天は意識レベルを向上させて魂を向上させることには応援してくれるのです。


このプロジェクトに、4ヶ月~5ヶ月前に登録された人達のメールを
頂いておりましたので、まとめて紹介します。

 この人達は、もうすでに、大きなグループになっていますが、最近
登録された方も、人様の成功を祈っていれば、必ず奇跡が起きます。

 組織の上にいる人達は、組織の下にいる人達に感謝を深めて、
下の人達の成功を常に祈ってくださいね。

 自分の成功の願望よりも、人様の成功の願いは、より高い確率で
叶いますから、人様の成功を願うのです。

 それが、順々に相乗効果が生まれて、奇跡が起きて、グループが
いつのまにか拡大して行くのです。
 
 それでは、まとめて紹介します。 

//////////////

鈴木公一様

こんばんは。ご無沙汰しております。
この会社にに登録させていただいてから、4か月になります。 

本業が忙しくてノウボウをとなえることくらいしかできていませんでした。
商品も今になってようやく試そうというところです。

最近、メルマガで、この会社と思われることが話題になっていました
ので、自分のHPを確認したところ、なんと25人も傘下に付いている
ではありませんか。(付けていただいたのですね。)

積極的なことは何もしていないのに恥ずかしい限りですが、将来の
ことを考え、通勤の車中ではコツコツとノウボウを唱えていこうと
思います。

本業で大変なことが予想されるとき、確かに気持ちが落ち着きますし、
和を土地に埋めたりすると私が担当した現場では物事がスムーズに
進んでくれることが多いですね。

簡単ではありますが、お礼方々ご報告まで。

//////////////

鈴木様

メルマガいつも楽しい気持ちで拝読しています。
〇〇の〇〇です。

メルマガを読んでいると自分でワクワクしているのが分かり幸せな
気持ちになります。

この会社の製品はシャンプーとトニックを使っていますがとても
良い製品ですね。

今まで市販のシャンプーを使っていましたが髪が乾くと頭皮が痒く
なっていましたが今は、この会社のトニックでマッサージをして
その後指先でポンポンと軽くたたいて刺激を与えるとトニックが
浸透していくようで気持ちいいです。

何より痒みがなくなりました。

後、組織図が拡大していくイメージを寝る前にしていますが、私の
場合は下に付いていただいた方のところに桜のつぼみが芽吹き
さくらが花開くようにイメージしています。

それと組織図を見ていますと、自分はみなさんに支えられている
んだなと思えるので意識も上がると思います。

ありがとうございました。

//////////////

鈴木塾長、こんばんは。〇〇です。

毎日、会員画面を見るのが楽しみになっています。

ドンドン助け合いの和が拡がって、楽しいですね。
毎日パソコンを立ち上げるが、楽しみの一つです。

歯ブラシを購入したのですが、歯の隙間の食べ残しがスッキリ
お掃除されて、気持ちよいです。

また、金粉の歯ブラシと言うのも豪華ですね。

鈴木塾長、もし僕にお手伝いできることがあれば、教えてくださいね。
塾長やグループの皆様のお役に立てできれば、光栄に思います。

 神戸の〇〇さんの写真を見ました。

すごいですね。しっかり黒い毛が生えて、勢いがあります。

身近な体験を共有していただいて、有難い気持ちでいっぱいです。

僕も健康の仕事をしているので、自信を持ってお客様に教えること
ができます。

塾長のお蔭で、1人ではできない人のつながりを感じています。
グループの力が結集すると偉大ですね。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

〇〇 〇〇

//////////////

鈴木塾長、おはようございます。 〇〇の〇〇です。

〇〇の製品は、当然、最高の健康食品だと思いました。
健康食品というと、口から入れるサプリメントや水だけだと思って
いました。

口で入れるより、皮膚から取り入れる方が表面積も大きいし、
吸収率も高いと聞いたことがあります。

この会社の製品をシャンプーからボディソープまで使うと、
体表面のほぼ全域から漢方成分を吸収できます。

経口からよりもはるかに吸収率が高いと思います。こういう風に
アイデアが湧きがった時、健康食品は必要ないと思いました。

〇〇は、健康維持にも活用できる、最高の日用品ですね。
このような最高の製品、会社を教えて頂き、塾長には感謝の
気持ちでいっぱいです。

いつもありがとうございます。

//////////////

 皆様、メールありがとうございました。

 「忘己利他」(もうこりた)という言葉があります。

 この言葉の意味は、自分を忘れて他人のためにつくすことを
いいます。

 現実の社会では、これが一番難しく、自分がかわいいから
どうしても、自分を第一に考え、自分が得をしよう、自分が楽を
しようという気持ちが先に立ちます。

 ですから、相手を気づかう気持ちは二の次三の次になるのです。

 他に利益を与えるからといって、自分は不利益をかぶり、不幸に
なるということにはなりません。

 他人を幸せにすることで、自分も幸せになれるのです。

 以前、メルマガにも紹介したことがありますが、地獄、極楽を
探訪した現場報告記があります。

//////////////

 地獄を見に行ったときは昼飯時で、食堂に入ってみると、テーブル
の上にどんぶりや鉢が並び、山海の珍味が山盛りになっている。

地獄の亡者に沢山のご馳走が出るとはおどろきだと感心し、さて
テーブルの両側にすわっている亡者たちをみると、みんな骨と皮
ばかりにやせこけ、目はくぼみ、真っ青な顔をしてガツガツしている。

