九識は根本意識で宇宙意識ですから、それこそ大魔神になりアラジンどころではなくなります。

< 第2031回 > 2012年11月23日 発行

 以下のようなメールを頂きました。

/////////////

鈴木様

朝早くすみません。昨日またびっくりしたことがありましたので、ご報告致します。

エコロンとシャンプーが切れかかってたので、また100円ショップのものに切り替えようか考えてましたが、急にこれを機会に〇〇〇の製品を使ってみようと思いました。

問題なのは、私のスマホではログイン出来ないので、ネットカフェまで行かなかければならず、使用料金もかかるのことでしたが、昨日の夜、毎日の習慣で降龍をやりながら、困ったな。諦めて100円ショップにしようか 。

パソコンないと不便だな と半分愚痴りながらやっていましたが降龍もさほどいい気分にもならず、 二回で止めて、何気なく〇〇〇のホームページをスマホから見てました。

その時、商品情報をなぜか見ようとして、そのページの右上のログインマークを無駄だろうと思いながらクリックしたら ログイン画面が出てきて、ログイン出来ました。

今まで何度トライしても、ダメで〇〇〇に問い合わせたらスマートホンではログイン出来ないと言われたのにです。

送料、代引き込みだと高いとは感じましたが、思いきって注文しました。

奇跡でした。今日はログイン出来ないかも知れません。

それより不思議なのは、かなりネガティブな気分で降龍をやって、しかもイメージをしたわけでもいい気分になったわけでもなく、それでもなぜ奇跡が起きたのかなということです。

今まで降龍で何か起きるのは、丹田の奥底から温かいような柔らかいエネルギーを感じる時だけでした。

今回のケースは初めてです。降龍は本当に不思議なツールですね。

従来の願望達成の法則が当てはまらないように思います。ますます降龍、昇龍を追究したくなりました。

ありがとうございます。

石川県金沢市 〇〇 〇

/////////////

 メールありがとうございます。

 この方は、思いがけなく臨時収入が入ったので、マネゲの本を買うことができた!ということで、メールを頂いた方です。

 降龍も意識を深める手法で、マネゲのプロセスもl内面を深める手法ですから、恐らく、有り得ない奇跡が起きたのではないでしょうか。 

 一般に意志の力を強めるよりも、気楽に取り組むほうが奇跡は起きやすくなります。

 探し物は忘れた頃に見つかる!とか、願望の達成も、やっ気になって取り組んでいる時よりも、何も考えないで忘れた頃に実現するのです。

 それにしても、私のところで起っている有り得ない奇跡も、能望やプロセスで内面を深めているからだと思われます。

 第二段階に進み、先日は自分が良かれと思っていたものが、危うくカモになりそうになり、非常に不快な気持ちになりました。

 その不快が大きなエネルギーを取り戻すことになり、有り得ない奇跡になっているのです。

 ですから、最近私に与えられた有り得ない奇跡だけでなく、皆様にも、不快になることがあると思いますので、プロセスで内面を深めて、まだまだ、多くの人のためになり、このプロジェクトの繁栄にもつながる奇跡のプチビジネスを引き寄せて下さいね。

 第二段階に進むと落胆することもありますが、有り得ない奇跡も頻繁に起きていますから、皆様も降龍やプロセスで内面を深めて下さいね。

 この頂いたメールでは、スマホが奇跡を起こしていますが、ちなみに今回の奇跡のプチビジネスでも、スマホが奇跡を起こすことになります。

 誰でも簡単にできるスマホでの作業が奇跡を起こすことになるのですが・・・・。

 メールを読んでいて、シンクロを感じました。

 3年という短期間で、スマートフォン端末市場は急激に変化しています。歴史上有り得ない程の急激な変化なのです。

 急激に変化してるということは、ものすごいエネルギーの流れがあるのです。

 人間の脳が手のひらサイズの高性能のコンピューターを友達としてあるいは自分の機能の一部として、呼び込んでいるようです。

  高性能のコンピューターが、手のひらに収まり、まるで、持ち運びのできる万能の魔法使いです。

 万能の魔法使いを自分の右腕にすれば、自分の表面の能力の100倍も、1000倍も、10000倍にもなり、可能性は無限大に広がるのですから、ものすごい進化です。

 高性能のコンピューターには、電話もカーナビもカメラもビデオもそれから・・・・・も、いっぱい付いているので、これらを使いこなせば、まるで、アラジンと魔法のランプのアラジンになったようです。
 
 国家も企業も個人であっても情報の格差が致命的になり、このような魔法を使いこなさなければ生きていけない時代になっています。

 ところで、ほとんどの人は、マネゲの本は、1~2回読んだ程度でそのままになっていると思いますが、それは、無意識の潜在意識の為せるワザだと思います。

 先日も事務所に来た人が、マネゲの本を買いましたが、他の本を友達に進められて、途中までに読んだだけで本棚に入っています。

 と、言っておりました。これもあきらかに、無意識の七識=マナ識が、邪魔をしているのです。
 
 この七識=マナ識は、潜在意識とか深層意識とか言われるもので、六識の奥にあるより深い意識になります。

 それだけに非常に強い力を持っており、無意識の内に「六識」及び意識下の行動に影響を及ぼしています。

 マインドコントロ-ルや催眠術などは、この「七識」に働きかける行為で、そこに刷り込まれると非常に強い影響を与えるのでやっかいになります。

 そして、この七識が人間の欲望や執念などの煩悩(我執)の元とされております。この無意識下の七識に煩悩があるのですから、六識で煩悩をコントロ-ルしようとしても次から次ぎへと七識から湧き出てくるのです。

 マナ識は、高度な精神活動でもあるのですが、問題になるのは、そこにある、自分にしがみつく「我執」です。

 これはやっかいなことに、意識でコントロールできるものではありません。

 人は自分の内なる煩悩に支配されて生きているため、それまで培ってきた経験や時々の感情、環境や付き合う人達などに大きく影響されているのです。
 
 ですから、七識をコントロールできる八識や九識まで意識を深めるのです。

 九識は根本意識で、宇宙意識ですから、それこそ大魔神になり、アラジンどころではなくなります。

 これは、本当の自分であり、フィールドに至ることになりますから、有り得ない奇跡を起こすためにも、意識をさらに深めてくださいね。
 
 ありがとうございました。



スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事