人の成功を助けて、その結果として自分が成功できる!


  みいちゃんから、メールをもらっていました。

 このプロジェクトに参加してから、ちょうど、6ヶ月で、ボーナスが得られたということで、メッセージ性がありますね。

 それでは、読んで下さい。


/////////////

鈴木先生 さま

感謝してます。いつもありがとうございます。
昨日は、「歯磨き粉」の体験談を紹介してくださりありがとうございます!

あの歯磨き粉は、本当にすばらしいですね。めぐり合えたことに感謝です。

さて、今日メールさせていただいたのは、またまたお礼を申しあげたかったんです。

4月6日に、会社から初の「入金」がありました!

このプロジェクトに登録したのが、2011年10月6日でした。そして、初の入金がそのちょうど半年後の2012年の4月6日でした。

びったり半年後なのが、ちょっと笑ってしまいます^^ 

金額は、3368円でした。すごくうれしいです!どうもありがとうございます!!

ちょうど1年前に能望を知ったんです。

うれしいプレゼントをいただきました。

そして、商品を買い続けて、〇〇〇になれたら今度は、受け取り金額が3倍になるんですよね!さらにわくわくします!

この会社の商品にお金を使う時には、お金を出す抵抗がないんです、と言われたことがあるんですが、なんかわかります。

波動の高いものを流通させるのは、わくわくで喜びサイクルですべてが動くんですね。

それで、いまさらながら、自分で在庫を抱えなくていいというのが、いかに進んだシステムで、ありがたいことなのか・・・ということを痛感しています。

ほんとまさに、「21世紀の夢の購買システム」ですね。

うつでずっとひきこもっていましたが、ありがたいことに、バイト先がみつかり、3月からアルバイトにいくことになりました。

ゆくゆくは、この会社のボーナスや、引き寄せの法則を伝える活動で、生活ができたら素敵だなーと思いながらもこれで借金を払っていけるし、商品も買えるのでありがたいです。

払えるものが払えるのって、本当にありがたいです。

あの「シャンプー」を使い始めたのが、自分の中で、体がさらに変化するキッカケだった気がします。

日用品を波動の高いものにすることが、どんなにすばらしいことなのか、というのを、すごくすごく感じます。

能望に出会えたほんとよかったー!

先生が、メルマガで能望を紹介くださったことやプロジェクトのことを教えてくださったこと、そしてそして、すべてのことに感謝します。

ほんとうにどうもありがとうございます^^

今度は、ご縁をもらった方から、「ボーナスが入った!」と私宛にメールをいただいている姿をイメージして能望を唱えようと思います。

どうもありがとうございます。 みいちゃん。

/////////////

〇感謝のメールありがとうございました。

 日用品を購入しているだけで、収入が発生することを、多くの皆さんが証明されています。

 みいちゃんも、その仲間になりましたね。

 金額を見たら、そんなもんか?と、思うかも知れませんが、この種のビジネスでは、一人も下につかない!とか、グループが拡大しないうちに、組織が崩れた!とか、何しろ、99%の人が失敗しているのですから、収入を得ることは、ほとんど奇跡なのです。

 その奇跡が、このプロジェクトでは、当たり前になっていますから、みなさんも、どんどん奇跡の仲間になってくださいね。

>すごくうれしいです!どうもありがとうございます!!

>ちょうど1年前に能望を知ったんです。

>うれしいプレゼントをいただきました。

〇今の現状に感謝することは大切なことです。

 現代は、人の成功を助けて、その結果として自分が成功できる!というパターンでなければ、成功が難しくなって
います。

 自分だけの単独での成功は非常に難しくなっているのです。
 
 ですから、ロバート・キヨサキ氏は、「21世紀のビジネス」という で、この種のビジネスを“21世にふさわしいビジネス”として、推奨しているのです。

 そして、彼は、この21世紀のビジネスで、収入を得て、成功するまで、最低でも5年間はかかる!と、色々な例を
上げて説明しています。

 そして、どんな人でも5年間継続できれば成功できる!と、強調しています。

 半年~1年間は、製品を徹底的に使い、その良さを理解する、そして、自分の波動が高まり、心身ともに輝き、エネルギーレベルが変わってくると、周りの人が集ってきて質問してくる!

 確信が深まるので、自信をもって人様に伝えることができる!

 色々なシンクロ現象が起こり、協力者がぼちぼち集ってくる!

 1年~2年後に、グループが少しずつ拡大して、わずかでも収入が発生する!

 2年~3年後、グループの人達も収入が入ってきて、一層のグループの拡大が進み、自分の収入も増えてゆく!

