虚空蔵の真言=能望を実践すると無限の叡智も無尽蔵の富も得られるのです。


 1800回とは、岩戸(いわと)一八十が10回開く!という意味にも
取れます。

 現在取り組んでいるプロジェクトは、今までのメルマガの理論の実践・
応用ですので、皆さんが理論通り、心のブロックさえ取り払って頂け
れば、かんたんに成功できるのです。

 現代の岩戸(いわと)が開く! とは、神話の話ではなく、心の扉が
開いて心がオープンになることです。

 その扉の奥には、無限の叡智も無尽蔵の富も眠っているのです。

 ですから、本来の自己=大いなる自己が、無限のパワーを用意して、
あなたのコンタクトを、今か今かと、待ちわびているのです。

 つまり、大いなる自己は、あなたが、心の扉をノックして、扉を全開
してくれることを、痺れを切らして待っているのです。
 
 ところが、心の表面にいるマナ識が、エゴの欲やねたみや恨みなど、
マイナスの要因でブロックしてしまい、つまり、心の岩戸(いわと)が、
何重にも分厚くガードされて、完全に閉鎖されているのです。

 メルマガでは、このような内容のことを何度も何度も、それこそ
何百回も書いてきました・・・・・。

 それでも、何かの願望に取り組み、壁に突き当たっている当事者に
ならないと、なかなか気づかないものです。

 今回のような、プロジェクトは、今までのメルマガでの理論の応用・
実践になりますから、グループが拡大する人は、どんどん大きくなる
のに、その反対に下に付かない人は、上から何人もつけようとしても、
全然付いてもくれない!

 本当に不思議なくらい、いつまで経っても、一向に増えてはくれない
のです。

 ここで、はじめて、自分の心のブロックに気づくのです。

 心の浄化を普段から実践しておけばよかった!と、思っている人は
少なからず、おられると思います。

 気づくことに遅すぎる!ということはないので、1年かかっても、3年
かかっても、心の浄化を実践して下さい。

 1800回とは、メルマガを初めから読んで、能望を基本に、色々な
方法を実践していれば、10回も心の岩戸(いわと)が開くことができ
ますよ!というメッセージなのかも知れません。

 メルマガの内容からも、この種のビジネスで通常行われている、
意識レベルが下がる!人の迷惑になる!人に嫌われる!という
取り組みは決してしません。

 そんな取り組みをすれば、今までのメルマガの理論の実践・応用
にはならないし、成功する人は出現しないと思います。

 エゴが先行して、私利私欲に走れば、足を掬(すく)われ、元の
木阿弥になり、決して成功できない!と、何度も書いてきました。

 意識レベルを高め!人様に喜ばれて感謝される!自分も成長
できて!社会貢献ができる!

 この様な展開でなければ、成功は難しいので、一刻も早く素直で、
純粋な心になるように、浄化してくださいね。

 このメルマガでの心のブロックの外し方の基本中の基本は能望
の実践です。

 そのために、このメルマガを書いてきたようなものですから、
実践すると、しないとでは、雲泥の差になります。

 能望を唱えているだけで、何もしなくても100人のグループが簡単
にできる人と、一所懸命に活動しても、一人も下に付かない人も
おります。

 一歩も踏み出していない人も中にはいると思いますが、せっかく、
誰でも成功できる簡単な方法があるのですから、もったいない話
です。

 誰でもできる簡単な方法なのに、実践するか否かでは、100対1、
つまり、100倍以上の差がでることが、はっきりしています。

 これは、初めからわかっていたことですが、今の段階でも、100倍
どころか、200倍、300倍、500倍と、差が出ていますから、今後も、
その差は益々開いていくと思います。

 ですから、成功したいのなら、余計な考えを持たずに、素直に
なって、ひたすら能望の実践をお勧めします。

 ビジネスとは、本来、人の悩みを解決したり、人を助けたり、人を
幸せで豊かにするためのものです。

 その結果として、お金が後からついてくるのです。

 そのようにならないと、取り組む意味がないのです。
 
 虚空蔵の真言=能望を実践すると、無限の叡智も、無尽蔵の富も
得られるのです。

  ですから、何でも成功できる鍵になるのです。
 
 過去の能望に関してのメルマガです。

//////////////

 アカシック・レコードの語源は、この虚空蔵菩薩の名前から来て
います。

 虚空蔵菩薩は、サンスクリット語で「アーカーシャガルバ」と呼ばれ
ています。

 アーカーシャは「虚空」という意味です。

 空海は、その虚空の空間に入ると「五大に響きあり、十界に言語を
具す」(物質と精神には響きがあって、それぞれに言葉を用意している。)

 と、言っておりますが、「虚空蔵」のアーカーシャの中には、無限の
叡智と、その叡智から導かれる無尽蔵の富が蔵していることを示唆
しています。

 虚空蔵菩薩の真言「ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャ
マリ ボリ ソワカ」の意味を推測してみます。

