基礎化粧品で20歳も若返る!という奇跡


<最近少しですが、前頭部の全然髪がなかったところに黒い髪の毛が生えているのです・・・> という体験談を頂いておりますので、紹介します。

/////////////

 何時もメルマガ有難うございます。

 今日はうれしい報告です。

 最近気づいたのですが、風呂に入って髪を洗っていても、排水溝に全然髪の毛がないのです。以前は髪を洗った後に、排水溝には抜けた髪の毛が目についていたのです。

しかし、まったく抜けないことはないので、抜け毛が非常に少なくなっているのではないかと思います。

 実は、シャンプーとトニックを使いだしてから半年余りになります。

初めは頭皮に痒みが出て、掻いていたら‘かさぶた‘が出来ていました。

しかし、筋力テストをしても弱くならないので、体には合っていると思って使い続けていました。多分好転反応だと思います。

 それと、私は後頭部と前頭部の髪が薄くなっているのですが、最近少しですが、前頭部の全然髪がなかったところに黒い髪の毛が生えているのです。

 後頭部はどうなのか初めに状態を見てなかったのでよくわかりません。が、多分後頭部も少し髪の毛が増えているような気がします。

 噂のA氏の件のメールと写真をみて、髪が少しでも増えればいいなと思っていましたが、少し希望が出てきました。

 孫から禿と言われないように頑張って続けていきます。

 このプロジェクトに参加できて、また製品を使えることに感謝いたします。

 ありがとうございました。

 〇〇 〇〇
 
/////////////

 投稿ありがとうございました。

>最近気づいたのですが、風呂に入って髪を洗っていても、排水溝に全然髪の毛がないのです。以前は髪を洗った後に、排水溝には抜けた髪の毛が目についていたのです。

〇この現象は、この会社のシャンプーを使い始めた多くの人が気づいて、教えてくれることです。

 そして、・髪の毛が太くなっている。・今まで立つことがなかった髪の毛がしっかりと立つようになった。・たくましく生えるようになった。

 と、この様な感想も寄せられております。

>しかし、まったく抜けないことはないので、抜け毛が非常に少なくなっているのではないかと思います。

〇通常は、排水溝にはごっそりと抜け毛がたまり、多くの人がどきどきハラハラしながらお風呂で髪の毛や身体を洗っている思います。

>それと、私は後頭部と前頭部の髪が薄くなっているのですが、最近少しですが、前頭部の全然髪がなかったところに黒い髪の毛が生えているのです。

〇半年間で、今まで使っていた有害化学物質を浄化し、頭皮が健康な状態になったので、元気な黒い髪の毛が生えてきたのです。

 つまり、農地の土壌に例えれば、長年の農薬まみれの土壌に、半年間、有機肥料を植え込み豊かな土壌に改良したために、健康で丈夫な作物が生育できるようになったのです。

 シャンプーとトニックだけで、薄毛や深刻な無毛での長年の悩みが解消されるのですから、今までの常識からは考えられないことで、有り得ない奇跡なのです。

 私達日本人は、戦後から高度成長期を経て20年前までは、世界の最高水準の文化に追いこせ追い抜けとばかりに、特に、アメリカとヨーロッパの欧米を目標に、切磋琢磨し、先進国の仲間入りを果たしました。

 そして、日用品や化粧品などの製造業は20年前に欧米に追いついてしまい、日本が世界の最高水準に達し、それからの20年間は、何の進歩もないのです。

 市販のシャンプーなど、容器は変わっていますが、その中味は20年前と、ほとんど変わっていないのです。

 ところが、20年前に発展途上国であった、このシャンプーを製造している国は、10数年前に国家破綻状態になり、IMFの管理下におかれ、現在のギリシャよりも厳しい状況になり、国民と国家が一丸となって、厳しい試練を乗り越えているのです。

 日本は当時は世界第二位の先進国でしたから、当時はこの国に金融面で、多額の支援をしております。
 
 ですから、この国が、世界の最高水準に達している日本に製造業で、追い越すことなど夢にも思ってはいなかったのです。

 ところが、この国は、インターネットを普及させ、日本や世界に追い越せ追い抜けとばかりに、あらゆる分野で世界一位を目標に国家がかりで取り組んできたのです。

 国家破綻のどん底の苦しみから、臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の思いで、どの分野でも、世界の最高水準をひたすら追求してきたのです。

