悟りの領域に達した人が書いた本の意識レベルは非常に高くなります。

< 第2065回 > 2013年01月10日発行
 
『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』の著者が4月に来日するそうです。

/////////////

こんにちは、ヴォイスプロジェクトの宮本です。

ニューヨークタイムズ紙のベストセラー『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』の著者であり、マンパワー創始者の孫であるロバート・シャインフェルド氏が来日して、4月6日・7日で2日間ワークショップを開催します。

テーマは「マネーとビジネスのゲームから脱出する法」です。

書籍『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』(弊社刊)は日本でも大好評で、アマゾン書評においても、下記のような絶賛を頂いております。

■バシャールやセドナメソッド、「空」(MANA)、アンフィニ、オ・ポノポノなどとほぼ同じ世界観

■精神世界の本としても最高水準

■書名は億万長者になるための方法みたいですが、内容は極めて高度なスピリチュアルなものです。

■自分が何者であり、真の創造とは何かに目覚める画期的な本です。

■エネルギースキルとしては、他に例がない手法

■マーフィーから始まり、バシャール、ラマナマハルシなど、精神世界系の本、自己啓発書などは数多く読んできましたが、ここまでワクワクして興奮して読んだ本は初めてです。

■現世の悟り

■スピ系、成功系、心の癒し系、心理科学、脳科学、いろいろありますが、そんな中で、最高クラスにおもしろいです。

■「スピリチュアル本ジプシーは終わりを告げそうです」

■何十冊もの精神世界に関する本を読んできましたが、これほど分かりやすくかつ熱中し、惹かれた本はないです。

ワークショップ開催に向けて、昨年末から密なやりとりをスタートしているのですが、私からするとロバート・シャインフェルド氏は「目覚めちゃった人(覚醒者!?)」という感じで不思議な人です(I am sorryという言葉を頻繁に使う珍しいアメリカ人さんでもあります、笑)。

ワークショップでは、巧妙に仕組まれたマネーとビジネスの罠からあなたを脱出させるために、ロバート氏がその罠に対してさらなるトラップを仕掛けます。(映像やパワーポイントなどを多用する新感覚ワークショップになりそうです)。

今後の御案内は無料メルマガ「心のビジネス通信」でメインに行わせて頂きますので、ご興味のある方は下記より「心のビジネス通信」にご登録頂けますと有り難く存じます。
http://www.voice-inc.co.jp/mailmagazine/

******
株式会社ヴォイスプロジェクト
チーフ・ディレクター
     宮本 侑希(ミヤモト ユウキ)

〒106-0031 東京都港区西麻布3-24-17-2F
(セミナールーム&ショールームは同5F)
VoiceNLP公式サイト http://nlpvoice.com/
******

※本メールは書籍『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』をご購入下さった方にお送りさせていただいております。このような御案内メールが不要の方は、たいへんお手数ですがngmail@voice-inc.co.jpに「マネーゲーム配信停止」という件名で空メールをお送りいただけますと有り難く存じます。

/////////////

 これは、ヴォイスという出版社のメルマガです。

 世の中に100%完璧な本はありません。聖書も、コーランも、仏教の経典だって、人間が書いたものですから、意識レベルが1000の本はありません。

 ただ、悟りの領域に達した人が書いた本の意識レベルは非常に高くなります。

 『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』の作者は、まだ悟りの領域に達してはいないようですが、それでも本の内容からもかなり覚醒に近づいていることは確かです。

 小悟とか大悟という言葉もありますが、大悟まで至らなくても、小悟は何度か経験していると思います。

 白隠禅師は、「大悟十八回、小悟は数知れず」と、言っておりますが、まだまだ深いものがあります。

 この本では、誰もが明るく第一段階から脱出する方法が書かれております。

 こんな方法もあったのかと驚きでもありますが、成功への助けになりますから、今年も注目していきます。

 ありがとうございました。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事