・ノウボウ アキャシャ の意味は「虚空蔵菩薩に帰依します。」

・ギャラバヤ オン アリキャ マリ ボリの意味には、虚空蔵菩薩の
功徳からも、「無限の叡智と無尽蔵の富」の意味が含まれている
ように思います。

・ソワカは、成就する、達成する、という意味になります。

 ですから、「虚空蔵菩薩=アカシック・レコードに帰依してつながれ
ば、無限の叡智と無尽蔵の富が得られるので、心から祈念します。」

 と、このような意味になると思います。

 1000年以上も封印されてきた求聞持法ですから、正確な意味は
だれも知らないので、推測してみました。

 空海が実践した求聞持聡明法というのは、この真言を100日かけ
100万回唱えるというもので、これを完遂した者は「あらゆるものを
記憶」出来るといわれています。

 空海は、虚空蔵菩薩に帰依して、一体化を切に願い、ひたすら
委ねて全身全霊で虚空蔵菩薩に溶け込み一体化したのです。

 潜在意識を浄化して自分を殺し、命がけで徹底した意識の深まり
を追求した実践が、百万遍という回数になっているのです。

 古代サンスクリット語は、この虚空蔵=アカシック・レコードにアク
セスすることができる唯一の言語だったという説もありますので、冒頭
は「南無」を使わすに、古代のサンスクリット語の「南牟」(ノウボウ)
を使っていたものと思います。

 空海は大画面の図像(曼荼羅)を唐から持ち帰った後、転写本を
作るなど忠実なさて、この真言は、ムー大陸からきたものです。

 ムー大陸の人々は、何万年もの試行錯誤と彼らの叡智の積み重ね
で、「のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おん ありきゃ まりぼり そわか」

  という音の組み合わせを、声に出して唱えれば、宇宙の虚空の
響きに共鳴し、虚空の蔵(アカシック・レコード)にアクセスできて、
宇宙の虚空蔵から、無尽蔵の智慧と富を引き寄せられるということを
発見したのです。

 インドでは、虚空蔵のことを「ブラフマン」と言い、智慧の女神、
富の女神がいるとも言われております。

 「虚空蔵」に「アカシック・レコード」に「意識のテータベース」、
アインシュタインの「統一場」、ディビット・ボームの「内臓秩序」、
そして、仏教の「涅槃寂静」これらは、同じ概念になります。

 これらは、量子力学的な概念がなければ、生まれない言葉です。
ですから、アジアの古代の文明よりも、はるかに遡ったムー文明を
想定したのです。

 「虚空蔵」のアカシャに働きかける、ミクロの素粒子のレベルから
極大のレベルまで、森羅万象の無数の組み合わせから、宇宙の扉
を開く、 「のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おん ありきゃ まりぼり
 そわか」という言葉=キーワードを選び出したのですから、計り知れ
ない叡智です。

 アインシュタインもディビット・ボームも現代の最先端の科学者も
解明できないのに、

「のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おん ありきゃ まりぼり そわか」

 という言葉の響きで、働きかけて、宇宙の扉を開いたのですから、
ものすごい叡智だと思います。

 現代の人類の最先端の科学よりも、1000年も進んでいた科学
だからこそ解明できたのでしょう。

 空海の「三教指帰(さんきょうしいき)」に、この真言を百万編、
誦すれば大変な暗記力を得られるとあり、虚空蔵求聞持法の説明
にも智慧や暗記力ばかりか、あらゆる財宝を得られる功徳、大願
成就の功徳があるとされています。

 日蓮も12歳の時に「日本第一の智者となさしめ給へ!」と、21日間
の願掛けをされて、求聞持法を実践され、虚空蔵菩薩様から宝珠を
頂かれた!という伝説があります。

 昔の名立たる高僧は、偉大なる空海の業績を熟知していたので、
この求聞持法の実践をされて頭脳を開花されたものと思われます。

 この手法は、真言宗の長い歴史の中で、門外不出の秘伝中の
秘伝であり、様々な縛りや制約を設けて、一般の人には取り組め
ないようにしてきました。

 1000年の封印が解けて、現代の私達が知ることになったことも
奇跡の様なもので、私は、「10世代生まれ変わっても能望には
巡り会うことができないほどの奇跡です」と言ってきました。

 また、ムー大陸の人々は、この言葉を唱えることにより松果体が
振動して、脳内ホルモンが分泌し、この実践に伴い、勢いよく鼻
から息を吸えば、体内で一酸化窒素が効率良く生産される!こと
も、高度なコンピユーターか何かで分析してこれらの言葉を抽出
してたのです。

 現代の最先端の科学でも不可能なことです。

 各種の脳内ホルモンは、特に奇跡のホルモンであるメラトニンは
強力に活性酸素を撃退し、老化を防止して、いつまでも若さを維持
できるのです。

 一酸化窒素も、万病から身を守り、血管や臓器の機能を高め、
副作用もなく何よりも効果的に働いてくれるのです。

 その他にも、血液の中を最上のホルモンが巡り全身の細胞に行き
渡り、細胞間の好ましいコミュ二ケーションが盛んになるのです。

 さらに、氣のエネルギーが全身に巡り、生命力が向上し、心身とも
に良くなり、毎日、病気の心配をすることもなく、元気で明るく過ごす
ことができるのです。

 私の知識では、ムーの人々よりも、1000年も遅れているので、
この程度の分析しかできないのですが、科学が進歩すれば、まだ
まだ、とんでもない奇跡の働きや効果がいくつも明らかになると
思います。

//////////////
 
 過去の文章を読んでいて、益々確信が深まってきます。
 
>「虚空蔵」に「アカシック・レコード」に「意識のテータベース」、
>アインシュタインの「統一場」、ディビット・ボームの「内臓秩序」、
>そして、仏教の「涅槃寂静」これらは、同じ概念になります。

〇この概念は、内在神=『大いなる自己』の概念でもあります。
 この確信を深めて、新たな気持ちで取り組んで下さい。
 
 ありがとうございました。

---------------
・価値ある製品の愛用者登録&ビジネス登録の
「参加申込みフォーム」「お問い合せフォーム」

※MLには、私が無料で招待します!

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事