ハラを据える、ハラとは「肚」のことで、肚は腹、丹田のことでもあります。

< 第2042回 > 2012年12月06日 発行

 札幌では地響きのような雷がゴロゴロ鳴って、先日と同じ嵐の気配になっています。

 最近の冬の嵐は、台風並みに発達して被害が甚大になります

 先日のように電線が切れて暖房が無くなったら、寒冷の地では、命が危ぶまれますから、被害が大きくならないように祈ります。

 今まで、北海道には梅雨と台風が来ないというのが常識でしたが、最近は、冬になると、台風並みに発達した爆弾低気圧が頻繁に来るようになりました。

 今までの常識を変えなければなりません。

 これも、温暖化の影響なのか、これからの冬の風物詩にならなければいいのですが・・・・

  様々な分野で想定外のことが起きています。

 今後もその傾向は増えることはあっても減ることはないと、誰もが思っていることでしょう。
 
 ですから、想定外の出来事に、常識に囚われている頭脳だけでは対応できそうもないので、余程ハラを据えて構えなければなりません。

 このハラを据える、ハラとは「肚」のことです。肚は腹、丹田のことでもあります。

 このハラの重要性は「腹のできた人」「腹を据えて難事にあたる」「腹をくくる」「肝っ玉」「胆力」等々、日本人は古来から、ハラの大切さを強調してきました。

 日本では禅の教えなどから、正しい「知」の世界は頭脳にあるのではなくハラ=肚=丹田にあり、思考も頭脳で考えるのではなくハラで考えると言われてきました。

 臨済禅の中興の祖、白隠禅師も「我が此の気海丹田、腰脚足心、総(すべて)に是我が本来の面目」と、真実は丹田にあり!と断言しているのです。

「上虚下実」という言葉は、身体の上半分は「虚」であり下半分こそが「実」であると、つまり、下半分の丹田に真実がある!という意味です。

 武道、スポーツ等の勝負事、あるいは、晴れの舞台でのここ一番という実力を発揮するためには・・・。

 オリンピックでも、普段どおりの実力を発揮できる人は少ない!のです。

 昨日、高校生がマーチングの大会に臨むドキュメントの番組を見ましたが、それこそ、晴れの舞台でのここ一番という肝心な時に、ミスをしてしまうのです。

 ミスをしないように、ミスをしないように、と思えば思うほど、どんなに練習しても、ミスに誘導されてしまうのです。

 野球で言えば、痛恨のエラーです。

 それでも、目標に向かって、一心に励む高校生の姿には感動しました。

 一生懸命は美しい!一生懸命に花が咲く!という言葉がふさわしく、高校生の懸命さと純粋な涙には、本当に胸が熱くなりました。

 県の代表を決める時に、顧問の先生が、この曲は「愛」だから、会場を「愛」でいっぱいに満たして上げなさい!と、励ましたら、生徒の様子が変わり、まるで、ハラが据ったようになり、ものに動じなくなったのです。

 その会場では、ミスをすることもなく、完璧にできたのです。

 やはり「愛」は、レベルが違い、どんな緊張や動揺にも打ち勝てるレベルだと思いました。
 
 全国大会の時に、この「愛」のアドバイスがあったら、と、思いましたが、肝心なところでミスをしても、みごとに金賞でしたから、皆が一丸になって奇跡を起こしたのです。

 普段の練習の時も、日常の生活においても、この肚づくりが求められ、肚で思考できる人間づくりの必要性を感じました。
 
 学校でも、社会でも、頭脳中心の教育や仕事で、意識(気)が常に上半身にあり、下半身の丹田に下ろす訓練は皆無です。

 感謝を深めること、愛を深めることは、中心の中心の中心に至ることになりますから、下半身の丹田に意識(気)を下ろすことになります。 
 
 ありがとうございました。

=======

★弱者救済のプロジェクト、ご希望の方には、メールを差し上げますので、ご自分の住所、氏名を書いて、私の アドレスまで、直接メールを下さい。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事