南無とは、帰依する、自分のすべてを委ねる、命までも捧げる!という意味です。


  3年前に死の宣告を受けた小学生の息子さんを持つお母さんが、能望の実践で奇跡が起きている投稿を頂きましたので、紹介致します。

/////////////

 〇〇〇〇と申します。

いつも、助けていただき、本当にありがたく思っています。私は3年前、肝臓が悪くなり死の宣告を受けました。

当時一緒にいた夫とその母親は、私がいなくなったら息子は施設に入れると言い、入院さえさせてもらえなかったので、小学生の息子とその家を逃げ出してきました。


ちょうどその頃、実母が亡くなり、実家が空き家になったので、そこへ住み始めました。

交通が不便ですし、お金の余裕もなかったので、病院へ行くこともなく、ひたすら農作業をしながら、能望を唱えていました。

1年ほどたって、やっと病院へ行けるようになって検査をしてもらうと、肝臓が完治していたのです。

岩手県なので、震災の被害もありましたが、一人でコツコツとサッシや壁など壊れたところを直しながら、息子と2人、なんて幸せなんだと思える日々を送れるようになっています。

鈴木様の教えに、いつも、助けていただいたおかげです。

ほんとうに、ありがとうございます。

/////////////


 メールありがとうございました。

 3年前は、死の宣告を受け、最悪の事態になり、頼るべく実家のお母さんも他界され、どんなにか心細かったことかその心情をお察し致します。

 この3年間は、息子さんを守るために、毎日、自分に出来る精一杯のことをしてきたのですね。

 その上、震災の被害も被り、大変な経験をされました。

 それでも、現在は幸せな日々を送れるようになって、本当に良かったですね。

 胎(はら)が据わっている!というのか、地に足がついている!というのか、子を持つ母の無償の愛は強いですね。

 このメールを読んで、私達がいかに恵まれているか!!

 私達は、自分が出来ることの何分の1の努力もしていないのではないか?

もっと、もっと、勇気を出して、何だって出来るのではないか?

 現代人の多くは、西洋かぶれの利己主義だらけで、義務は何も果たさないで、要求だけは一人前! しっかり自分の権利は主張する。

 
 その点、このお母さんは、すがるものは能望だけですから、純粋になって、無心になって、能望を唱えるので、自分のすべてを委ねることになります。

 ですから、本当の「ノウボウ アキャシャ」になるのです。

 ノウボウとは、南無のサンスクリット語の原型ですから、つまり、南無 虚空蔵=南無 大日如来=南無 宇宙と、言うことになります。

 南無とは、帰依する、自分のすべてを委ねる、命までも捧げる!という意味です。

  南無 阿弥陀仏!とは、阿弥陀仏に帰依する、阿弥陀仏に自分のすべてを委ねる!ということです。

 ですから、宇宙と一体化が出来ることになるのです。

  このような無心の唱え方は・・・・。
 
 謙虚になり、献身ですから、すべてを捧げ、命まで捧げるのです。そこには、当然、自分も、自我も、エゴもなくなるのです。

 現代人の自分が自分がと、自分がすべての利己主義とは大いに違うのです。

 自分も、自我も、エゴもなくなればなくなるほど、マナ識の力も弱くなり、本当の自分が、無限のパワーが出現するのです。

 自分も、自我も、エゴもなくなればなくなるほど、欲がなくなり、望ましい現実が、そして、有り得ない奇跡が起きるのです。


 それにしても、恵めれている現代人は、あれも、これもと、選択肢が多すぎます。

 ですから、いつまでも本質が見えてこないのです。
 
 何もかにも、さんざん試した挙句に、やっと本物にたどりつくというシナリオだといいのですが・・・・。

 現代人は感謝が足りないために、多くの人は、一生涯のうちに能望のような本質には巡り会えないのです。

 何回も生まれ変わっても、それこそ10回も生まれ変わってやっと巡り会えるのです。

 義務的に能望を唱えても、能望の本質に触れていることにはなりません。

 本質に巡り会いたい人は、感謝を深めて、愛を深めて、自分を無にして、自分を宇宙に委ねて能望を唱えてください。

 不治の病だって、学問だって、ビジネスだって、そして、大きなプロジェクトだって、何だって有り得ない奇跡が起きるのです。


 素晴らしい、感動の投稿ありがとうございました。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事