ロバート・キヨサキ氏は、嵐を乗り切るための方舟を造っておくことが必要だ!と…


今回の台風も大きな爪あとを残して去りましたが、皆さんはいかが
でしたか?

 台風よりも大きな「嵐」が、ヨーロッパのギリシャから発生し、世界中
を巻き込もうとしています。

 一難さってまた一難です。リーマンショックよりも激しい不況の嵐の
ようです。

 財政危機に陥ったギリシャでは、不況や増税による生活苦など
から自殺者が急増しているそうです。
 
 ギリシャは、前回公務員の削減や年金の3割削減を決めたのに、
今回、新たな財政赤字削減策を発表して、月額1200ユーロ(約13
万円)以上の年金は、受給額を2割減らす!と、なっています。

 新たな財政赤字削減策に、議会過半数の支持を得られなければ、
10月半ばには資金が枯渇し、ギリシャの国家財政は破綻するそう
です。

 一方、政府が公務員の退職金・年金カットを打ち出すと、15、16
の両日で1万人以上の公務員が駆け込み辞職したそうです。

 日本も、ギリシャと同じ公務員天国で、国債を大量に発行していて、
国家財政赤字の比率はギリシャよりも多いのですから、同じような
ことが日本でも起る可能性があります。 
 
 IMF=国際通貨基金は、日本が破綻した時に実施しようとしている
「ネバダレポート」を作成しております。

========

・公務員の人員の総数を30%カット、給料も30%カット

・ボーナスも全てカット公務員の退職金は100%カット

・年金は全国民の一律30%カット

・国債の利払いは5~10年間停止

・消費税は15%引き上げて20%へ

・課税最低限の年収100万円までの引き下げ

・資産税を導入し、不動産に対しては公示価格の5%を課税

・債権・社債については5~15%の課税

・株式は取得金額の1%課税

・預金は一律ペイオフを実施するとともに、第二段階として
預金額を30~40%カットする

========

 ギリシャは、これよりも厳しい要求をIMF=国際通貨基金から
強制されているようです。
 
 かつて韓国がIMFの管理下におかれた時に、同じような内容で、
管理されていました。

 日本が、破綻したら、このレポートに文句を言わずに従わなけれ
ばなりません。

 ネガティブな話題ばかりになってしまいますが、嵐となると連想
することがあり、そんなことが起きなければ!と、いつも思って
います。

と言うのは、ロバート・キヨサキの「金持ち父さんの予言」という本が
あります。

 この本を読んだ当時は、こんなネガティブな予言ばかりで、
困ったものだ!と、思いましたが・・・・。

 ロバート・キヨサキ氏が、この本で予測していたほとんどのことが
当っているのです。

 アマゾンの本の読書レビューでは、この本の「8つの予言の内、
7つまで当っている」と、書いています。

 重要なことは、ほぼ100%当っている!と、言っても過言ではあり
ません。

 この本の英語版は、2002年に発売されてるので、2008年の
リーマンショックや株の暴落、世界的な不況など、誰も予測をして
いないことです。

 それにも関わらず、ロバート・キヨサキ氏は、ほぼ正確に当てて
いますから、私は、驚いて「金持ち父さん」シリーズを読み返した
のが、2~3年も前のことです。

 そんな馬鹿な!と思いながらも、残念ながらも、現在の世界の
経済は、この本の予言の内容と同じようなことが起こっているの
ですから驚きです。

 メルマガにも、金持ち父さんのキヤッシュフローのことは連載で
かきました。

 「金持ち父さんの予言」の予言に比べたらノストラダムスの予言
なんかは曖昧で、お話しになりませんが・・・。

 現状の世界経済がどうしてこのような状況になるのか、ある程度
わかるので、とても参考になりました。

 そして、「金持ち父さん」シリーズでは珍しく、この本では年金問題
を取り上げています。

 「政府が社会保障プログラムの問題を先送りにしているために、
2016年頃に、先送りしたすべての問題が表面化してくるのでは
ないか。」と予測しています。

 アメリカでも社会保障は、問題になっていますが、急速な高齢化が
進んでいる日本では、医療費、介護費、年金、と、どまるところを
知らずに膨張しつづけ、そして、つねに先送りされつづけています。

 ですから、ギリシャの問題は、対岸の火事ではないのです。

 日本では、想定外という言葉にごまかされて、増税も、年金も
すべてが曖昧にされるような状況になっています。

 ロバート・キヨサキ氏に予言してもらわなくても、近い将来に大量の
年金難民が出ることは明らかで、本当に今から何とかしなければなり
ません。

 ロバート・キヨサキ氏は、嵐を乗り切るための方舟を造っておくこと
が必要だ!と、書いております。
 
「金持ち父さんの予言」

 目次より

・おとぎ話はもう通用しない

・法律が変われば未来も変わる

・世界を変えた法律

・現実の世界に立ち向かう準備ができているか

・悪夢のはじまり

・お金に関するあなたの仮定と思い込み

・投資をしているだけでは投資家とは言えない

・だれもが投資家になる必要がある

・問題の原因

・パーフェクト・ストーム

・方舟をどうやって造るか

========

 日本では、たくさんの嵐が吹き荒れていますから、「嵐を乗り切る
ための方舟」は、よほど頑丈なものでなければ、この先、生きては
行けませんね。

 そして、3.11以来、日本人の考え方も変わってきました。

 今までの様な、西洋流の方法ばかりでなく、お互いに助け合い、
人間性も高めて、方舟を造っていくことが大切だと思います。

 さて、連載に進みますが・・・。

 ≪Mのシステム=「ま・み・む・め・も」の封印を解く≫ 
 
 「ま」のつくものは、マントラ、マンダラ(Mandala)=マトリックス
・マップ、マジック(魔法のランプの図形)、魔法の水、マニ宝珠、 
マザーテレサ、松下幸之助、マハトマ・ガンジー、マイカ(mica)
雲母、マネー(ミリオネア・マインド)、マネッジメント(マネージメント)、
マックス・パフォーマンス・・・・・・。

 「ま」の項目は、そろそろ完了しそうですね。

 「魔法の水」は、昨年、メルマガで半年以上に渡りつづけました
からその連載を参照にしてください。

 最後の「マックス・パフォーマンス」が、面白そうです。

 これも長くなりそうなので、次回にします。

 ありがとうございました。

----------------
「富(13)」のHP
能力開発実践商品のご案内
新世代エコロジー洗剤 奇跡を呼び込む【魔法の水】!

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事