 3~5年後、パイプラインが出来て、満足の行ける収入になる!

 5~6年後、完璧なパイプラインが完成し成功者の仲間入りが出来る!


 どんな取り組みでも、1人前になるには、それ相当の時間と労力がかかるのですが、ほとんどの人は、途中で挫折してあきらめてしまうから、成功には至らないのです。

 義務教育を終了してからも、多くの人は、高校3年間、大学は4年間、合計で、7年間も、つまり、社会に出て、お金をもらうのに、7年もかけるのに、このビジネスだって、お金をもらうまでには、ある程度の時間をかけなければ、ものにはなりません。

 日本のように、主催する会社のほとんどが倒産するのは、論外ですが・・・。

 私達のプロジェクトの会社は、3年間で、100万人もの会員になっているのですから、この先、何十年間も倒産する!という可能性は、ほとんどゼロなのです。

 私達が、今後も、さらに100万人の会員増を果たせば、200万人になるのですから、会社の基盤は、さらに強固になります。

 ですから、5年、10年と、じっくり腰を落ち着けて取り組むことが、つまり、継続して、時間をかけてパイプラインを完成させることが、本当の成功につながるのです。

 みいちゃんも、今あるグループの末端の人が、今の自分のように、グループが大きくなって、少しでも収入が得られるようになったら、みいちゃんは、今よりも、何十倍も、何百倍も、多くの人が驚くような収入になるのです。

 それも、これは権利収入ですから、年金のように、何十年間も入り続けるのです。

 年金は、25年間とか、40年間とか、収めなくては、もらえませんが、(今のところ、年金だけが多くの国民の頼りになっていますが、本当のところは、近い将来破綻するという試算も出ています)ですから、非常に不安なのです。

 私達の場合は、年金の様なお金を支払わなくても、日用品を使っているだけで、この先5~6年継続しているだけで、でもらえるのですから、年金よりも何十年も早くもらえて、そのもらえる金額は増え続け、生涯に渡りもらえるのです。

 さらに、自分が死んでも、その支払い分は、子供に相続する事もできるのですから、安心できるのです。

 誰でも、5年間、あきらめないで、継続できれば、5~6年後に年金がもらえるのですから、すごいことだと思いませんか?

 この様な未来のことが、多くの人が見えていませんから、ほとんどの人が、過去の記憶からの判断しかできませんから、途中であきらめてしまうのです。

>そして、商品を買い続けて、〇〇〇になれたら今度は、受け取り金額が3倍になるんですよね!

〇そうです。毎日使う日用品をムリすることなく、買っていれば、自然とポイントが蓄積されて、そのポイントに応じて、受け取る額も、高くなって行きます。

 次の段階は、3倍になります。
 
>この会社の商品にお金を使う時には、お金を出す抵抗がないんです、と言われたことがあるんですが、なんかわかります。

〇シャンプーなど、高価な原材料なので、日本で市販すると数万円もするものが、1000円程度で買えますし、奇跡が起きて、深刻な頭髪の悩みが解消できるのですから、わかりますね。
 
>それで、いまさらながら、自分で在庫を抱えなくていいというのが、いかに進んだシステムで、ありがたいことなのか・・・ということを痛感しています。

>ほんとまさに、「21世紀の夢の購買システム」ですね。

〇毎月の購入義務も、在庫を抱える義務も、ありません。

 日本では、600万人の人達が、この種のビジネスに参加しているそうです。彼らは、被害者や加害者になり、600万人の99%の人達が報われていないのですから・・・。

 私達のプロジェクトは、この種のビジネスで、苦労してきた多くの人達を救うことも出来るのです。

>日用品を波動の高いものにすることが、どんなにすばらしいことなのか、というのを、すごくすごく感じます。

〇トイレも、浴場も、リビングも、家中波動を高くし、イヤシロチに、そして、身体の、頭から足まで波動を高め、さらに、下着も、洋服も、食器も、波動を高くすれば、毎日、ワクワクするので、素晴らしいことが、やってくるのです。

>今度は、ご縁をもらった方から、「ボーナスが入った!」と私宛にメールをいただいている姿をイメージして能望を唱えようと思います。

〇そうですね。人様の成功を第一に考えて、しっかり助けてあげて、成功させて、その結果として自分が成功できる!というパターンでなければ、成功が難しいのです。

 そのために、きれいな左右バランスの取れた3角形になる組織作りを奨励しているのです。

 5~6年先の完璧なパイプラインの完成をめざして、継続して頑張ってくださいね。

 必ず成功できます。

 ありがとうございました。


スポンサーサイト