ですから、心身共にその効果は絶大なものがあります。


 琴奨菊は千秋楽で、優勝することはできませんでしたが、念願の
大関昇進の願いが叶いました。

 民放のインタビューには、「今場所はできすぎです。
人生が大きく変わります。」と、答えていました。

 彼は、自分の心の弱さを克服するために、スポーツ心理学の
大学教授を訪ねて指導してもらい、秋場所に臨みました。

 今晩、NHKのアスリートの魂「心鍛えて強くなれ 琴奨菊大関へ
の挑戦」という番組で、彼のことが紹介されるそうです。

 メルマガでは、読者の方から教えて頂いたことがきっかけで、
呼吸法を専門家から教えてもらっている力士がいる!ということで、
連載とも関連していたので、取り上げました。 

 それは、秋場所がはじまってから二日目のことでした。

 なぜか、短期間で夢が叶えることができたのですから、
呼吸法の威力の裏づけにもなり、後押しにもなります。

 さて、相撲は日本の国技なのに、最近は外国人力士が強さを
発揮して、横綱も、大関も、ほとんどが外国人の力士に独占されて
いました。

 ハングリー精神が根底にある外国人力士は、体力や気力も勝り、
それに比べるとひ弱な日本人力士には、立ちはだかる壁になって
いました。

 おまけに、八百長事件の発覚ですから、多くの国民は、私もそう
ですが、見る価値がなくなり、興味も関心も失せて、相撲界相続の
危機でもありました。

 ですから、関心のない人には、相撲なんて、どうでもいいことで、
相撲取りと一般人とは住む世界が違うのだから現実味のない例は、
取り上げるべきではない!

 と、思っている人もいることと思います。

 私も、初めはそのように考え、外国人力士の厚い壁は厳しものが
あるので、2~3ヶ月の呼吸法の実践で大関昇進は無理と思って
いました。

 ですから、呼吸法の威力には驚き、再確認しなければと、思って
いるのです。

 ここ一番という時に、実力が発揮できるのは、アスリートの課題で
もあり、それは、力士でも他のスポーツでも、一般の人でも何ら変わ
りはありません。
 
 そこで、短期間でも、そんなに効果が高まるものなのか?
丹田呼吸法の体験談をアマゾンの本の書評欄で調べてみました。

//////////////

呼吸法を毎日続けることにより、じつにさまざまな効果が得られる
とあります。

たとえば、感情をコントロールできるようになる、自然治癒力が付く
(子宮筋腫が嘘のように治った、近眼やアトピー性皮膚炎が治った
など)、自律神経のバランスを正常に戻す(副交感神経を活性化し、
内蔵の機能が高まる)、血液の循環をよくする、疲労回復が早くなる、

潜在意識からインスピレーションを受けやすくなる(企画力、即決
能力が高まる、自分の真の願いに気がつくようになる)、記憶力が
良くなる、集中力が付く、そして隠された自分の能力(潜在能力)
に目覚め、森羅万象を知り尽くした真我につながれる・・・。

そこで、2ヶ月前からこの呼吸法を1日30分ずつ(通勤途中で)
やってみたところ、朝が弱くて会社遅刻ぎりぎりまで起きられな
かったのが完全に直り、毎朝7時前に目覚ましなしですっきり
目覚められるようになりました。

早起きするのが楽しみになり、行動力や積極性が出てきたように
思います。大切なのは長く続けることのようです。

毎日30分時間をとるのが難しいので、通勤時間や眠る前の時間を
利用するなど、毎日続けるための方法を工夫する必要があります
が。ヨガとか気功をする元気のない人は、簡単にできる呼吸法
から始めると良いと思いました。

//////////////

あたり前の事ですが、人間はこの世に生まれ落ちた瞬間から呼吸
をしています。

この呼吸の上手下手で、人生に差がついてしまうとしたら、読まな
きゃソンだよなと購入。

「え?ほんとにたったこれだけで…」というのが正直読後の感想で
した。しかし、わかりにくい手順も道具も必用なく、ただ本書に書か
れてある通りに呼吸法を実践するのみという事だっので、とにかく
やってみたところ…まず寝起きの不快感がなくなり、短時間の睡眠
でも疲れが取れ、この季節いつも悩まされていたクーラーによる
肩凝りや腰痛が軽くなりました。

ついでストレスが減ったせいか、カリカリしていた人間関係が改善
され、二年程途絶えていた交友関係が復活したり、仕事上のちょっ
としたチャンスにも恵まれるなど周囲にいい事がどんどん起こり
始めたのです。

//////////////

二つの体験談に共通しているのは、朝の目覚めが、すっきり良く
なり、短時間の睡眠でも疲れが取れる!

