能望や五十音は「超ロングブレス」になります。


 今日は21日です。

 空海が教えてくれているのか、夢や願望が叶う法則を再発見できたようです。


 丹田呼吸を調べていたら、美木良介氏の「ロングブレス」呼吸法というのが出てきました。

 テレビでも話題になっているそうですが、これも丹田を意識している長息呼吸法なので、効果があると思います。

 その感想の中で丹田の説明あった文章の一部を抜粋します。

=======

 毎日、鏡を見ながらやると、肉体が変化していくのがわかり、やる気がわく。

 丹田(へその指六本下あたり)から息を前方上部に吐くようにイメージすると、お腹に力が入り、頭がクラクラしない。

 後ろ足のヒザを軽くまげて腰を落とすと、丹田に力が入りやすい丹田を膨らませながら「超本気」で息を吐くと、全身が熱くなり汗がにじみ出てくる

=======


 美木良介氏の「ロングブレス」は、全身に力を込める呼吸法でダイエットや健康に重点が置かれていますが、丹田を意識して実践していますから、ダイエットばかりでなく、運命の好転にも効果があると思われます。

 この種のダイエット系では、丹田という言葉を使いませんが、しっかり丹田を活用しておりますから、長息なので、氣のエネルギーもかなり充実しますので、ダイエットのほかにも、プラスαがたくさんあると思われます。

 この呼吸法で、短期間で、20キロも30キロも、減量に成功しているそうですから、しかも、健康に痩せられる!ということですから、素晴らしいことです。

 これは、ロング・ブレス=長息ですから、長く息を吐く呼吸法ですから、丹田呼吸にもなり、健康にも精神にも著しい効果が期待できます。

 丹田呼吸の威力を啓蒙してくれるだけでも素晴らしい限りです。 

 ロング・ブレスの breath(ブレス)とは、息とか呼吸と訳しますが、生命、精神、霊魂などの訳もあります。

 息とは、自分の心と書きますが、息=呼吸の仕方で、心がコントロールできて、運命までも好転できることを、昔の聖人や偉人が知っていたのです。

 メルマガでも白隠さんをはじめとして、何人かの丹田呼吸の名人を紹介してきましたから、納得いただけると思いますが、丹田呼吸の元祖は、2500年前のお釈迦様になります。

 お釈迦様=ブッダの教えは、「息」という字は「自らの心」、つまり呼吸は、今のあなたの心の状態を表すと言います。

 「吸う」ことは、ためる、独り占めする、執着すること。

「吐く」ことは、執着を取り払う、心を浄化すること。

 息を吐くということは、心を吐き出すことにもなります。

 ですから、心の汚れや執着を捨てるということにもつながります。

 このような教えがあるので、多くの僧侶や聖人が丹田呼吸を実践して、能力を開花し大成したのです。

 以前にも書いたことがあると思いますが、息を吐くの吐くの文字から、ー(マイナス)をとると、叶うになります。  

 吐く⇒ーをとる⇒叶う! ですから、徹底して吐くことが大切なのです。 これは再発見です。

 心の中のマイナスの記憶をすべて吐き出すと、夢や願望が叶うようになる!と、意識して、能望を実践してください。

 能望の実践は、徹底して長く吐き出す丹田呼吸ですから、潜在意識の浄化もできて、心身ともに健康になり、夢や願望も叶うようになるのです。

 健康のためにも、ビジネスの成功のためにも、実践すべきです。

 美木良介氏の呼吸法は「ロングブレス」ですが、能望や五十音は「超ロングブレス」になります。

 息をすべて吐き切って、さらに限界まで吐き出した先に、心をコントロールする境地があるように思えてなりません。

 長く息を吐くことを習慣にしていたら、つまり丹田呼吸を習慣にしていたら、常識とか統計とか、そんなものを度外視するパワーが応援してくれて、願望が叶うようになるのです。

 長く息を吐く⇒ーをとる⇒叶う!という図式が成り立つのです。
 
 
 ところで、長息は長生きとも読み、長い息を習慣にすると、長生きができる! とも言われています。

 静かで深く、長い呼吸は健康につながります。

 リラックスしている時は、ゆっくり、長くて、深い、おだやかな呼吸になります。

 お風呂に入っていたり、自然の豊かな場所に行ったりすると、自然と呼吸がゆっくり、長くなってきます。


 ところが現代人の呼吸は、速くて、短くて、浅くて、荒い呼吸なので、不健康になり、病気になりがちな、短い人生を送ることになってしまいます。

 
現代人の多くは、ストレスによる自律神経の失調になり、交感神経が過剰に緊張し、心臓が強く働きすぎて高血圧や肩こりなどの症状を招いています。

 先日の深刻な脳の疾病も高血圧が原因です。

 静かで深く、長い呼吸は、副交感神経を刺激し、体がリラックスできて、症状を緩和できるのです。

 丹田呼吸=能望の実践は、大脳に新鮮な血液がいき渡り、メラトニンやセロトニンの分泌が盛んになり、快楽ホルモンも分泌されるのですから、病気の心配もなくなるのです。


 ありがとうございました。


 弱者救済のプロジェクト、ご希望の方には、メールを差し上げますので、ご自分の住所、氏名を書いて、私の アドレスまで、直接メールを下さい。


 今まで、登録希望されていた人で、参加できていない人も再度、アタックして下さい。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事