最大限の力を継続して発揮できるために、精神レベルの向上を得ることが必要である!


 ロンドンオリンピックが終わりました。

 
 メルマガでは、あまり書けませんでしたが、今回も、選手達の活躍には感動させられました。

 そして、自分も頑張らなければ!という勇気を頂きました。

 オリンピックでの選手の活躍は、多くの人に感動と勇気を与えるのですから、偉大なパワーに心からの感謝です。

 いつも思うことですが、表彰台に上がった選手も、メダルに至らなかった選手も、彼らのインタビューに共通しているのが、謙虚さと「ありがとうございます」という深い感謝の心です。

 選手たちは、今まで多くの人に支えられて、今の自分があるのであって、自分の力だけでオリンピックに出場できたと思っている人はいないようです。

 自分を育て、支え、励ましてくれる周りの人々、そして、自分を応援してくれる多くの人々のお蔭があったから、オリンピックに出場できた!と常に思っているから、本来の力が発揮できるのです。

 
「パワーかフォースか」の本の“パワーとスポーツの章”にもスポーツ精神の真の偉大さについて書かれています。

 ・人間の努力のドラマの最大のひとつであるオリンピックはみなの関心を引くので、個人的なプライドを捨てる場を提供して
くれます。

 ・オリンピックには、個人的なプライドより「無条件の愛」を表現することを重んじるという全体的な設定があります。

 ・非常に高い原理に捧げるために、競争相手も尊重します。

 ・最大限の力を継続して発揮できるために、精神レベルの向上を得ることが必要である。

 ・彼らの様なスポーツ選手は、感謝と敬意を表現しています。

 ・そして、トレーニングを通して高次元の自分によって低次元の自分に打ち勝つことです。

 ・スポーツの真のパワーは優雅さ、繊細さ、心の静寂さによって特徴づけられます。

 ・私達がチャンピオンを讃えるのは、より高い原理に自らを捧げ、個人的な野心に打ち勝ったことを彼らに認めるからです。

 ・自らが模範になって人々に教えるとき、その素晴らしさは伝説となります。

 ・オリンピック精神は、皆の心の中にあります。一流のアスリートたちは自らが模範となり、すべての人々をその原理の意識に目覚めさせることができます。

 と、書かれています。


 今回のオリンピックには「伝説になる!」と、強調していたアスリートがいましたが・・・。

 ・現実社会において、賞賛の裏にひそんでいる「フォース」の手から彼らの精神を守らなければなりません。

 とも、このには書かれてありますので、メディアやビジネスの悪用には、気をつけるべきです。

 
〇最大限の力を継続して発揮できるために、精神レベルの向上を得ることが必要である!

 これは、スポーツばかりでなく、全ての分野にも言えることです。

 より高い原理に自らを捧げるとは、「無条件の愛」を表現する!謙虚になり、感謝を深める!

 高次元の自分によって低次元の自分に打ち勝つ!スポーツの真のパワーは優雅さ、繊細さ、心の静寂さ!

 と、この様な表現からも、命数の奥義と、マンダラを意識することにより、最大限の力を継続して発揮できることが、確信できます。


=======

・オリンピック精神は、皆の心の中にあります。一流のアスリートたちは自らが模範となり、すべての人々をその原理の意識に目覚めさせることができます。

=======

 私よりも、今回のオリンピックで感動された皆様が、より高い原理の意識に目覚めたのではないでしょうか。

 オリンピックからは、学ぶことが多く本当に勉強になります。

 今回も、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。


 ありがとうございました。

======= 


 弱者救済のプロジェクト、ご希望の方には、メールを差し上げますので、ご自分の住所、氏名を書いて、私のアドレスまで、直接メールを下さい。


 今まで、登録希望されていた人で、参加できていない人も再度、アタックして下さい。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事