21の数字を意識して内なる無限の龍のパワーを呼び越し奇跡を起こして下さいね。


 昨日、大相撲の横綱白鵬は、鶴竜に負けて、全勝に土がつき
ましたが・・・・。

 今まで鶴竜は、横綱白鵬には20回対戦して一度も勝ったことが
なく、今回、21番目で、やっと勝てたそうです。

 21という数字と、竜が、ここでも出てきました。

 21は今年のキーワードになり、この大相撲の例のように大きな
壁を、この数字なら破れる!奇跡が起きて、不可能が可能になる!

 というメッセージのように思います。

 21を意識すると、内なる龍のパワーが全身にあふれ出し、
その無限のパワーが高次元にも行き渡り、不可能が可能になる
のです。

 どうぞ、皆さんも21の数字を意識して下さい。能望を実践して
いる人は、エネルギーが湧いてくると思います。

 21の数字を意識して、内なる無限の龍のパワーを呼び越し、
奇跡を起こして下さいね。 
 
 さて、感謝の投稿を頂いておりますので紹介いたします。

//////////////

鈴木 様

いつもメルマガ拝見させていただいております。
以前も、〇〇〇の体験をメルマガに載せていただきました。

ありがとうございました。

今日、組織図を見たら、一人つけていただいていました。

信じなかったわけではありませんが、本当に下につけて
くださっているのだと思い、感動いたしました。

ありがとうございます。

これからも〇〇〇製品を使い続けていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
取り急ぎ、御礼まで。

〇〇 〇〇

//////////////

メールありがとうございました。

 こればっかりは、相手の意思もあるので、下について見ないと
分からないのです。

 下につく人は、私のところへ登録を希望されて申し込んでくる
のですが、色々な理由で、ドタキャンしてしまう人もいるのです。

 ですから、会員の人も、下につく人も、双方の思惑やタイミング
もありますから、なかなか思うように行かず、難しいものがあります。

 できるだけ均等になるように皆さんの下につけるようにしており
ますが、裾野が広くなると思うように行きません。
 
 私も初めは簡単なことと思っていましたが、大げさかも知れ
ませんが、運命を左右することにもなるので、一筋縄では行か
ないのです。

 天は自ら助けるものを助く!なのか?何も努力をしない人を
勝手に助けては行けない!

 とでも、言っているかのように、5人つけても、6人つけても、
いっこうに、下につかない人が、何人もおられるのです。

 このことがあるので、みなさんにも、できることから活動を
はじめてもらっているのです。

 できること、と言っても、人に嫌われることではなく、人に喜ばれ
感謝されることです。

 基本的には、愛用者の方も、ビジネス先行の方も、日用品は
この会社の製品に買い替えることが、このプロジェクトに対する
貢献であり、地球の環境と尊い命に対する貢献になります。

 購買組織ですから、自分のためばかりでなく、皆さんのことを
考えて、自分のできる範囲で、毎日使っている日用品を、この会社
の製品に買い替えることが何よりの貢献になります。

 自分が買うから上の人が潤い、自分のグループができたら、
下の人が買ってくれるから、自分も潤うのです。

 その流通の流れを自分でストップしてしまっては、自分が組織を
崩壊していることになるのです。

 半年、1年と経てば、現在組織の底辺の人達の誰れもがグループ
の上になるのですら、お互い様になるのです。

 ですから、誰もが感謝しながら貢献することが大切なのです。

 例えば、年金の保険料を毎月25年間収めるから、年金が
もらえるように(今まではもらえても、これからは怪しいです。)
このプロジェクトも、普段何気なく使っている日用品を購入する
から、将来、年金がもらえるのです。

 現代の社会では、日用品は毎日使うものですから、公共料金
の様なものです。

 ですから、年金のように、余計な現金を捻出する必要もなく、
普段使っている日用品を買い替えるだけでいいのですから、
無駄な出費はしなくていいのです。

 毎月定型的に買う!という無理強いもしませんし、必要のない
ものを買う必要もないのです。

 2ヶ月に一度でも、3か月に一度でも、自分のできる範囲で、
日用品を、この会社の製品に買い替えるのです。

 そして、ビジネス先行の方は、ブログを発行することが、貢献に
なります。これで、人が嫌がることをしなくても、ビジネス活動を
することになるのです。

 この様なブログで活動している人達のグループは、貢献度が高い
ので、人もつきやすくなり、グループは大きくなっているのです。

>今日、組織図を見たら、一人つけていただいていました。

>信じなかったわけではありませんが、本当に下につけて
>くださっているのだと思い、感動いたしました。

〇この人の成功を願い、このプロジェクトに貢献してくださいね。
半年、1年と根気強く活動すれば、誰でも成功できます。

 来年の今頃は楽しみですね。

>これからも〇〇〇製品を使い続けていきたいと思います。

〇そうですね。それが立派な貢献になります。

 あなたは、もう少しのポイントで、一段階上になるので、報酬を
得られる時に、今までとは、倍の額になります。

 たくさんの製品を使われているので、自信をもって活動できる
ことと思います。

 ですから、あなたからの大きなグループを作ることをイメージ
して取り組んでくださいね。

>今後ともよろしくお願いいたします。

〇こちらこそ宜しくお願いします。

ありがとうございました。

----------------
・愛用者登録・ビジネス登録の「参加申込みフォーム」

・弱者救済のプロジェクト「お問い合せフォーム」

スポンサーサイト