自分の持っている実力が発揮できれば運命も変わってくると思います。


 年金問題は、50代、60代の人にとっては、深刻な問題であり、
「年金の支給年齢が65歳から、1年でも延びたら、困ります!」の
様な質問がありました。

 ネットのコラム欄から、政府の考えと、今後の対策などが書かれて
いるので、参考までに、その文章を抜粋します。

//////////////

政府の「税と社会保障の一体改革に関する政府の集中検討会議」
において議論され、今後、実行の具体的な検討ならびに法案化
される可能性の高い項目の中で、特に年金制度改革の中の
「公的年金の支給年齢の引き上げ」について、その大きな影響と
対策に考えてみます。

<年金がもらえるのは現行65歳から68歳以降に!>

 同会議では、ひっ迫する年金財政の改善や平均寿命の伸びなど
に合わせて、欧米などを参考に年金の支給開始年齢を引き上げる
べきとの方向性でまとめられました。
 
 現在は欧米などのほとんどの先進諸国での年金支給開始年齢は、
ほとんどが日本と同じで原則65歳からですが、近い将来、アメリカ、
ドイツ、フランス、オーストラリアでは67歳に、イギリスでは68歳に
変わることが決まっています。

 <他の先進諸国と異なる日本の年金事情>

 他の先進諸国と同様に日本でも、年金の支給開始年齢引き上げ
と歩調を合わせて、定年延長(60歳から65歳や68歳などに)の
政策も進めていくことになりますが、強い経済や成長する経済が
背景にある必要があります。

 日本を含めた上記6か国の中で、今後人口が減少していくのは
日本とドイツだけで、その他の国はいずれも少なくとも2050年まで
は人口が増加していくことが見込まれています。

 人口増加はその国の経済成長の大きな要因になります。

 日本と同じように人口減少が予測されるドイツは、経済面では豊富
な資源などを背景にヨーロッパ諸国の中でもリーダー的存在で、
財政面でも借金まみれの日本の財政状況と大きく異なって非常に
健全です。

 日本の足元をみつめてみると、ここ数年の経済環境で思うように
増えない給与水準・一生懸命貯めてもほとんど利息のつかない預貯
金・子ども手当の見直し・消費税増税・忍び寄る物価上昇など、
将来をめぐる環境はかなり厳しいものになることが予想されます。

<自ら作る自分年金>

 国頼み企業頼みでは将来への不安は解消できません。

 自分が望む人生を実現するための財産づくりや、将来も家族を
守り続けていくための財産づくりは、自らの手と判断のもとで金融
知力を身につけつつ、計画的にコツコツと取り組む必要性が高ま
ってきました。

 将来のための財産を個々人の蓄えられる年数で計算すると、
預貯金だけの貯蓄では追いつかないことも多いです。

 自分のライフプランをもち、計画や生活スタイルに合った金融
商品をコーディネートしながら、安全性を高めつつより効率良く
財産をしていく人と、年金や将来のこと・貯蓄・経済・金融商品
などに関心を持たずに特に何もしない人とでは、5年後10年後
20年後におかれる状況や気持ちは大きく異なってきます。

焦る気持ちも出てきますが、まずはできることから一つずつ始めて
いきましょう!

・以下の様な記事もあります。国を擁護する官僚的な文章ですが、
年金に関しての安全神話も、崩壊しています。

 過去を振り返ってみると、厚生年金の受給開始年齢を55歳から
60歳に引き上げたのが1954年の改正で、このときの65歳の男性
の平均的な老後は12.9年ありました。

 おおむね年金を17~18年もらえたイメージです。

 厚生年金の受給開始年齢を60歳から65歳に変更したのは
1994年および2000年改正です。

 1994年の時点で65歳の男性の平均的老後は16.7年です。
おおむね年金を17年もらえることになります。

 現在(2009年の時点)、65歳の男性の平均的老後は18.9年
です。もう少し長寿化が進むとすれば、受給開始年齢の引き上げ
について、2~3年の引き上げは避けられないでしょう。

 もちろん、働ける環境の整備は欠かせませんが、引き上げは
当然の議論だといえます(世界的にみれば、日本の年金が65歳
であることは「早い」ということも頭に留めておくといいで
しょう)。

