能望の高速実践は高速大量学習になりますから右脳を刺激するのです。


 “石の上にも三年” “桃栗三年・柿八年” ということわざがあります。

 どれも、最低でも三年は辛抱しなさい!早急に物事は成らない!という、戒めが、これらのことわざにあります。

 ロバート・キヨサキ氏は『21世紀のビジネス』で、この種のビジネスは、5年間続ければ、ほとんどの人が成功できる! と、断言しています。

 これは、続けることさえ出来れば、誰もが成功できるのに、ほとんどの人は、半年足らずで、あきらめて、挫折してしまうからです。
 
 西洋文明の洗礼を受けている現代人は、すぐに見切りをつけてしまい、じっくりと、取り組むという習性がなくなっているのです。

 子供の成長を考えても、小学校に入ってから、高校や大学を受験するまでの学校教育でも、「効率的に、簡単にできる方法」の追求であり、その子の能力の養成ではなく、効率が最優先する左脳教育になっています。

 生徒がじっくり物事を考える!と言うよりも、小刻みの単元を目まぐるしく取得させて、生徒を急き立てている!のが教育の現状です。

 一つのことをじっくりと取り組む!という効率の悪いことは絶対にしないのです。

 江戸時代は、“読書百遍意自ら通ず”として、子共に何度も何度も同じことを繰り返させ、子供の頭を良くしながら学問をさせ、世の中でも立派に活躍できる人間を養成してきたのです。

 読書百遍とは、同じものを百回読む!ということです。

 こんな方法は、現代人なら、とてもとても、効率が悪すぎて、絶対にする気にもなれないのです。

 そんなことをして何になるんだ!同じものを百回も読むなんて時間のムダ、それよりも、新しいことを次々に学習したほうが、よっぽど、役に立つ!と、言わんばかりに、文科省は小刻みの単元を目まぐるしく取得させているのです。

 ところが、読書百遍を実行すると、意味が自ずから分かってしまう!ということは、右脳を鍛えることになるので、この学習法を続けることにより、ほとんど教えなくても子供達は、頭が良くなり、解決方法がわかるようになるのです。

 どんなに難しい問題でも、すらすら解けるようになるのです。

 右脳は左脳の100万倍の容量ですから、問題解決能力も、100万倍ですから、左脳の頭で覚えられなくて成績が伸びなくて困っている子供に比べると、天と地ほどの差になるのです。

 私は、子供達が、左脳のままだと、知識が覚えられなくて、覚えるのに苦労しても、すぐに忘れるので、本当にかわいそうなので、左脳から右脳に変えるように指導していたのです。

 右脳になると、何にでも機転が利いて、1を教えるだけで、10も20も学ぶことができるのです。右脳の子は、テストでは、ほとんど100点満点になってしまうのです。

 ところが、現代は、効率を最優先させて、教科書の単元なども、最小限の量で学習させているので、学習法も、ぺらぺらと、簡単なワークに書き込むだけの、薄っぺらな左脳しか使わない教育なのです。

 教材も子供達の手間を省くような、至れり尽くせりの左脳中心のものばかりですから、便利な分だけ子供達の脳を腐らせているのです。

 塾でも、家庭教師をつけても、学校と同じ左脳学習では、ますます、子供達の頭が悪くなり、じっくりと物事を考えられないせっかちな人間になってしまうのです。

 せっかく、子供達は、右脳の天才の頭で小学校に入学しているのに、ほとんどの子供が左脳しか使えない記憶力が弱い、可愛そうな頭の悪い普通の子になってしまうのです。

 社会に出てからも、左脳社会ですから、効率化、短略化で、すぐに目に見える結果がすべてで、1ヶ月で結果を出さないと、長くても3ヶ月、半年なんて待ってはいられないのです。

 左脳は、せっかちですから、3年、5年、10年という長期間のスパーンで物事に取り組む過程が許されなくなっているのです。

 そして、結果がすべてで、その過程は、どうでもいいのです。ですから、成功なんて程遠いのです。

 最近の日本の首相は、1年程度で何人も、ころころと、交代していますが、政治の世界でも、1年の猶予しか与えられないのです。

 アメリカの大統領は4年なのに、日本は1年しかありません。

 国の大切な政治を担う総理大臣を、政治家も、マスコミも、1年間も待てなくなってしまったのです。

 急がば回れ!ということわざもあるのに、現代人は、じっくりもの事を考えることを、深く追求することをしなくなっているのです。
 
 左脳から右脳に変わる最良の方法は、高速大量学習です。

 先日、NHKで、うつ病を治す最先端の治療法!という番組を放映していました。

 脳のヘントウ体を刺激するために、大きな機械仕掛の磁気を脳に直接放射して治療するのですが、75%以上の患者さんが良くなっているのです。

 これは脳への振動ですから、こんな野蛮な治療法をするよりも能望の実践のほうが、安全で、この方法よりもはるかに効果が上がると思いました。

 特に能望の高速実践は、高速大量学習になりますから、右脳を刺激するのです。

 右脳は左脳の100万倍の容量ですから、問題解決能力も、100万倍になります。

 左脳型の人にとっては、能望の実践は、非常に効率の悪い方法だと思って、誰が何を言おうと絶対に実践しないと思います。

 けれども、このプロジェクトに関しては、左脳型の人は、能望を唱えている右脳型の人に比べて、可愛そうなくらいに、差がついています。

 左脳型の人は、もうすでに、あきらめている人もいるのでは?ここで、あきらめては、何に取り組んでも元の木阿弥になります。

 この差は、右脳と左脳の100万倍の差でもありますので、この差を埋めるためにも、能望の実践をお勧めします。
 
 ありがとうございました。

---------------
弱者救済のプロジェクトのお知らせ!!

スポンサーサイト