これから成功哲学を学ぶ人に・・・


 前回のメルマガについて、これから成功哲学を学ぶ人にもビジネスで成功したいと思っている人にとっても、気づかないもので、盲点となるものなので、もう少し詳しく説明してください。

 という質問がありました。

 多くの人は自分一人で何とか成功しようと努力して、成功にたどり付く!ということをイメージしていると思います。

 受験勉強は一人ですから、社会に出てからの成功するイメージも、一人だけの成功しか考えられないのもムリもありません。

 ですから、他人と協力して成功する!というイメージは浮かばないと思います。

 けれども、一人の力だけで成功するのは、至難の業であり、そのことに気づくことが大切だと思います。

 ロバート・キヨサキ氏は、経済的にも時間的にも自由になるためにビジネスを立ち上げ、本当に成功するまでには、30年もかかっているのです。

 彼は、ビジネスを立ち上げても、2回目も倒産して、全財産を失いホームレスになりましたが、あきらめずに、ビジネスに取り組み、パイプラインの構築に成功しているのです。

 EのクワドラントからBのクワドラントへ移行できたのです。

 ですから、普通の人にとっては、初めから一人だけで成功するのは至難の業なので、資本がなくても、多くの人が協力して取り組むめるビジネスの形態を推奨しているのです。

 
21世紀のビジネスの本の中で、資本も何もない人には、他人と協力して取り組むビジネスの形態を推奨しているのです。

 彼は、この本の中で、最低でも5年間このビジネスの中で学び、実践すれば、誰もが成功できます。と、断言しています。

 ですから、21世紀のビジネスの主流は、競争よりも共生になるのです。

 これからは、今での弱肉強食の資本主義社会ではなく、共に助け合い協力しあう共生の社会になるのです。

 人を助けることは意識レベルが高まることですから、この観点からも成功の確率が高まるのです。
 

 ロバート・キヨサキ氏のように、金持ち父さんから子供の頃から直接個人教授を受けた人でさえも、成功するまでに30年もかかるのです。

 ですから、一人だけで成功するのは、至難の業であり、ほとんど成功できない!と、思ったほうが賢明だと思います。
 
 そして、成功に至るには色々なケースが考えられます。この具体的なケースを比較すれば、一人だけで取り組むことが、いかに厳しいかが分かると思います。

 もしも、あなたの場合だったらどのケースになりますか?


1、自力で取り組む!

2、自力の能力を高めて取り組む!

3、自力+他人に協力してもらう!

4、自力の能力を高めて、他人に協力してもらう!

5、自分も他人も能力を高め、協力して取り組む!


 1や2よりも、3のほうが成功の確率が高まることを、誰もが納得できると思います。

 そして、3や4よりも、5のほうが成功の確率が何倍も高まることを納得できると思います。

 ロバート・キヨサキ氏が30年かかって成功に至ったのは、最初は1のケースで取り組み、運良くお金が儲かって人を雇えるようになってからは、3のケースになったのです。

 ですから、成功の確率が高まり、成功することが出来たのです。

 それでも、何度も失敗を繰り返して本当の成功が実現出来たのです。


 ほとんどの人は、1のケースだけで10年くらい取り組み、限界を感じて、2に移行し、20年も、30年も、莫大な資金と時間をかけても、ほとんどが成功に至らないのです。

 他人と協力する事がどれだけ大切なことなのか、多くの人は気がつかないのです。

 ところが、ロバート・キヨサキ氏が『21世紀のビジネス』という本で紹介しているビジネスは、初めから、3の自力のほかに他人の協力もあわせて取り組む!形態になっているのです。

 彼は、この形態でないと普通の人にとっては成功が難しいことが、自分の長年の経験からも痛感しているのです。

 幸いに、資金がなくても人と協力して取り組む事ができるのです。

 ですから、あきらめないで続けていれば、10人、20人と人が増えグループが拡大するのですから、3年も続ければ100人くらいにもなり・・・。

 成功の可能性が、自力で取り組む!方法よりも100倍も高まるのです。


 日本の多くの知識人も、ほとんどの一般の人々も、この成功に至る真意を理解できずに、このようなビジネスを推奨しているロバート・キヨサキ氏を批判していますが・・・。

 つまり、ロバート・キヨサキ氏ともあろう人が、どうして、このような形態のビジネスを推奨しているのか、常識からも考えられないことであり、心外であり、不可解なのです。


 けれども、きちんとルールを守り、みんなで助けあい、力を合わせて取り組めば、だれにも奇跡を起こせるビジネスなのに、多くの人に嫌われている!というだけで、日本の多くの人は何も考えずに否定しているのです。
 

 ロバート・キヨサキ氏が指摘しているように、このビジネスの本質をしっかり学んで、自己啓発を併用して、他人の成功を優先して助けて、意識レベルを高めて取り組めば、そして、最低でも5年間はあきらめないで続ければ、誰でも成功できる!と、教えてくれているのです。


 ちなみに、私達のプロジェクトは、5の自力も他人も能力開発を併用し、協力して取り組む!ことになります。

 世間の一般の人と同じレベルで批判ばかりしていても、だれも助けてはくれません。

 少しでも成功の確率が高い方法で取り組むことが賢明なことだと思います。

 
  ありがとうございました。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事