スマホは夢を叶えてくれる打ち出の小槌か魔法のランプのようになるのです。

< 第2078回 > 2013年01月31日発行

 明日から2月です。いよいよ第2段階の2になります。

 自分や家族は、自分達で守る時代!

 日本は、国の借金が1000兆円を超えて、先進国では最悪の状態ですから、この先いつ国家破産してもおかしくない状況です。

 ですから、今までのように国や企業は、あなたを守ってはくれません。

 終身雇用制度が終わり、一流企業も副業を奨励しているくらいですから、あなたの面倒は、自力でみるしかありません。

 老後だって、今後も厳しくなる事は明らかで、国も、企業も無い袖は振れないのですから、自分で稼がないと生きてはいけないのです。
 
 こんな不況の折に私達は、iphpneやアンドロイド、またipadに、アプリをダウンロードする小遣い稼ぎのビジネスに遭遇できました。

 奇跡的にも、現在最も勢いのある業界の成長期にあるビジネスの情報が与えられたのです。

 スマホ関連のビジネスですから年齢が限られていて、そんなもので、収入が得られるのか?と、疑問に思われる人が大多数だと思います。

 従来のネットビジネスは、特に高齢者やパンソコ初心者には全く向いていませんし、収入になることはほとんどありません。

 商材をいくつも買って、マニアになっても、成功でききるのは、ほんのひとにぎりの人で、大多数の人にとってそこから収入をえることは、困難で無理なのです。

 ネットビジネスで成功できる可能性の高いのは20代~30代前半で、子供のころから、ファミコンなどのテレビゲームで育った世代にかぎります。

 そんなに高度で専門的な技術や方法はいらないのですが、ネットの世界独特の難解な言葉の羅列で、ほとんどの人が挫折してしまうのです。

 ですから、スマホ関連のビジネス!と聞いただけでも、尻込みしてしまい、否定できになり、受付つけなくなるのと同じ現象です。

 ところが、アプリをダウンロードするだけの誰でもできる簡単な作業ですから、若者世代だけでなく、親の世代も、祖父母の世代も少しのフォローがあれば、できてしまうのです。

 あの3.11の時には、お孫さんが、おじいちゃんやあばあちゃんの命を救ったり、様々な物語があり、家族の絆の大切さをお思い知らされました。

  三世代が一丸となって、チームを組んでこのチャンスをものにするのです。

  小さなことを大きな愛を持って取り組むのです。

 ・家族の信頼と絆を取り戻す。
 
 ・今までつぎ込んだお金と労力を取り戻す。

 ・自分の誇りと尊厳を取り戻す。

 家族の中で、愛と感謝の波動を深めることができれば、それだけで成功の確率は高まります。

 家庭内の波動も高まり、家族のみんなが幸せになるのです。

 そして、大企業とか、上場の企業が幾つも参入していて、しかも、爆発的に普及しているスマホでお小遣いが稼げるのですから、数十万人どころか、数百万人の組織に発展すると思います。

 無料で電話ができる「ライン」というアプリが日本だけで3000万人の会員を集めています。 

 このビジネスは、無料どころか、お金がもらえるのですから、そのインパクトが全然ちがいます。

 一気に数百万人の会員が集り、社会現象になると思います。

 と、昨日も書きましたが、スマホでお金を稼いで豊かになっている数百万人、あるいは数千万人の会員がスマホを常に手に持っていると言うことは・・・。

 スマホは夢を叶えてくれる打ち出の小槌か魔法のランプのようになるのです。

 スマホから得られる情報が自分達の生命線だと無意識に思うようになるのです。

 主催会社に取っては、これほど、耳を傾けてくれて、何でも従順に聞いてくれる上客というのか、お得意さんというのか、歴史上、今までには有り得なかった豊かで素晴らしいお客さんの市場になるのです。

 広告会社に取っても、これほど、魅力のある市場はありません。
 
 テレビのCMに流れている商品を消費者が無意識に買うようにスマホから流れるCMにも従順に反応するのです。

 このビジネスで構築される数百万人、数千万人の市場は、それこそ、無尽蔵の富の源泉になるのです。

 私達は、少なくてもこのグループの頂点にいて、ここで流通がおきて、その数%が還元するような仕組みを作れば、しかも多種多様の商品が流通すれば、それこそ、スマホは夢を叶えてくれる打ち出の小槌になるのです。

 無尽蔵の富の源泉になる組織の構築に協力しようではありませんが、それが私達が豊かになり、企業も潤うことになるのです。

  <第二ステージ推進グループからのお知らせ>

 第2ステージのビジネスに参加しているのに、プチビジネスの仮登録のメールが来ていない人は、下のフォームから申し込みください。

 http://ws.formzu.net/fgen/S37988233/

   第二ステージ推進グループ


   ありがとうございました。


スポンサーサイト