東洋ではメンタルブロックの解除のことを潜在意識の浄化と呼んでいます。

< 第2037回 > 2012年11月30日 発行

11月も最後になり、明日からは師走ですね。

 スマートホーンつながりで、アイパットやアイホーンの発明は、アップル社の故・スティーブ・ジョブズ氏でしたが、 「スティーブ・ジョブズ氏の愛読書は確か「弓と禅」でしたか?」という質問がありました。

 スティーブ・ジョブズ氏が他界されたのは、昨年の11月でしたので、メルマガにも書いた記憶があり、探してみたら、昨年の12月1日のメルマガに書いてありました。

 昨年の明日ということになります。

 今度のプチビジネスには、アイホーン5が最適の様です。

 こんなところで、スティーブ・ジョブズ氏とも微妙に関わっているとは、不思議です。

 成功の的は内にあり!で、命中は心の中にしかありません。これは、スティーブ・ジョブズ氏も愛読書を読みながら極めていたことです。

 「的外れ」(まとはずれ )にならないように、あと1ヶ月を有意義に過ごして下さい。

 昨年の12月1日のスティーブ・ジョブズ氏と彼の愛読書だった「弓と禅」のことが書かれているメルマガです。

//////////////

皆さん、こんばんは。

 今日、師走の1日目なので、能力開発で大切なことを書きます。

 プロジェクトの成功のために参考にしてください。
 
・「メンタルブロック」=「心のブロック」=固定観念

 メンタルブロックとは、心にある壁のことで、心のブレーキとか、固定観念とも言われています。

 何かに挑戦しようとしても、自分には「できるはずがない」と、行動する以前に既に出来上がっている、否定意識の壁、これがメンタルブロックです。

 私たちが成人するまでには148000語も、ネガティブな言葉を耳にすると言われています。

 つまり、私たちの生活環境は子供の時からネガティブな言葉であふれ返っているのです。

 生まれてから2~3歳くらいまではメンタルブロックはありません。

 けれども、メンタルブロックは、年齢を重ねる毎に記憶される失敗経験やまわりの批判などによって、徐々に形成されてきます。

 何かに挑戦しようとしても、心の奥底で「自分にはできない!」という思考が邪魔をして行動できないのも、メンタルブロックに妨げられているのです。

 願望の実現のために賢明に取り組もうとしても、心にブレーキをかけながら、アクセルを踏んでいる様なものですから、先には進めないのです。

 ですから、このメンタルブロック状態からは、なにも新しいものは生まれません。

 メンタルブロックがあるかぎり、物事が思うように進展しないし、成功の願望も非常に困難になるのです。

 つまり、メンタルブロックという心のブレーキをはずさない限り、あなたの夢も願望も叶うこともなく、至福への到達は困難を極めるのです。

 そこで、この心の壁を取り除くために、人間は昔から色々な智慧を絞ってきたのです。

 西洋では、近年になってやっと潜在意識の概念がわかり、メンタルブロックの解除に様々な取り組みが行われていますが、ほとんどが日本人には受け入れ難いものです。
 
 機械仕掛けのプログラムもありますが、人間の心に対応できる機械なんてあるはずもなく、100%が粗大ゴミになっているのです。
 
 今の日本では、西洋の能力開発が科学的で最も進んでいるかのように思われていますが・・・。

 数千年来の東洋の哲学のほうが、心の構造も理解していて、氣のエネルギーにも精通しているので、はるかに進んでいるのです。

 東洋では、メンタルブロックの解除のことを、潜在意識の浄化と呼んでいます。 

 ちなみに、世界の時流を変えたと言われている、アップル社の故、スティーブ・ジョブズ氏の愛読書は、「弓と禅」ということです。

 彼は、徹底した東洋的な哲学で、メンタルブロックという心のブレーキをはずしていたのです。

 ですから、彼には固定観念に囚われない、世界の時流を変る大胆な発想ができたのです。

 「的外れ」(まとはずれ )という言葉があります。

・《矢が的をはずれる意から》大事な点をはずしていること。見当違いなこと。また、そのさま。と、辞書にあります。
 
 「弓と禅」に出てくる弓聖・阿波研造氏の言葉に・・・。

 「的に向かって目を閉じる、すると的の方から近づいて来る、しだいに的と一体になる、それは自分と仏が一体になることです、的は自己の不動心の中心にあるから狙う必要なく、矢を目の前の中心におくだけです、だからあなたも自己の心の神に気付き、的と矢と一体になれば、的はあなたの心の中心にありますから狙う必要はありません。」と、あります。

 「弓道の神様」と呼ばれていた、伝説の弓道家、阿波研造氏は、的を見ずに目隠しをして、暗闇の中でも、矢を百発百中、的中させることができたのです。

 下腹部に精神を集中させて、丹田呼吸と、氣のエネルギーを練る実践で目標物である「的の真ん中」と一体化したのです。

 遠くにある小さな的がどんどん大きくなり、近づいてくる。そして、的の真ん中が、巨大な宇宙になれば、矢をどこに放っても、真ん中に命中するのは当たり前になります。

 ですから、目を瞑っても、暗がりでも、どんな状況下でも命中することができるのです。

 対象物も宇宙も自分も一つになるのです。丹田の奥の一点に、意識を集中することが、この神業を可能にしたのです。

 肥田春充という武術の名人も臍下丹田の一点を「聖中心」と称して、神業や奇跡を起こしています。

 彼も、目隠しをして針金の的を射止める!という神業を実現しておりますので、阿波研造氏の神業の真実を検証したことになります。

 成功の的は、西洋では外にあり、東洋では内にあるのです。
 
 スティーブ・ジョブズ氏も同じ東洋の哲学から心をコントロールする最良の方法を学んでいるのです。

 プロジェクトの成功も、命中は心の中にしかなく、同じなのです。

 けれども、多くの人は、「的外れ」(まとはずれ )になっているのです。

 つまり、成功するための大事な点をはずしていること。見当違いなこと。を、繰り返しているのです。

 私は、能望の実践で、丹田呼吸の素晴らしさを実感し、メルマガでも勧めてきました。

 奇跡を起こして成功するためにも、能望の実践で、自分の中心の中心の中心に、意識を深めて下さい。

 ありがとうございました。

=======

★弱者救済のプロジェクト、ご希望の方には、メールを差し上げますので、ご自分の住所、氏名を書いて、私の アドレスまで、直接メールを下さい。

 今まで、登録希望されていた人で、参加できていない人も再度、アタックして下さい。


スポンサーサイト