あなたの魂が偉大であればあるほど高いハードルの試練をプログラムしている


 前回のメルマガには、会社名が入ってしまいました。10月1日から
のメルマガにも会社名や商品名が入っていると思います。

 ブログで発行する際には、くれぐれも、会社名は〇〇に商品名も
〇〇〇にして下さいね。

 それと、現在のメルマガの内容からコピーしてブログにしても、
読む人は何がなんだか分かりませんので、10月1日から順番に
発行してくださいね。

 ブログの発行はかなりの効果があり、実践している人達は、今年
になってからもグループを拡大されています。

 しっかり読むだけでも、意識が変わりますから、多くの人を成功へ
導くこともできます。

 さらに、組織図を見て、気づいたのですが、愛用者登録をされて
いる人で、組織が大きくなり、収入が発生すると思われる人が何人
もおります。

 ご自分のHPで、組織図を確認してください。

 この種のビジネスでは、99%の人には有り得ないことなので、
ご自分がまさか収入が得られるなんて!!と、思われている人が
ほとんどかと思われますが、このプロジェクトでは、あり得ること
なんです。

 会社勤めをしていて収入が入ると問題が起きる!という人は
そのままの愛用者登録のままでOKですが・・・。

 収入を得たい!という人は、ビジネスの登録にして下さいね。
登録には身分証明書のFAXが必要ですが、ビジネスの登録
無料ですので、速やかに行ってください。

 会社に連絡すると親切に対応してくれますよ。

//////////////

 さて、人間は、魂の向上のために、この世に生まれているため
なのか、この世に生まれる前に、試練や苦しさのプログラムをイン
プットしていて、この世では、そのプログラムを定期的に作動して
いるようなのです。

 生まれる前に、前世で、できなかったことを、今世に宿題として
持ってくる!というのは一般的な考え方で容易に理解できますが・・・。

 つまり、魂は、生前にあらかじめ、人生のシナリオを書くのですが、
何事も順調に行くと魂の向上が見られないので、ありとあらゆる
困難を途中に入れるのです。

 まるで、小説やドラマのように、色々な試練が待ち構えていて、
一難去ってまた一難!という状況になるのです。

 人生が、順風満帆に行く人がいないのも、この説は正しいように
思います。

 昔の偉い僧は「我に艱難辛苦」を与えたまえ!と願い、そして、
「願わくば、我に 七難八苦を与えたまえ!」と、豪語した武将も
いました。

 このレベルになると、人生を達観していますから、自分と魂との
関係や、魂の意図が分かっていたようにも思われます。
 
 このように、無意識の中に、生前の魂のメモリーの中にインプット
した、魂の向上のための試練のプログラムがあるので、簡単に成功
させてはくれないのです。

 順風満帆に成功したとしても、必ず落とし穴があります。

 本人の意識では気づかなくても、目に見えないブロックが何重にも
存在し、不幸になる状況、試練や苦しさ、そして、尽きることのない
悩みごと等、自分の魂の向上のために、実に巧妙にプログラム化
されているのです。

 何世代にも渡ってのプログラムもあり、あまりにも激しいのは、
自分の性格や習性に、普通の人とのかけ離れた違いを感じる時に、
魂の意図や自分が生まれた目的など察知する時もあると思います。

 あなたの魂が偉大であればあるほど、高いハードルの試練を
プログラムしているようなのです。

 輪廻を卒業した魂は、さらなる次元の高みに行くのですから、
私達のこの世での価値観とはかなりギャップがあるようなのです。

 若いときの苦労はお金を出してもしなさい!とか、獅子は、我が子
を千尋の崖に突き落とす!かわいい子には旅をさせなさい!

 という言葉もありますが、これらは、長年の言い伝えであり、真理
でもありますから、魂のプログラムとも関係していると思います。

 しかしながら、人生は苦労の連続で終わってしまうことが、あの世
に行ったら、魂のレベルが向上して、充実した人生だったのかも
知れませんが・・・・。

 この世においても、プログラム通りの厳しい試練を乗り越えなく
ても、魂のレベルを向上させることができます。
 
 それは、一連の魂のシナリオの試練に、気づくことで、生前にイン
プットしたプログラムを修正することも可能になるのです。

 それが、能望の実践であり、この世にいながら、意識を高次元に
もって行けるスパイラルシートの実践なのです。

 「我に艱難辛苦」を与えたまえ!「願わくば、我に 七難八苦を与え
たまえ!」というのは、陰陽の極に自分を追い込み、陰陽の逆転を
期待していたようにも思われます。

 運命とは、命を運ぶことですから、人生の試練に気づいて命を運ぶ
源流に、この試練を意識で運び、陰陽を逆転させるのです。

 最悪の事態の時は、その最悪の極が極まれば、最善になります。

 能望の実践も、スパイラルシートの実践も、その極が極まれば、
意識は高次元に行きますから、同じ原理になります。

 そして、臍下の一点に試練の意識を鎮めることを常に意識する
のです。
 
 試練の渦巻きの中にいる時は、苦しくて、ただつらいだけで、
失うことばかりで、何の得ることもないように思います。

 こんな辛い目を二度と経験したくない!と、思っても・・・。

 3年後、5年後、そして、10年後に振り返ってみると、それが、
貴重な体験だったり、懐かしい思い出だったり、

 あの試練がなかったら、今の自分の存在はない!というような、
その試練が人生のターニングポイントになることもあるのです。

 ですから、今の目の前にある困難は、自分の魂が書いたプロ
グラムで、自分が試されている試練である!と、気づくことです。

 そして、臍下の一点の奥にある『命の源流』に、その辛い思いを
鎮めるのです。
 
 ありがとうございました。

----------------
≪弱者救済のプロジェクト≫のお知らせ!!

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事