地球の次元が上昇する!


< 第1990回 > 2012年10月5日発行

 「人生の第二段階では、悪い感情を大歓迎ということですが、この本をまだ、5章までしか読んでいませんが、気になりますので教えてください。」という質問がありました。

 この読もうとすると、不思議と邪魔が入り、なかなか先に進めない。とのことです。

 それでも、購入されて少しでも読んでいるのですから、世の中の90%以上の人よりも、第二段階に近づいていることになります。

 読もうとしても、思い通りに読めないのは「本来の自分」が、妨害しているようですね。

 90%以上の人が見向きもしないのは、例え手に取って読んだとしても、取り組もうとしないのも、「本来の自分」が関与していると思います。

 「本来の自分」が、マナ識に依頼して邪魔をしていると思います。

 いずれにしても、人生において、第一段階で生涯を終える人と第二段階まで進める人とでは、雲泥の差になります。

 どんな人の人生においても例外なく「苦」はつきものですから、その苦の感情が大歓迎になり、やがて「苦」がなくなるというのですから、ワクワクしてきます。

 地球の次元が上昇する!と言われておりますが、三次元の世界でも、五次元のような世界になりそうですね。


 それでは、質問にお答えします。
  
 以前のメルマガに以下のように書きました。

/////////////

=======

・【第一段階】では、私たちは悪い感情が消えることを望む。

・【第二段階】では「やってこい!」と言う。

そうすれば、フィールドに置いた限定的な卵から、力を取り戻すことが出来るからだ。

=======

この「悪い感情」を大歓迎するのが、この本のすごいところですね。

悩みや、いらいら、嘆きや苦しみ、こんな「感情」になることが大歓迎なのですから、そしてそれが力を取り戻し、現実を変えるチャンスになるのですから、すごい洞察です。

悩みや、いらいらが大きいほど、それだけ力が大きくなり、現実が好転するということは・・・

まさしく、ピンチがチャンスですね!

/////////////

 質問とは、ここに紹介したポイントのことですね。

 一般に、第二の人生という言葉は、現役の仕事を引退して定年退職してからの老後の人生のことを言います。

 この本では、人生の第二段階ですから、若干混乱しますが、微妙に違います。

 第一段階とは、私達は、本来は無限のパワーを持ち、どんな願いも叶えられる偉大な力を持っているのに、その無限のパワーに気づかずに、つまり、「本来の自分」に気づかずに、失敗や苦しみばかりの人生を送ることになります。

 この苦しみは、本来の自分が、仕掛けている!というのですから、何にも言えません。
 
 この本の説明では、

=======

【第一段階】

「人間ゲーム」の第一段階では、「本来の自分」がすべての力と創造性と巧妙さを総動員して、あなたが本当はどんな人間で、あなたの自然な状態がどんなものかを隠し、決してみつけられないようにしてしまいます。

「制限された自分」と三次元の競技場が現実のものだと信じ込ませ、どんどん制約を厳しくして、自分が本来とは正反対の存在であると思わせる為にあらゆる手段が講じられます。

=======

 第一段階では、今の状態で物事を立て直し、改良してスムーズに進行させ、欲しいものをすべて手に入れ裕福で幸福になれると、あなたに信じ込ませる戦略も使われます。

 しかし、セルフヘルプや成功ノウハウのカリスマが何と言おうと、「人間ゲーム」の第一段階で、それが実現することはありません。

 とも、この本には書いておりますが、第一段階では、何をやっても成功しないのは、「本来の自分」が、すべての力を総動員して妨害しているのですからで、無理もありませんね。

 「本来の自分」の神がかり的な無限のパワーには、私達がいくら抵抗しても勝てる見込みはないのです。
 
 ですから、できるだけ早く、第二段階に進むことを意識するのです。30代でも、40代でも、第二段階に進むことができるのですから、若ければ、若いほどラッキーなのです。 


 そして、第二段階のこの本の説明は

/////////////


【第二段階】

第一段階で、あなたが自分自身の本来の姿を忘れ、制限され、制約の多い経験に没頭するようになると、「本来の自分」はあなたを第二段階へ誘います。

この時点で、あなたは自分には何かが足りない、何もかもが意味を持たない、自分の知らないところで何かが起きているのかも知れないと感じ、自分が不完全な人間だと思うようになります。

そして、答えを見つけよう、人生におけるより高い目標を見つけようとします。

この時、あなたはまだ自分の真実の姿や、自分に本来備わっている力や知恵、豊かさに気づいてはいませんが、それでも「真実」を探し始めます。

すると「本来の自分」は役割を変え、あなたを「世紀の宝探し」に連れ出して、第一段階で隠した力や知恵、豊かさを取り戻す手助けをするのです。

ひとたび力と知恵と豊かさを取り戻せば、あなたは何の制約も制限も受けずに「人間ゲーム」に参加できるようになります。

/////////////

 第一段階との大きな違いは、「本来の自分」は役割を変えて、 私達に、本来の力や知恵、豊かさを取り戻す手助けをしてくれるのです。

 これは鬼に金棒!よりも頼りになります。

 そして、第二段階では、第一段階で今まで封印されていた力を取り戻すために、不快な思いや悪い感情を利用するのです。

 苦しみの感情から力を取り戻し「本来の自分」になれるのですから、苦しみの感情の中に宝が埋っているのですから、大歓迎なのです。

 苦しみが生じても、それを糧(かて)として、新たな飛躍ができるのですから、これほどあり難いことはありません。

 ですから、以下のようなポイントになるのです。

=======

・【第一段階】では、私たちは悪い感情が消えることを望む。

・【第二段階】では「やってこい!」と言う。

そうすれば、フィールドに置いた限定的な卵から、力を取り戻すことが出来るからだ。

=======

 ただし、要注意なのは、この悪い感情を批判したり、判断すると第一段階にとどまりたい!という観念になってしまうので、つまり、ねばりっこく、凝り固まってしまうので、その感情を、ありのままに受け入れることが大切なのです。

 チベット仏教や、小乗仏教の苦から逃れる行法は、その苦の感情を素直に受け入れ、あるがままに観て、その不快感を直に体験するだけで、苦しみから自由になれる!となっていますが、

 この本では、さらに、苦の感情の根っ子にある力を取り戻す!というのですから、より強力な方法なのです。

 と、言うよりも、それだけ長く自分の内面に意識を深めておりますから、つまり、それだけ長くフィールドに集中する内観法になりますので、高い効果が期待できるのです。

 この本の内容が100%信じられなくても、感謝を深めて、相当に深い内観法になっておりますので、実践する価値は能望と同じくらいあります。

 この本の作者が断言している効果の10分の1でも、実現できたらそれこそ、世界一になれなくても、日本一くらいにはなるので、実践する価値があるのです。

 今後は、第三段階も出てくると思いますが、今のところは、一人でも多くの人が、第二段階の奇跡の領域に到達できることを願っております。

 ありがとうございました。

=======
 
 弱者救済のプロジェクト、ご希望の方には、メールを差し上げますので、ご自分の住所、氏名を書いて、私の アドレスまで、直接メールを下さい。

 今まで、登録希望されていた人で、参加できていない人も再度、アタックして下さい。


スポンサーサイト