 日本ではすでに、3000万人に年金が支払われています。
おおむね国民の4人に1人は年金をもらう立場なのです。

 そして、その金額は50兆円にもなります。しかも毎年1兆円くらい
増える一方です。これには何らかのメスをいれざるをえません。

//////////////

 旧社会保険庁は、かなりの額を、使い込みましたから、現役世代
の負担は増えて、さらに、年金の額が引き下げられ、ますから、
踏んだりけったりですね。

 国には頼らずに、自分達で年金をつくり生きていかなければ
なりませんね。
  

≪Mのシステム=「ま・み・む・め・も」の封印を解く≫ その9

 「ま」のつくものは、マントラ、マンダラ(Mandala)=マトリックス
・マップ、マジック(魔法のランプの図形)、魔法の水、マニ宝珠、 
マザーテレサ、松下幸之助、マハトマ・ガンジー、マイカ(mica)
雲母、マネー(ミリオネア・マインド)、マネッジメント(マネージメント)、
マックス・パフォーマンス・・・・・・。

「ま」の項目の最後の「マックス・パフォーマンス」の封印を解きます。

 マックス・パフォーマンスとは、ピーク・パフォーマンスのことです。

 ピーク・パフォーマンスとは、スポーツのなどの本番で、自分の
実力が最大限に発揮できることを意味します。

 オリンピックなどでは、ほとんどの選手が本番で実力が発揮でき
ません。

 スポーツだけでなく、仕事や学問、対人関係などでも、自分の
持っている実力が発揮できれば、運命も変わってくると思います。

 マックス・パフォーマンスは、スポーツばかりでなく、すべての
分野で、最大限の力と、さらに、無限の力が発揮できればと、
私が勝手に作った言葉です。
 
 相撲などでは、心・技・体の調和が取れた時に最も充実していて、
最高に実力が発揮できる!と、昔から言われています。

 先日、お相撲さんが呼吸法で心が安定して2連勝!という話題を
取り上げました。

========

さて、琴奨菊という力士が、大学の教授から呼吸法を教わり、心が
安定して2連勝!というニュースのスポーツ特集で取り上げられて
いました。

 と、読者の方が教えてくれました。
 
 緊張を強いられるスポーツの選手は、特に一流アスリートの中で
は、イメージ法や呼吸法は一般的になっていますが、お相撲さんが、
呼吸法とは珍しいと思います。

 しかも、心身が安定して良い結果になっているので、メディアが
取り上げたのだと思います。

 理想的な呼吸法を実践していれば、最大限の力を発揮できる!
という、つまり、マックス・パフォーマンス(ピーク・パフォーマンス)
を発揮できるのです。

========

 今日は、13日目で、琴奨菊は白鳳を破り、11勝2敗で、優勝を
ねらう成績を上げているようです。

 大関になればいいですね。

 たまたまの偶然かも知れませんが、白隠さんから伝わる呼吸法
は、確かに心が落ち着き、エネルギーが高まりますから、効果は
絶大です。

 ところで、最近では、フロー状態とか、ゾーンに入るとか、ワクワク
状態とか、心理学の研究が進むとピーク・パフォーマンスに至る
条件が色々考えれられてきます。

 最高の能力を発揮できて、そこに喜びの感情があり、奇跡の
ように、すべてが望ましい結果になる!

 最高の力が発揮できて、こころから感動できる奇跡の瞬間の時
は、自分ではなく、無限のパワーに後押しされたような、感覚に
なります。

 やはり、これも、白隠さんの「内観の四則」にある、真の自己、
懐かしい故郷、唯心の浄土、己身の弥陀に至ることが、根源に
至ることになり、無限のパワーに至ることになるのです。

 白隠さんの「内観の四則」です。

1、我此の気海丹田、腰脚足心、総に是我が本来の面目(めんぼく)
2、我此の気海丹田、腰脚足心、総に是我が本分の家郷(かきょう)
3、我此の気海丹田、腰脚足心、総に是我が唯心の浄土(じょうど)
4、我此の気海丹田、腰脚足心、総に是我が己身の弥陀(みだ)

 この四則の意味は、「わが気海丹田、腰脚足心にこそ、真の
自己が宿っているのだ。同様に、この下半身こそ、なつかしい
故郷であり、また阿弥陀仏である。それどころか、この気海丹田、
腰脚足心そのものが心の浄土なのである」

 これは、難しいという人は、毎日ワクワクすることを実践して
ください。そして、感謝を深めてくださいね。 

 ありがとうございました。

----------------
能力開発実践商品のご案内
能望の実践=氣のエネルギーの可能性の追求

スポンサーサイト