエネルギーを発電してもらうためにも、たくさんの酸素が
必要なのです。
 
 現代人は、運動不足やストレスなどで、呼吸が浅く、酸素不足が
指摘されています。 

 携帯などの電磁波、有害化学物質の体内汚染の防御のために、
酵素が使われますので、この点からも、エネルギーが必要なので、
酸素が不足しています。

 色々なストレスや悩みがあると、ため息ばかりで、浅い呼吸になり
ますから、身体の隅々まで酸素が行き渡らなくなり、全身の細胞は
悲鳴をあげているのです。

 肩こり、頭痛、体調不良などは、酸欠による原因が多く、多くの
現代人は平地にいながらも、高地にいるような、酸欠状態の高山
病のような状態を招いているのです。

 酸素をたくさん吸収するとその弊害として、病気の元になる活性
酸素が出てくる!という説がありますが、ミトコンドリアが活性化
すると活性酸素を除去する働きもするので、呼吸により大量の
酸素をとり入れることは、無病息災になり、健康そのものになる!
ということです。

 そのことは、昔から長生きしているお坊さんが実証してくれて
います。

 それなのに、積極的に酸素を取り入れようとはしないのですから、
細胞内のミトコンドリアの働きが弱くなり、エネルギー不足で、活性
酸素が横暴になり、病気になる確率が非常に高くなっているのです。
 
 病気の原因となる活性酸素も、ミトコンドリアが活性化しないと
撃退できないのですから、そのためにも、呼吸法やミネラルが必要
になるのです。
 
 マントラ=真言=能望の実践は、理想的な丹田呼吸でもあります。
普段から実践していると、一般の人の4倍~5倍の酸素を吸収して
いることになります。

 十分な酸素は、ミトコンドリアを増やし活性化させますので、
エネルギーが全身にみなぎり、元気そのものになるのです。

 ですから、能望の実践に抵抗がある人には、般若心経の真言や
五十音などを奨励しています。

 五十音は、宗教色はないのですから、抵抗はないと思います。

 ところで、ヨガ・仏教・チベット密教・真言密教など、古来からの
教えには、マントラの実践があります。

 メルマガでも指摘してきましたが、マントラの実践は、その時だけ
でも、マイナス思考の停止、つまり、左脳・言語野の働きを封じます。

 つまり、左脳やマナ識の潜在意識の記憶を遮断して、現代人特有
の論理的思考を停止させる効果があるのです。

 マイナスの悩みや心配事は、左脳で大きく脹らましてマナ識に
植えつけます。ですから、過去に蓄積した膨大なマナ識の記憶が、
四六時中、休むことなく左脳に登ってきて、身動きが取れない状態
になっているのです。

 私達は、マナ識(潜在意識)に支配され、奴隷状態になっている
のです。
 
 ですから、奴隷状態から開放するためにも、マントラの実践が
あるのです。

 長時間のマントラの実践は、潜在意識が浄化されるので、悩みが
解消し、氣のエネルギー=生命力を発生させ、自然治癒力も活性化
させるのです。

 能望を唱えているときは息を吐き出しますから、体に不要なもの
(二酸化炭素など)そして、悪い感情や想念をすべて吐き出して
いる!と、イメージします。

 高速で連続して吐き出す時も、最初はこのイメージをしますが、
夢中になって没頭してきたら無心で取り組みます。

 マントラの実践は、意識を瞬時に良い方向に変えることができ、
これを持続させることもできますから、マイナスの記憶はすべて
吐き出すイメージは効果的なのです。

 そして、マントラを長期間実践し、没頭できるようになると、虚空蔵
=アカシック・レコードにアクセスできて、神仏の声が聴こえてきます。
 
 マントラの実践は、潜在意識を浄化し、自我を消滅させるという
目的で、ヨガ・仏教・チベット密教・真言密教などが指導している
のです。

 そして、一般の人でも、マントラにより内在している智慧の火を
燃え上がらせ、アカシックレコードとつながり、宇宙の神秘に参入
することができるのです。
 
 60兆個×数百個の膨大なミトコンドリアを活性化して18倍のパワー
を得るためにも、そして、無限のパワーにアクセスするためにも、
能望を実践してください。

 虚空蔵の真言の御利益である、無尽層の叡智と無限の富の封印も
解かれることを確信しています。
 
 ありがとうございました。
 
-----------------
能力開発実践商品のご案内

スポンサーサイト