時代はインターネットがどこでも利用できるスマートフォンが主役になる

< 第2071回 > 2013年01月18日発行

 先日、テレビで、ソフトバンクの孫さんが、これからの10年間は、スマートフォンが世界を変えていくでしょう。と、話しておられました。

 時代の寵児と呼ばれている孫さんですから、過去の経緯や、アメリカの市場を見据えての分析だと思います。

 スマートフォンが、これからの時代の大きな流れになり、つまり、「富」の源泉になり、ゴールドラッシュの様相を呈することになる!と、時代を読んでいるのでしょう。

 スマートフォンの他にも、様々な分野でも「富」の源泉が生じると思いますが、その中でも全世界を巻き込んで、ゴールドラッシュのような大きな「富」の獲得合戦が熾烈になることを示唆しています。

 時代は、テレビからインターネットに移行し、情報も、広告も、販売も、インターネットが主流になろうとしているのですから、インターネットがどこでも利用できるスマートフォンが、主役になるのは当然のことです。

 時代を読み違うと人生まで変わってきますから、耳を傾けるべきです。

 ところで、ゴールドラッシュで最も大きな富を得たのは、金を発見した人でも、金鉱の鉱山主でも、鉱山で働く人でもなく、金とは直接関係のない、つるはしやジーパンを売った人達でした。

 その当時のジーパンの会社が、現在でも残って繁栄しておりますから、ゴールドラッシュで、末永く大きな富を得たのは、ジーパンの商いということになります。

 これは以前にメルマガにも書きましたが、ゴールドラッシュで、ジーパンとは意外な組み合わせで、一攫千金の宝の山を発見するために欲望をギラギラさせて集ってきた男達をうらめに、地道にコツコツと稼いだジーパンの商いのギャップは面白いと思います。

 このことと比較しながらスマートフォンの富の源泉を考えてみると、スマートフォンの発明者や、それを生産している会社、そして、普及している通信会社よりも・・・・・。

 スマートフォンに関連した、アプリのような産業が、大きな富を得ると思います。さらに思いもよらない商売も出現するかも知れません。

 IT関連では、マイクロソフトもそうですが、ハードよりもソフトのほうが、漠大な富を得る傾向にあります。

 ソフトバンクも、元々はハードでなくてソフトを売って莫大な富を得た会社です。

 もちろん、最初はスマートフォンを生産している会社や通信会社が大きな富を得るのですが、長い目で見ると、アプリのような関連のソフト産業が、何倍もの莫大な富を得ることになるのです。

 このように考えると、私達のような、部外者でも、スマートフォンのソフトのアプリ関連で、莫大な富が得られるチャンス到来になるのです。

 いずれにしても、スマートフォンを使いこなし、アプリも活用できることが、このチャンスをものにできる最低限の条件になります。

 今までの携帯電話で、メールが打てる人なら誰でも、2~3日で、この最低限の条件はクリアできます。

 スマートフォンから遠ざかっている40代、50代、60代の人達は時代の流れに逆行していることになるので、想像以上のデジタル・デバイドが生じることになります。

 孫さんは、50代の半ばですが、スマートフォンは世界を変える革命のように思い、自分の運命も劇的に変えてくれる非常に大切なものと認識されているのです。

 スマートフォンは、持ち運びができてインターネットにアクセスできる手のひらサイズのコンピュータです。

 いつでもどこでも瞬時に情報が得られて、電話もできる高機能携帯電話なのですが、これを使いこなせるか否かで運命がかわる!と、時代の寵児が確信しているのです。

 これからは、スマートフォンが苦手な人に訪れるデジタル・デバイドの重大な悲劇が次々に襲い掛かってくるのです。

 スマートフォンが人々の生活や仕事に浸透するにつれて、スマートフォンを活用できる人とできない人の格差がますます広がっていきます。

 これが、「デジタル・デバイド」と呼ばれる現象なのです。

 これは格差そのものを指すのではなく、「デバイド=分割、分水嶺」という単語が示すとおり、一定のラインを境に運命が大きく違ってしまう状況をとらえた言葉なのです。

 それは、携帯電話の流れ以上に、スマートフォンが世の中を変えるのですから、ここからの情報が得られないことは莫大な富が得られないことになるのです。

=======

 若者や高学歴者、高所得者などが情報技術を活用してますます高収入や雇用を手にする一方、

 コンピュータを使いこなせない高齢者や貧困のため情報機器を入手できない人々は、より一層、困難な状況に追い込まれる。

 いわば、情報技術が社会的な格差を拡大、固定化する

現象がデジタルデバイドである。

=======

 情報の格差は富の格差でもあります。

 年齢に関係なく、先に進める人はどんどん前に行くけれども、進めない人は、いつまでたっても進めません。

 そんな人でも、携帯電話は持っていると思います。

 あと何年もしないうちに、いつまでたっても進めない人でも、当たり前のようにスマートフォンを持つようになるでしょう。

 私達のプロジェクトでは、2月からスマートフォンを使い、恐らく社会現象になるほどのプチビジネスを始動致します。

 2月から第二段階に入るのか、この奇跡が本格的に始動すると、100万人が実現するのです。

 非常に有り難いことです。

 スマートフォンで無尽蔵の「富」の源泉を掘り起こすのです。

 ありがとうございました。


        < お 知 ら せ >

 多忙につき、しばらくの間、土、(日)、月のメルマガはお休みに致します。この日の他にも、突発的に休む日もあると思いますので、ご了承下さい。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事