スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増税が実施されれば日本経済が沈没してしまうことは誰が考えても明らかです。


 消費増税法案が参議院を通過し、成立しました。

 背後に財務省の強引な圧力を感じてしまいます。

 この茶番劇のシナリオを賞賛しているメデアもあるのですから、意味が分かりません。

 民主党は、4年間は増税しないと国民に約束し政権政党になりました。その舌の根も乾かない翌年に、財務省に洗脳された菅さんが、増税をぶち上げて参院選で惨敗しています。

 それでも懲りずに、財務省のポチとなってしまった野田首相も、対立している自民党と談合してまで、消費増税法案を通したのですから、どれほど、財務官僚の圧力が強いのか、あるいは政治家が腑抜けなのか・・・。

 与党と野党が結託して、密室で協議し、国民に絶大な負担を強制する増税法案を決定するというのでは、日本はもはや、北朝鮮を笑ってはいられない国家になっているのです。

 信じられないほど国民をバカにした暴挙になっています。


 民主主義の正当な手続きを破壊し、横暴の限りを尽くす、まさに「数の論理」を振り回す、官僚に操られた独裁政治そのものです。

 野田佳彦氏は、松下政経塾の出身とうことですが、いくら官僚の圧力があったとしても、このような「ペテン師の手口」を使って、密室談合することを、公平な松下幸之助さんは、許すはずもありません。

 天の理からも、宇宙の真理からも、はずれた行為ですから、松下幸之助さんも落胆しいていることと思います。

 今まで民主党は、国民の生活が第一とスローガンに掲げて、記者会見場の背景にも「国民の生活が第一」の言葉を散りばめた壁紙を貼り付けていました。

 しかし、今や「官僚の生活が第一」「自分達の生活が第一」と、書き変えたほうが、ぴったりとします。


 今回、この法律が成立しても、これは最終決定ではないと思います。

 時の政権がこのような暴挙に進んだ以上、主権者である国民は、この暴挙を断じて許すべきではありません。

 私達主権者である国民の大多数は、この大増税を容認していないし、本来は、民意を問うのが先で、その結果をみてから、法案を通すべきです。

 「あの時の公約は守れず、公約違反の消費増税をすることになりましたので、国民の皆様の民意を問うために総選挙を致します。」

 「その結果を見て、消費増税法案を成立させます。」

 と、このようになるのが筋ですが、今回は順番が違うのです。

 日本経済の停滞が持続するなかで、年額13.5兆円もの巨大な増税が実施されれば、日本経済が沈没してしまうことは、誰が考えても、明らかです。

 次の衆議院の解散総選挙まで、民主と自民の党首の密約が思惑通りに行かず、何度も与野党の攻防があると思いますが、それでも、10月か11月には、選挙があると予想されます。

 次の総選挙では、必ず消費増税反対議員が国会で過半数を占める状況になると思いますが、原子力ムラや、東京電力と似たような、官僚に操られたお粗末な政治家には、うんざりです。

 
 それにしても、わが国は、経済ばかりか、未曾有(みぞう)の政治的混迷の中にあります。

 知識・見識・胆識の見識と胆識を兼ね備えたリーダーの出現が待たれます。

 知識・見識・胆識について、インターネットから、いくつか抜粋して見ます。

=======

「知識の人とは単なる物知りに過ぎない。それだけでは戯ごとを楽しめても、機を活かし、変に応じるには全く役立たない。

そこで「見識」がでてくる。自ら得た知識も、それに基づいた目標、あるいは理想を持つことで、反省や批判が起こり、物事を判断する力が身についてくる。それが「見識」である。

だが、それだけでもまだ不十分なのだ。当然、何事も行動に移さなければ、そこからは何も生まれない。ましてや、変化に応じるエネルギーは生まれない。そこで出てくるのが「胆識」である。

 安岡正篤

=======

・知識は、モノゴトを知る・認識する・理解すること。

・見識は、モノゴトの本質を見通す・判断する・自分の意見をもつこと。
 
・胆識は、知識や見識をもとに実践行動するということであり、腑に落とした自分の信念を、腹を据え行動する、そして、いかなる壁があっても突き破る強い意思、それが、胆力であり、行動をし続ける意識である。

=======

 元来、識にはおよそ三つある。その一つは知識。これは人の話を聞いたり、書物を読んだりして得る、ごく初歩的なものであり、薄っぺらである。

 これに経験と学問が積まれて見識にならなければいけない。さらにその上に実行力が加わって初めて胆識となる。

したがって知識だけではだめで、知識が見識になり、その見識も最後には胆識となって、初めて役に立つ。

=======

 胆識とは、胆力と見識をあわせた言葉です。

 薄っぺらな知識だけでなく、モノゴトの本質を見通し、判断できる見識を持つのです。

 そして、何事も行動に移さなければ、そこからは何も生まれないので、腹を据えて実践行動する「胆識」になって初めて役に立ち、成功できるのです。

 
 ありがとうございました。


======= 


 弱者救済のプロジェクト、ご希望の方には、メールを差し上げますので、ご自分の住所、氏名を書いて、私のアドレスまで、直接メールを下さい。


 今まで、登録希望されていた人で、参加できていない人も再度、アタックして下さい。



スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。