 そして、ストレスがなくなり、心が前向きに、運気が上昇する!
ということです。

 これは、メルマガでの能望や五十音実践の多くの体験談とも共通
していることで、白隠禅師の丹田呼吸の本からも真実であることが
分かります。

 丹田呼吸は、長く息を吐き、二酸化炭素をできるだけ多く吐き
出すので、その分だけ大量に酸素が身体に入ってきます。

 満員電車の乗客がたくさん降りれば、それだけたくさんの乗客が
乗れるのと同じことで、肺の中の肺胞にびっしりたまっている二酸
化炭素を吐き出すのです。
 
 ですから、4倍~5倍の酸素が体内に入り、血液のめぐりも良く
なり、頭痛や肩こりも解消され、記憶力が良くなり、集中力も高ま
るのです。

 深呼吸を何十回も繰り返しても、それだけでは、二酸化炭素を
吐き出していないのですから、何の変化もないのです。

 理想的な呼吸法=丹田呼吸は1回で、4~5倍の二酸化炭素を
吐き出しますから、4~5倍の酸素が肺の中に取り入れられるの
です。

 それを10回も繰り返せば、40倍~50倍の大量の酸素が肺の
中に吸収され、脳にも、心臓にも、肝臓にも、腎臓にも、すべて
の細胞に血液を介して行き渡るのです。

 ですから、心身共にその効果は絶大なものがあります。

 ミトコンドリアの働きも活発になり、エネルギーも益々高まります。
 
 この様な効果があるのですから、真面目に取り組んだ琴奨菊が、
日本人力士が4年間も果たすことができなかった念願の大関への
昇進の夢が叶ったのです。

 今まで、この4年間には、琴奨菊以上に強くて有力な日本人の
力士がたくさんいたそうです。

 けれども、ほとんどがプレッシャーに負けて挫折していたとのこと
ですから、外国人力士の壁は想像以上に高かったのです。

ここで、難病指定の人が、呼吸法で治癒した例がありますので、
紹介します。白隠さんも難病を治して、高次の自己に会い、五百
年に一人の天才僧になっていますから、同じ呼吸法だと思われます。

========

2003年に、私は難病指定の「特発性両大腿骨頭壊死症」に冒され
右足に人工関節の埋め込み手術を受けました。

当時、自宅サーバーの立ち上げ、ホームページのリニューアル、
そして作曲の仕事が入っていたので、手術の時期を引き延ばし
ました。

両足の痛みを抑える為に、大量のモルヒネを服用するようになり
ました。 その結果、人工関節埋め込みの手術の麻酔が効かず、
術後の痛み止めも全く効かずに大変苦しみました。

退院後、手術のショックから鬱病を併発し、精神科に通うように
なりました。

2003年、私が「特発性両大腿骨頭壊死症」で手術を受けたのは
右足です。手術で受けた苦痛が余りにも大きなものだったので、
左足は手術を受けませんでした。

どういう訳か、右足を手術した時のショックから、左足の痛みが
左程ではなくなったのが理由です。

 しかし、それは甘い考えでした。

2005年4月に、左足の「大腿骨頭壊死症」の激痛が再発したの
です。医師は手術を勧めましたが、かつてのあの苦痛を思い出す
と、僕はとても手術を受ける気にはなりませんでした。

そうかといって、モルヒネを飲み続けることも死に繋がるし、脊髄
神経ブロックは通うのが大変です。

ぎりぎりの選択に迫られて、僕は若い頃から一生懸命修行した
ヨガの呼吸法を実践してみることにしました。

自分自身の経験から、呼吸に集中すると、肉体感覚が消えて行く
ことを知っていたからです。

私は座ることは出来ない身体障害者になっておりましたので、
仰向けに寝る「死のポーズ」で「ディープ・リラクゼーション」を
してから、手探りに足の患部が痛まない呼吸法を探求しました。