 沢山のご馳走があるのに、何でこんなにガツガツしているのだろう
と不思議に思ってよくみると、左手は椅子にくくりつけてある。ハハア、
人間というのは自分の椅子を離れたがらないものだ。

地獄の椅子でさえ離れたがらないのだから、すわり心地のよい代議
士や大臣の椅子は手離したくないんだ、と思った。

右手は? とみると、右手にはスプーンがしばってある。オヤ、食い気
も離さんとみえる。

 ところでこのスプーン、長さが1メートル以上もある。なるほどどんな
遠くにあるご馳走もすくいあげる気だなと感心した。

 やがて食事となった。するとどうだろう。長いスプーンで好きなモノ
をすくい上げるまではよかったが、いざそれを口に入れようとすると、
スプーンが長くて口に入らない。いやはや、見るにたえない光景と
なった。

沢山のご馳走を目の前にして、地獄の苦しみとなった。

 気分直しに今度は極楽の食事風景をみに行った。

食堂は地獄と同じようで、テーブルにはやはり山海の珍味が山と
盛ってある。スプーンの長さも1メートルある。

ただ違うのは両側にすわっている人たちがみんなふくよかで、
ニコニコしている。

 どういう食べ方をするのか、と不思議に思っていると、感心した。

 さすがは極楽の住人ですよ。ご馳走を自分の口に入れるには
長すぎるスプーンだが、向かいの人の口に入れてやるにはちょうど
いい長さである。

 相手を生かすことによって自分も生かされる。まことにすばらしい
共生きの世界である。

 社会の仕組みは全く同じであっても、そこに住む人の心構えや
生活態度によって、地獄ともなれば、極楽ともなる。

 「オレが」、「オレでなくては」、「オレなればこそ」といって個我の
執着にひきずりまわされ、取る、奪うを最高の生き方と考え、かえ
って自らの成長、繁栄を自ら阻害して、もがき苦しんでいるのが地獄。

 一方、与える心、施す心、恵む心をもってお互いが生かされる
無我を基調とする福祉社会こそが極楽。私はしみじみそう感じた。

    (佐藤俊明著『禅のはなし』現代教養文庫)

//////////////

この種のビジネスで、99%の人は、個我の執着にひきずりまわされ、
取る、奪うを最高の生き方と考えるから、もがき苦しんでしまうのです。

 そして、世間の人に嫌われ、友達をなくしているのです。この様な
意識レベルの低い取り組みでは99%の人が失敗します。

 私達のプロジェクトは、与える心、施す心、恵む心をもって、お互い
が生かされる無我を基調とする福祉社会こそが最高の生き方と考え
ています。

 ですから、「弱者救済プロジェクト」と命名したのです。

 このプロジェクトは、参加者の全員がワクワクして健康になり、
お互いを助けて収入が得られるシステムになっています。

 前回のメルマガでも紹介したように、私達のグループでは、時間の
経過と共に、順々に収入を得られています。

 あと、何年も先だと思っていた人でも、半年程度で、収入が得られ
るようになり、そんな人が何人も出てきています。

 ワクワク、ウキウキするためにも、環境を破壊して、生体に毒で
ある市販の日用品から、この会社の製品に、自分のできる範囲で
買い換て行くだけで、収入が得られる仕組みが拡大しているのです。

 天は、意識レベルを向上させて、魂を向上させることには応援して
くれるのです。

 少しずつでも、買い続けていると、収入が得られるポイントになり
ますから、安価で良い製品に徐々に買い換えて下さいね。

 能望スパイラルの実践で、潜在意識を浄化して、心を深めて
奇跡を起こす人がたくさん出てきますから、組織は時間の経過と
共に大きくなります。

 みんなができることを、自分のできる範囲で取り組み、お互を助け
て行くのです。

 私は何もできない!と、思わないで下さい。シャンプーを一つ、
歯ブラシ1本でも、買い換えることが、自分のできる範囲で取り組み、
お互を助けて行くことになるのです。

 利他とは分かりやすく言えば、「世のため、人のため」になる行為
です。

 このプロジェクトは、「忘己利他」の精神で取り組めば、必ず成功
するようになっています。

 ありがとうございました。

スポンサーサイト