内面の本質に意識を深めていると、いつもシンクロや奇跡など運の良いことが起きるのです。


 ロバート・シャインフェルド氏ののプロセスを実践しているとシンクロが頻繁に起きることが、ブログに書かれています。

 U理論でも、その実践の証が、シンクロが頻繁に起きること!ですから・・・・・。

 内なる中心に焦点を当てているときにシンクロが起こる!という説は正しいことがわかります。

 本来の自分も、無限のパワーも、U理論の内面の奥深いところにある知とのつながりも、すべて自分の内側ですから、納得できます。
 
 一般に多くの人は、外側の現実の世界に焦点を当ててばかりで、内なる中心には関心を示しません。これだと、シンクロも奇跡も起きないことになります。

  外はハズレで、中はアタリということを常に意識して、中心の中心の中心の内面の本質に意識を深めていると、
いつもシンクロや、奇跡など運の良いことが起きるのです。

 幸せの青い鳥を探してチルチルとミチルは、色々な世界をさ迷う、明らかに教訓めいたお話しがあります。

 外の世界を散々苦労して探し回るのですが、青い鳥は何処にも見つける事が出来ません。疲れ果てて家に戻ってみると、最終的に自分の家に幸せの青い鳥がいた事に気付いたのです。

 この物語では、捜し求めていた「幸せ」は自分の外側にあるのではなくて、自分の心の中にあったのだと言う事を示しているのです。

 外はハズレで、中はアタリなのです。本質も宝物も、そして本当の幸せも、自分の中にしかないのです。

 ところで、シンクロ現象を研究し始めたのは、カール・ユングです。ユングは、自分の内面の意識を深めるマンダラの研究もしています。

 ユングは、自伝の中で、 「私の一生は無意識の自己実現の物語である。無意識にある物は全て外に現れようとする。」と書いています。

 心の深い深い奥底では宇宙全体と響きあっている。その心がこの私を場として自己を表現する。

 私達が人生だと思っているのは、実は誰か(無意識)によって見られている夢ではないか? と、現実をポログラムの幻影と見なしていることが書いてあります。

 彼は、マンダラを研究して、心の中心に意識を深めて、人類共通の集合無意識の発見もしておりますから、現実世界の真理を理解していたものと思われます。

 量子力学の父と言われるニールス・ボーアは「人の意識が現実を創造し、客観的な事物は存在しない」と言明しています。

 ミクロの世界では「思い」のエネルギーが素粒子の創生や消滅に直接的に関与し、そこに現実としての森羅万象が生じてくるというのです。

  この世の森羅万象は、波動が基本となっていて、それらが私達の五感を通して脳に電気信号で入力され、波が収束して個々の現実として認識されるのです。

 これを量子力学では「波束の収束」と呼んでいます。

 ミクロの世界ではシンクロ現象が100%の確率で起りますから、この理論が元に、スパイラルの降龍ができたのです。

 そして、ノーベル物理学賞を受賞したシュレーディンガーは、「物質の究極」が「波動」であることを「波動方程式」で証明し、 「意識を持つすべての存在は、『万物の中の万物』なのです。と、言っております。

 彼の波動方程式のアイデアは、古代インドの聖典ウパニシャッドの思想に啓発されて生まれたものです。

 このインドのウパニシャッド哲学では、宇宙の本質としてのブラフマン(梵)と、個人の主体的本質であるアートマン(我)の2つは同一のものと見たたて「梵我一如」と言い、我は、東方にあり、西方にあり、地上にあり、天上にあり。 我は、全世界なりと言っております。
 
 同じ概念は、チベット死者の書にも「これらの存在は全て幻影のような物です。どんなに見えていても存在しない物なのです。

  これらは全て、私自身の心が投影された物で、心それ自体に実体が無いように、もともと存在しないものなのです。」と書かれています。
 
 メルマガでも何度も紹介している弓の名人の阿波研三氏は・・・

 「的を狙ってはいけない。的のことも、当てることも、他のどんなことも考えてはいけない。 ただただ、無心になるのだ。

 そうすれば的が自分の方に近づいてくるように思われる。そうして、的は自分と一体になる。 的と自分が一体になれば、矢は自分の中心から放たれ、自分の中心に当たるということになる。

 故に、あなたは的を狙わず、 自分自身を狙いなさい。それが出来れば、あなたは宇宙になれる。弓術は技術ではない。理屈や論理を超越したものなのだ。 弓を引いている自分は宇宙と一体となるべきであり・・・・」 と、弟子のヘリゲルに言っています。

 雑念を持たず、自分の中心に意識を深めると、的が自分の中心と一体になるから、自分の中心を狙うだけで百発百中当る!のです。

 暗闇でも、目隠ししても、的には百発百中当るのですから、外にある的は幻の様なもので、実際に的があるのは心の中なのだから、中だけにフォーカスしなさい!という、すべてに通ずる教えなのです。

 これは、すべての本質は中心にあり、外にある的は幻影だから、自分の中心を狙うだけで良い!という仏教の概念になります。


 仏教では「三界(現世)は唯心の所現」と表現しています。

 これは、この世の一切の現象は自分の心が作り出した仮想の世界で、自分の想念を変える事で世の中(仮想の世界)はいくらでも変える事が出来ると言っているのです。

  数千年の歴史を有している仏教の仏典とも言える「般若心経」には量子力学がたどり着いた結論と全く同じ様な事が、この世の真理として書かれていたという事が分かってきたのです。
 
 そして、空海は「真言は不思議なり、観誦(かんじゅ)すれば無明を除く、一字に千理を含み 即身に法如を証す」と言っています。

 これは「真言を唱えて、祈りを祈る事によって、数々の奇跡や不思議(現象)が生み出される」と言う事です。

 私達人間それぞれに大宇宙が含み込まれており、この自分が宇宙そのものであり、宇宙そのものが自分自身である!と教えているのです。

 マンダラの中にある無限のパワーの「大日如来」が、私達の本来の自分であり、この本来の自分が宇宙そのもので、宇宙のすべてを創造している!と、教えているのです。

 これは、まさしく、ロバート・シャインフェルド氏の論と同じであり、このことは、理解していたつもりであっても、彼のように、簡単に説明されれば、目からうろこなのです。

 量子力学=仏教の概念(般若心経)=ロバート・シャインフェルド氏の論は、完全に類似していて、U理論も、ユングも、 弓の名人も、空海も、皆、同じ中心に意識を深めることで、神業や奇跡を起こしているのです。

 そして「外はハズレで、中はアタリ」という共通概念が含まれない、つまり、内面に意識を深めない、上辺だけの手法は、論外ということになるのです。

 ロバート・シャインフェルド氏は、11番目の鍵の本でも、マネーゲームから脱出する法の本でも・・・。

 世の中には、成功本や幸せになるためのいろんなテクニックや戦略、処方箋なんかを紹介する本や音声教材、 動画、講座、イベント、ワークショップ等はたくさんあります。

 けれども、それらは全部、望む結果を得られずに行き詰まるのです。と、彼は断言しています。

 それらの手法やテクニックが、なぜ失敗するかを、彼のには納得する説明が書かれているのです。

ありがとうございます。 

=======
 
 弱者救済のプロジェクト、ご希望の方には、メールを差し上げますので、ご自分の住所、氏名を書いて、私の アドレスまで、直接メールを下さい。

 今まで、登録希望されていた人で、参加できていない人も再度、アタックして下さい。

 

スポンサーサイト