 オリンピックの金メダルも、家電業界での世界制覇も、そして、化粧品や日用品など分野でも、世界の最高水準を実現しているのです。

 この事実は、私達日本人には、あまり愉快ではないかもしれませんが、日本が世界の最高水準に達したと思い、それからの20年間は、遅れている欧米の水準に歩調を合わせてきただけで、何の進歩もないまま、今に至っているのです。

 つまり、私たち先進国の住人は、永らく当然のように世界には先進国と発展途上国があり、いつまでも、生活水準に差があると信じてきたのです。

 そして、家電業界でも、化粧品や日用品の業界でも、この20年間は日本は、欧米の先進国一辺倒の方向で、あぐらをかいて来たために、この国に大きく遅れをとってしまったのです。

 20年間、あぐらをかいて、何の進歩もなかった日本と、どん底の苦しみから這い上がる国の覚悟は、まるで違うのです。

 ・シャンプーとトニックだけで、薄毛や深刻な無毛での長年の悩みが解消される!とは、今までの日本の常識からは考えられないことですから・・・。

 20年前から進歩していない日本とは、はるかに20年も進んでいるとなれば、その奇跡に納得がいきます。

 ・基礎化粧品で20歳も若返る!という奇跡も、日本ではにわかに信じられませんが、これも、20年も進んでいるとなれば、納得がいきます。

 ・スキンケア製品で、難病のアトピーも、魚鱗癬も、・・・・。こんなことも絶対に有り得ない奇跡なのですが、20年も進んでいるとなれば、納得がいきます。

 これらの奇跡をはじめとして、日用品を使っているだけで、現代人が抱えている多くの悩みが解消されるのです。

 シャンプーをはじめとして、市販の製品を使っているほとんどの現代人に、大なり小なりの悩みが発生するのですから、本当に有り難いのです。

 
 この国は、日本や世界に追い越せ追い抜けとばかりに、あらゆる分野で世界一位を目標に国家がかりで取り組んできているのです。
 
 そして、日本が欧米だけを見て、あぐらをかいている間に、インターネットの水準を高め、ほとんどの分野で、世界の最高峰に達しているのです。
 
 残念なことですが、この事実は、私達日本人には、受け入れ難いものがあります。

 けれども、敵対して反発していては、日本の衰退は目に見えています。

 この事実を素直に受け入れて、この国の製品以上のものを作る努力をすべきなのです。

 家電製品は目に見えて分かりますが、日用品の分野では、この事実を、製造業界も、多くの日本人も知りません。

 毎日使う日用品の文化水準が20年も遅れていて、多くの悩みの発生源になっていることも知らずに使い続けているのです。

 化粧品や日用品を選ぶ基準は、CMと有害化学物質の人工的に作られた「いい香り」だけで、あとは汚れが落ちればそれで、十分なのです。

 製造業界も、利益の追求が優先ですから、消費者の健康のことなどかまってはいません。

 ですから、日本の化粧品や日用品の製造業界が、本当に良いものを、本物を消費者に提供するという精神に気づき、再起を促すためにも、このプロジェクトでは、100万人以上のグループを構築することが使命になるのです。

 20年間も、あぐらをかいてきた日本の化粧品や日用品の製造業界ですから、100万人程度では、本当の気づきに至らないかも知れません。

 今後、10年、20年とかけて、200万人も、300万人ものグループにしないと、喝!が入らないのかも知れません。

 日本の化粧品や日用品の製造業界が、本当に良い製品を本物の製品を、私達消費者に提供するという精神に気づいてもらうためにも、今後、10年、20年と、本物製品を日本に広めるのです。

 そして、本当に良い本物の製品で、現代人の多くの悩みを解消するのです。

 とにかく、日本の再生のためにも、世界の人類のためにも、本当に素晴らしい本物を、一人でも多くの人に普及させるのです。

>孫から禿と言われないように頑張って続けていきます。

〇そうですね。いつまでも若々しく、健康でワクワクの毎日を送ってくださいね。


 ありがとうございました。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事