今日やるべきことは、明日に持ち越さない心構えが大切です。


 今日できることを先に延ばして、明日にする!という人には明日は来ない!!

 今日しかない!と、すぐに取り組む人には明日は来る!! 
 
 明日がある!明日がある!という人は、明日になったらまた明日と、次々に先延ばしを繰り返すので、結局、実践
できる明日は来ない!

 その反対に、今日しかない!と、すぐに取り組む人には、明日という充実した日が確実にやってくるのです。


 私は、この様な内容のことを受験生の前で、いつも言っておりました。

 「明日は、誰にも平等にくると思います。」という生徒の反論がありましたが、生徒が説明を聞いているなかで、自分にも思い当たる節があるのか、今日の日に取り組むことの大切さが分かってくれるのです。


 一般に人は、辛いことや嫌なことは、つい後回しにしてしまいます。

 今日は疲れたから、気が乗らないから明日にしよう!と、嫌なことから逃げてしまい、決断することも、実行することも 今日は止めて明日にしよう!となってしまうのです。

 受験勉強も、夏休みの宿題も、ずるずると先に延ばし、今日はやりたくないので、明日にする!と、その場をしのいでも、次の日になったら同じことの繰り返しになってしまうのです。

 ですから、何かを始めるときには 明日からでは駄目なんです。 明日が延々と続き、そのうちに人生が終わってしまうのです。

 このように多くの人は、ずるずると先に延ばしてしまうので、今日という価値は、ほんとうの明日にならない幻の明日よりも、
10倍も20倍もの価値があるのです。

 と、言うよりも、ずるずると明日、明日と、今日の日をムダに過ごしていたら、10倍も、20倍も損をしていることになるのです。

 1ヶ月、3ヵ月と先延ばしにしていたら、20倍どころの損ではなくなります。

 受験生にとって、6ヶ月の先延ばしは、180日の損になりますから、180倍の損を埋めることは不可能になり致命傷になるのです。

 先日、日本の総理大臣は国民の未来を左右する大事な密約で「近いうちに」と、上記の「明日」よりも曖昧で、いい加減な返事をしていました。

 「近いうちに」とは、大人が子供に「今度またね!」と、誤魔化しているかのような、極めて馬鹿にした曖昧な返答になります。

 あまりにも不自然ですが、自民党の党首もこんな子供だましの返答に納得したものです。

 国民不在の一連の茶番は、ずるずると先延ばしにする無責任な官僚の体質そのもので・・・。

 太平洋戦争の時も、軍官僚のずるずると先延ばしにする無責任極まりない体質が、決断を遅らせ、一般市民に大量の犠牲者を出したのです。

 彼らの決断が早ければ、原爆も、空襲も、沖縄戦も、何十万人もの尊い市民の命を失わなくて済んだのです。

 あれだけの悲惨な結末にはなっていなかったのです。
 
 ですから、現代も国民のことよりも自分達の護身しか頭にない無責任な官僚に、政治家が牛耳られていているのです。

 現代も、第二次世界大戦の時の官僚支配の統治機構と同じ状況ということですから、現代においても犠牲になるのは国民
なのです。

 
 私達は、無責任な官僚のように、ずるずると先延ばしにして、今日と言う価値のある素晴らしい日をムダにはしません。

 ずるずると先延ばしにすると、自分ばかりでなく、周りの人にも迷惑をかけるのです。

 原子爆弾を落とされて、21万人もの悲惨な犠牲者が出て、今度はお前の頭にも原子爆弾を落としてやるぞ!と、脅されて、
初めて、軍の官僚は決断に至るのですから、なんとも情けなくなります。

  今日と言う素晴らしい日は、2度とは来ないのです。ですから、10倍も、20倍も価値のある今日を大切にして、今日出来ることは、今日から始めるのです。

 明日ではなく、今日しかない!と、常に思って実践している人には、素晴らしい明日がやってきます。

 明日でなく今日からやらなければ夢は実現しません。

 今日やるべきことは、明日に持ち越さない心構えが大切です。

 人生の夢は、「いつかある日」に実現するのではなく、今日、何をするかで叶うものです。

 最初の一歩が早ければ、目標に近づくのもそれだけ早くなるのです。

 ・ 成功の反対は失敗ではなく「やらないこと」だ!!

   佐々木則夫監督『なでしこジャパン壁をこえる奇跡の言葉』より


 ありがとうございました。


=======
 
 弱者救済のプロジェクト、ご希望の方には、メールを差し上げますので、ご自分の住所、氏名を書いて、私の アドレスまで、直接メールを下さい。

 今まで、登録希望されていた人で、参加できていない人も再度、アタックして下さい。


スポンサーサイト