最も大切な意識や感情を悪しき行為で害すると後からその報いが必ずあります。

< 第2068回 > 2013年01月14発行
 
 部活の顧問の暴力で、高二の生徒が自殺して、社会問題になっておりますが、これは生徒の感情を無視した行為で、結果さえ良ければ、手段を選ばない!という非常に無知で怠慢な教師の指導になります。

 目には見えませんが、最も大切な意識や感情を悪しき行為で害すると、後からその報いが必ずあります。

 20年~30年くらい前までは、色々な分野で、悪党が世にはびこり、陰に隠れて、多くの人を苦しめても、表立って世に出ることは稀でした。

 けれども。最近は、政治家も、企業も、そして人も、目には見えないことだからと西洋的な判断で、人の感情を害するような悪行をすると、その報いがはっきりと返って来るのです。

 みんなやっていることなのに、なんで俺だけが逮捕されるの?と、逮捕された政治家の言葉もありましたが、昔は当たり前に黙認されたことが、今は、明るみに表に出て、犯罪者になってしまうのです。

 最近では、原発問題、民主党の政治、田中真紀子さんの独断、生徒のいじめ、暴力教師の怠慢な指導・・・・、これらの人の感情を無視した悪行には天罰が下るのです。

 これは、目には見えない心を無視してきた西洋の時代から、心や感情を大切にする東洋の時代に転換しているからだと思います。

 中国の北京では現在、光化学スモックの公害で、市民の健康の被害は深刻になっているそうですが・・・。

 日本でも、以前は光化学スモッグ等で、水俣病、四日市ぜんそく、そして、河川や海の水質汚濁の水俣病などの公害病が多発しました。

 中国では、かつての日本のように、西洋の合理的で利己的な人の健康よりも経済成長という風潮で、人命も感情も軽視して多く国民が犠牲になっているのです。

 中国の国民に東洋の哲学が根底にあれば、世界が大きく変わるのですが、まだまだ日本の50年くらい前のエゴが丸出しの弱肉強食の世界ですから、世界中から非難されております。

 中国は、日本をはじめとして周辺の国々の感情を害していますから、問題なのです。

 これは、他人事ではなく、プロジェクトのビジネスの世界でも言える事です。

 従来のビジネス展開では、99%の人が失敗する根本の原因がこの感情にあるのです。

 従来のビジネスでは、相手がどのような感情になろうともそれは相手の勝手で、こちらには何の責任もない、結果さえ良ければ、自分さえ儲ければOK、という風潮が横行していました。

 相手の感情や意識は無視です。騙されたほうが悪い!と、言わんばかりの、あきれた風潮がありました。

 これでは、成功するはずもありません。

 マネゲでは第1段階と第2段階があり、第2段階に進むことが、本当の意味での成功が約束されるのです。

=======

 第1段階は、

・行動重視
・外部のもの (ホログラム) 重視
・ホログラムを直接どうにかすること重視、

 そして、第2段階は、

・内面重視、
・感情・感覚重視、意識重視の状態。
・自分の内面の状況がホログラム

=======

 このことを知っていれば、感情や意識を無視したり、軽視することはできないはずです。

 いじめや体罰も有り得ないし、自分だけが儲けようとするエゴを丸出しの商法もできないのです。

 安倍さんは国を取り戻す!と断言しておりますが、第2段階では、第1段階で失った力を取り戻すことに重点を置きます。

 そのためにも、人の感情や意識を大切にして、自分の内面や感情も大切にするのです。

 私達のプロジェクトの第二ステージも、徹底して人様の感情を大切にして展開しております。

 ですから、勧誘も、説得も、セミナーも、従来のビジネス展開で99%の人が失敗していた原因になる感情を害するものは一切ありません。

 人の感情を害する行為は、感情を大切にする第2段階では有り得ないのです。

 第1段階の今までと同じことをしていては、失敗するのは目に見えているのですから、感情の観点からも、意識レベルを高めるのです。

 第2段階では、第1段階で本来の自分が、自分に課していた制限、制約から解き放たれ、本来の自分の力を取り戻すためにも意識レベルを高めるのです。
 
 ありがとうございました。


スポンサーサイト