沢山の試みを続けたところ、クリヤ・ヨガの呼吸法を改良し、尾てい
骨に眠る「クンダリーニ」のエネルギーを意志の力によって動かし、
意識の焦点を特別なところに集中することにより、足の痛みが消え
ることを発見しました。

大発見だと思い、毎日何時間も何時間も、僕はその呼吸法に没頭
いたしました。

ある日、不思議なことが起きました。

呼吸がいつの間にか自然に止まり、自分の意識が純粋な状態に
なり、何もかもが美しく有り難く感じ、私の頭の中では雷鳴のよう
な声と共に、はっきりした意思が伝わって来ました。

その存在は「時空」と名乗り、「病気は治る」と僕に告げました。
その日を境に、左足の激痛は次第に軽減し、呼吸法を続けていると
自然に無呼吸状態になり、私と「時空」との対話が始まりました。

これは、まさしく「チャンネリング」に違いないと確信し、私は様々な
質問を意識の表面に浮かべてみました。

その度ごとに「時空」は的確な答えを返し、私が心から希求する
「アセンション」への道しるべを示すようになりました。

私はこの呼吸法に「クリヤ・クンダリーニ・アセンション・プラーナヤマ」
と名付け、知人の全盲の女性に呼吸法を指導しました。

現在、奇跡が起こり、この女性は「光」を取り戻しつつあります。

★クリヤ・クンダリーニ・アセンション・プラーナヤマ★

 奇跡の呼吸法です。

現代医学では治療不可能な難病の私が開発し、実践したところ
病気は完全に治癒いたしました。

全盲の女性にこの呼吸法をご指導したところ、奇跡が起こり、
彼女は視力を回復しつつあります。

どなたにでもご指導いたします。

この呼吸法の特徴は、ヨガの秘伝の呼吸法をいくつか組み合わせ
ている点にあります。

この呼吸法を続けていると、自分自身に不思議な現象がたくさん
起こって来ます。

その一つは自分のハイアーセルフとのダイレクト・チャンネリング
が可能となることです。

通常のクリヤ・ヨガの数百倍の効果があります。

是非、一度体験してみて下さいませ。

========

 通常のクリヤ・ヨガの数百倍の効果ですから、能望の高速反復
連続10回~20回と同じ効果だと思います。

 能望の連続10回でも、息が続く限り吐き出すことになり、本当に
死の一歩手前まで吐き出すことになりますから、大量の二酸化
炭素が吐き出され、これを何度も繰り返せば、通常の数百倍の
酸素が吸収されることになります。

 ですから、それに比例して莫大なエネルギーが出力しますので、
内在する高次の自己とのコンタクトが可能になります。

 自然治癒力も半端ではなくなり、根気良く継続すれば、難病も
治癒する可能性が高まります。

 弓の名人も丹田呼吸の達人で、息の吐き出しは、ほとんど死の
領域に入るほど徹底して吐き出していましたから、普段からの
丹田呼吸の鍛錬で、奇跡が当たり前になるほど、酸素や氣を体内
に吸収していたのです。
 
 空海の求開持法(くもんじほう)は、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
の真言を、一日一万遍唱え続け、百日間で、百万編唱える修行法
ですから、短期間に、数百倍の酸素どころか、数千倍の酸素とエネ
ルギーが体内に吸収されるのです。

 マントラは、音も伴いますから、これだけの実践は、光でも、
不思議な現象でも、奇跡でも何でも起きてくるのです。

 能望の高速実践も夢中になって何度も取り組めば同じ現象が
起きます。

 空海は1000年に一人と言われている天才ですから、能望
実践も、ワクワクしながら取り組んだ人と、義務的に取り組んだ
人との差が天と地ほども開いてきます。

 ですから、Mの封印を解くためにも、初心に戻って取り組んで
くださいね。

 ありがとうございました。  

----------------
能望の実践=氣のエネルギーの可能性の追求
能力開発実践商品のご案内

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事