高次元へと突入できれば完璧な現実化になります。


 連載が中断していましたが、続きを書きます。

≪Mのシステム=「ま・み・む・め・も」の封印を解く≫ その13

 メルマガでの「み」のつく言葉と言えば・・・ミクロの命数、ミネラル、
ミラクル、ミッション、命中の奥義、ミトコンドリア、ミリオネア・マインド、
三つの働き(身・口・意)=三密(サンミツ)・・・・。

「ミクロの命数」パート3

 今まで、中断していたので、おさらいのためにも、パート2の最後の
部分を掲載して、その続きを書きます。

========

 瞬息(しゅんそく)⇒弾指(だんし )⇒刹那(せつな)
 
 これらは、明らかに時間の単位なので、これらの命数を意識する
だけで、今の一瞬に近づくことができるようになります。

 多くの人は、過去の記憶に囚われて、未来の不安に怯えて今の
瞬間には生きていないのです。

 模糊 (もこ) ⇒逡巡 (しゅんじゅん)⇒須臾 (しゅゆ )のレベルで、
生きているのです。

 宇宙には、今のこの瞬間しかないのに、私達は本当の世界には
生きていないのです。

 ミクロの命数は、瞬間に生きるためのツールとして意図的に創られ
たものかもしりません。

 「瞬息」が素粒子の大きさで、「弾指」「刹那」はそれよりも小さいの
ですから、これらの言葉の意味からも、作者の意図が感じとれます。
 
 瞬息(しゅんそく)⇒弾指(だんし )⇒刹那(せつな)⇒六徳(りっとく)
⇒虚空(こくう)⇒清浄(しょうじょう・せいじょう)と、

 時間の単位とみなし、スパイラルシートの要領で心の深まりを
実践してみて下さい。

 これだけでも、時空は超越していますから、今の瞬間に限りなく
近づき、シンクロや神秘的な現象が起きると思います。

 あるいは、悩み事があれば、この六つの命数を意識してその悩み
事を清浄の中にいれて浄化して、吐く息とともにその悩み事を吐き
出してください。

========

 ここで、続きになっていました。

 ミクロの命数として、ある程度の輪郭が見えてきて、私が夢中に
なってスパイラルシートを創っていた時は、こんな有り得ない現象
が起きるはずがない!と、思いながら取り組んでいました。

 風邪の症状が一瞬になくなって元気になったり、歯痛や頭痛の
痛みが瞬時に消えたり、眼鏡が必要なド近眼の人が一瞬に裸眼
でも遠くの文字が見えるようになったり・・・・・・と、

 本当に、そこにいる病気の人ではなく、別人の人に代わったよう
にネガティブな現象が、ポジティブに変わったのですから驚きでした。

 あまりにも、マンガのようだったので、奇跡の度合いが並外れて
たので、無意識的にも敬遠するような状態になったのです。

 これは、その当時の読者からも多くの体験談が寄せられました
から、不思議な体験の記憶が残っていると思います。

 その時は気がつきませんでしたが、六徳からの命数の実践でも、
今の瞬間の分岐点にアクセスすることはできました。

 つまり、今の瞬間へ入る命中の確率は低かったのですが、何度も
繰り返すことにより、マグレ当りが起きることもあったのです。

 ですから、今の段階では、今の瞬間へ入ることが、誰もが再現
可能になり、より普遍的にすることが要求されているのかも知れ
ません。

 あの様な奇跡の現象を、誰もが、いつでもどこでも、当たり前の
ように現実化できるように、命数の中に、古代の叡智が残してくれ
たのですから・・・。

 誰かが、この奥義に早く気がついて、人類に貢献しなければなら
ないのです。

 例え50%の解明であっても、この封印を解く事は価値があると
思います。
 
 瞬息(しゅんそく)⇒弾指(だんし )⇒刹那(せつな)⇒

 これを、時間の単位とみなし、今の瞬間に入り、望ましい世界に
分け入る「分岐点」に至ることを意識するのです。

 そして、望ましいポジティブな現象が起きる世界を選ぶのです。
 
 そして、高次元の六徳(りっとく)⇒虚空(こくう)⇒清浄(せいじょう)
と・・・・へと、突入できれば、完璧な現実化になります。

 未来の望ましい方向を選択できる分岐点は、今の瞬間にあるか
どうかは、正確にはわかりませんが・・・。

 瞬息(しゅんそく)⇒弾指(だんし )⇒刹那(せつな)⇒と、
限りなく、今の瞬間に近づくことにより、至ることができます。

 ライフル銃についている照準をあわせるスコープ(望遠鏡)の様な
役割をしているように思います。

 パラレル・ワールドという言葉がありますが、宇宙の始まりの
ビックバーンの際に、同じような宇宙が並行(パラレル)に無数に
できたと言われています。

 そして、私達は、一瞬、一瞬に、自分の未来を、無数の世界から
選んでいるようなのです。

 「自分が変われば世界が変わる!」というのは、量子力学の世界
でも証明できるそうです。

 自分達は、一瞬、一瞬に、自分の望んでいる世界を選んでいる
かと言えば、それは必ずしも、そうではありません。

 絶対大丈夫!と思っても、無意識がその反対だったら、無意識に
負けて、大丈夫でない方向に、つまり、望んでいない失敗の世界に
移動してしまいます。

 この無意識は七識のマナ識になります。

 けれども、その無意識=七識のマナ識がミクロの命数にはないの
ですから、自分の意識だけで、コントロールすることができるのです。

 その時間軸が今の瞬間にあり、意識でその中に入り、自分の希望
する世界を自分の意識で選択できるのです。

 スパイラルシートでの色々な奇跡の体験はこの時間軸での選択が
あり、高次元の世界に入っていたのです。

 次回に続く。

----------------
能力開発実践商品のご案内
ミクロの命数


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事