「ミロクの世」を迎える

< 第2047回 > 2012年12月12日発行

 全国的にインフルエンザの患者さんが増えているそうです。

 プロジェクトのプロポリス歯磨きは、天然の抗菌力に優れたプロポリスが配合されてておりますから、これで、歯を磨き、仕上げに舌のプラッシングをするだけで・・・・・。

 ほぼ完璧にインフルエンザの予防になるのです。

 プロポリス歯磨きがない時の舌のプラッシングだけでも、従来の10分の1まで感染率が激減するのですから、プロポリスの舌のプラッシングはより高い効果が期待できます。

 プロポリス歯磨きは、まろやかで、不快な辛さや刺激がないので、お子さんでも抵抗なく舌のプラッシングができると思います。

 インフルエンザに感染して苦しい思いをするよりも、普段から完璧な予防を心がけて、毎日元気に過ごしてくださいね。

 雪国の人も、雪の処理で体力が消耗すればするほど、インフルエンザや風邪にかかりやすくなります。

 特に年末の忙しい時に、インフルエンザで、1週間も寝込んだら大変ですから、ベストな予防法で、乗り切ってくださいね。 
 
 さて、今日は、2012-12- 12と、12が並んでいます。縁起が良いのか否か、それは、それぞれの視点になりますが、すべては現在の今の瞬間のワクワクしたり気持ちから拡大していきます。

 ですから、最高に良いことが起る!という、ワクワクしたり気持ちから拡大して行きます。

//////////////

 真実は、今しかないのですから、何が起きても、今この瞬間のワクワクしたり、気持ちが拡大していくような感情から反応をしていくことが、真実の世界なのです。 

 わたしたちが「今この瞬間」に存在すると、第一幕の分離した世界を後にして、第二幕の本当の世界に入ることになります。

//////////////

 昨日のラジオは、時間が押していたので、今の瞬間のワクワク感を説明することができなくて、終わってしまいました。

 メルマガでしっかり説明しなさい!ということなのかも知れません。

 いずれにしても、私のメルマガの2000回も、今回の2012-12-12も、第二ステージへ移行するターニングポイントの象徴になる数字であることに違いはありません。

 不快なことが起きても、何が起きても、感謝を深めて、その不快の現象からエネルギーを取り戻すのです。

 2012-12- 12から、12を3倍したら36ですから、ミロクになります。

 今この瞬間のワクワクしたり気持ちが拡大していくような感情を常に持ち続けることが、ミロクの世になる!ということかも知れません。 

船井先生 のブログにミクロの世のことが書いてあります。
 
//////////////

 地球世界は、いま大激変中です。近々(2011年~2020年くらいの間)に、90%以上の確率で「ミロクの世」になるというか、アセンションが起こりそうだと私たちは思っています。

 ところがそのことを、ほとんどの人は知らないようです。

 ほんとうにのんびりしているように見えます。

 その理由の分っているだれかが大衆に知らさないと、大変なことになるし、犠牲者も多く出ると思う…という話になりました。

 われわれ二人はともにそれらのことに詳しく、その原因や理由や「世の中の構造」も知っていると言えそうです。

 そこで二人で知らせる方法を考えよう…ということになったのです。

 本書は、そのために、私と飛鳥さんだけでなく、私が特に親しかった神坂新太郎さんことkoro先生にも座談に参加してもらい、3人で話し合う形にしたものです。

 といいますのは、飛鳥さんは神坂さんのことをほとんど知りませんでした。彼が神坂さんのことを知ると、より二人の話しというか本書の内容が具体的に分ると思ったからです。

 なぜなら1943年─45年に、すでにUFOをつくり、プラズマの活用を知っていた神坂さんのことを飛鳥さんが知る意味は大きいと私は思ったのです。

 読者にもこのことと理由を知ってもらうと、いろんなことがよく分ってもらえると思います。事実としてアメリカにUFOのつくり方を戦後すぐに教えたのは、神坂さんなのです。

 2007年9月11日に88才で亡くなった神坂さんと私は、週に1~2回は手紙や資料のやりとりをしていました。

 私の手元に何百通も彼からの手紙などがあります。本当に気のあう人でした。どちらかといえば私の方が一方的にいろいろ教わりました。

 そこで彼を世の中に紹介しようと思いました。そのために直接、彼から、生い立ちや生きざま、研究してきたことなどを、ニルバーナ(人間の魂の行ける最高のところ。ここにアカシックレコードがあると言われています)に旅立たれる直前に、長時間にわたって聞いてテープに残していました。

 本書では3人の座談の形をとりましたが、本書でのkoro先生の発言は100%、私が彼の立場と気持になり、書いたものです。

 とはいえ、すべて生前の彼のコトバ、資料などにしたがい、とことん気をつけて、彼の立場とコトバで正確に発表しえたと思っています。

 とてつもない偉大な科学者であった神坂さんと、多少、自分流にものごとを結論づけてしまうくせがありますが、日本ではトップクラスの情報通で、その情報の正しさには定評のある飛鳥さん。

 そして常に客観的、理性的すぎるといわれている現実家であり、経営のプロともいえる私(船井幸雄)の、3人の珍しい座談書が本書といえると思います。

 これをお読みいただくことで、2011年~2020年に「大変化がおきる」と飛鳥さんや私がなぜ言うのかも、普通の人ならご理解いただけるとも思います。

//////////////

 ここに出てくる神坂さんとは、偶然にもオフラインのプチビジネスを仙台から持ってきてくれた人と同じ名前なので驚きました。

 私は、名刺を頂いて、この名前を見たとき天が関与している!と、直感しました。

 第二段階だからこのようなことが起きるのか??とも思いました。

 2011年~2020年に「大変化がおきる」というのは、天変地異ばかりでなく、ミクロの世のことですから、良い意味での大変化も期待できるのです。

 失われた20年で、国民は莫大な金額を失っております。

 4人家族だと1億円もの当然収入になっているお金が、政治家や何もしない無策の官僚のために奪われた形になっているのです。

 選挙の公約でも、経済の回復が最優先で、景気を良くして国民の所得を上げる!ことが掲げられておりますが、どこの政党も、具体的な方法はありません。

 けれども、私達のプロジェクトのプチビジネスでは、オンラインもオフラインでも、一家が失った莫大な金額を、具体的に取り戻すことが確信できるのです。

 オンラインもオフラインも、神様が与えてくれたプチビジネスで、一つの家で、毎月30万~50万円のお金を取り戻すことができる!と、まるで、アカシックレコードからのお告げのようです。

 第二ステージのプロセスは、力を取り戻す!ことが主眼です。

 自民党は国を取り戻す!と、スローガンに掲げておりますが、経済の回復がなければ、つまり、国民の所得を上げなければ、絵に描いた餅になります。

 私達のプロジェクトでは、どの政党も官僚も20年間できなかったことが、オンラインもオフラインも、神様が与えてくれたプチビジスで実現しようとしているのです。

 そして、長期的なプロジェクトのビジネスもしっかり支えて、多くの国民が20年間で失った莫大な金額を取り戻すことができて、「ミロクの世」を迎えることができるのです。

 ありがとうございました。






スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事