スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無限の宝庫である虚空蔵を意識しながら唱えるのが虚空蔵の真言=能望なのです。


 虚空蔵とは、その中にすべてのものや情報が収められてある蔵のようなもので、無限の叡智と、無尽層の富が入っていると言われています。

 これは、アカシック・レコードのことでもあり、意識のデータベースのことでもあります。

 この無限の宝庫である 虚空蔵を意識しながら唱えるのが虚空蔵の真言=能望なのです。

 そして、「マネーゲームからの脱出する法」の本も、「フィールド」という 虚空蔵と同じ概念の「無限のパワー」の源流につながることを意識している手法なので、共感が持てるのです。

 先日も紹介しましたが、マンダラの中心の大日如来は わかりやすく言えば「万物の根源」ともいうべきものです。

 大日如来は、宇宙そのものを神格化したものであり、一切のものは大日如来から出生するとされるのです。

 このことは、つまり、私達も大日如来の一部であり、大日如来の智慧を内在していて、あらゆる能力を秘めている!ということなのです。

 この概念も、「マネーゲームからの脱出する法」の本のホログラムの概念と同じです。
 
 ですから、1000年以上も前の人達が知っていた概念なので、日本人には比較的受け入れやすいと思っています。

 お釈迦様も、私達の現象界は、ホログラムであることを断言し、この本の『本来の自分』に立ち返るための修行方法として、八正道というプロセスを実践し、感謝を深めることを教えてくれています。

 ですから、最新の量子物理学は、2500年前の仏教の思想と類似していると言うことなのです。
 
 三次元の穢土の世界でも、五次元の桃源郷の世界、つまり、理想の世界に住むことができる方法ですから、すごい本なのです。

 なにがすごいかと言えば・・・。

//////////////

〇不快感を感謝の気持ちに持っていくことができる!

〇現代社会は、お金がないと生きては行きませんので、誰もが、ある程度のお金への欲望、お金への執着がなければ、満足な生活ができません。

〇ところが、お金への欲望、お金への執着がなくても、それが、少しの欲望がなくても、夢が叶えられ、無限のお金に恵まれ るようになる!

//////////////

 望むものを引き寄せよう!とするのではなくてお金への執着を手放すことで、望みが叶えられるのです。

 願望を手放すことで、望むものが無限に出てくるのです。

 これは、今までにはない発想なのです。

 この本では、人生は第1段階と第2段階にわかれると書かれています。

 第1段階は、「偽りの自分を創りあげる段階」、つまり社会で生き残っていくための自我を強化していく段階です。

 第2段階は、その創られた自分から脱却し、本来の自分に戻るのです。

 私達は、無限の供給源につながっているから、欲張ったり競争したり焦ったりする必要はない。本当に欲しいものを欲しいだけ手に入れられる。

お金だって、自由に使っても、無限に供給されるのだから、減ることはない!というレベルに達するまでの方法がこの本には書かれているのです。

 これは、まるで、あらゆる物が入ってる「自分専用の無限で、巨大な倉庫や金庫」があり、そこから好きな時に必要な物やお金を取り出して、思う存分自由に使っても、無限にあるからなくならない!

 という概念になると思います。

 ですから、冒頭の「虚空蔵」の概念になるのです。

 これは、まさしく、虚空蔵の真言=能望を実践していたから、このような本が出現したものと思われます。


  ありがとうございました。

=======
 
 弱者救済のプロジェクト、ご希望の方には、メールを差し上げますので、ご自分の住所、氏名を書いて、私の アドレスまで、直接メールを下さい。

 今まで、登録希望されていた人で、参加できていない人も再度、アタックして下さい。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。