自我から脱けだし本来の自分とつながり解脱することができたのです。

<第2137> 2013年05月13日 発行

 弓道の「会」の深い呼吸法を何度も繰り返していると、ミトコンドリアが神の使ではないか!と思えてきました。

 私達の遠い祖先は、危機に直面し、それを乗り越えるためにミトコンドリアと共生し、新しい段階に進んだのです。

 絶対絶命の危機に直面した時は、大量の酸素を体内に取り込み、膨大なエネルギーでその難局を乗り越える!
 
 人類の潜在意識には、この太古からの記憶があり、危機に直面した時はミトコンドリアにつながり、パワーアップして超人になり、難局を乗り越えて来たのではないか?と、思えるのです。

 これに気づいた人が、神のレベルに近づくことができて健康で長生きができて、そして、自我から脱けだし本来の自分とつながり、解脱することができたのです。

いきなりミトコンドリアの話では引いてしまう人もいると思いますが、ヨガやお釈迦様の呼吸法、仏教の修行、すべてがこのミトコンドリアのエネルギーにつながることではなかったのか??
 
 と、思えるほど納得してしまったのです。

 これはあくまでも、私の仮説ですので、ご了承ください。

 以前に書いたメルマガの文章のいくつかを抜粋します。この時は、まだ、しっくりしていませんでしたが、今はなるほど!と腑に落ちているのです。

 ≪ミトコンドリアの暗号を解く≫

 さて、ミトコンドリアの「ミト」とは糸という意味で「コンドリア」は顆粒という意味です。

 日本語訳にすると「糸のような小体」「糸粒体」となります。

 接頭語の「ミト」が糸ですから、このことからも、私は、ミトコンドリアには 問題解決の糸口があるように思えてなりません。

 Mで始まり、マトリックスがあり、生物のエネルギーの発電所ですから、この糸粒体には、重大な暗号が隠されているのです。
 
 歴史的にみても、ミトコンドリアは、太古の昔に、原始生物の最大の困難を解決してくれて、単細胞生物から多細胞生物、そして、哺乳類や人類にまで進化させてくれたのですから、救世主になるのです。
 
 その過程を、さっと、地球の成り立ちからおさらいしてみます。

 46億年前に地球が誕生して、40億年~38億年前に海ができました。
 
 そして、36億年前に生物が地球上に誕生したのです。

 36億年前の地球には酸素はありませんでした。酸素がない過酷な過酷な環境の地球に、私達の祖先にあたる微生物の原始生物が誕生したのです。

 この原始生物は海底深く、熱いガスが噴出する孔の周りに誕生しました。そして、岩石に含まれる水素と二酸化炭素からメタンを生成してエネルギーを得ていました。

 海水中には二酸化炭素、窒素、水素ガスが溶け、噴出孔の周りには硫黄と硫酸塩、メタンガスなどが満ちていました。

 そんな過酷な環境でも、原始生物は誕生して、エネルギーを生み出し、子孫を残して来たのです。

 ところで、ソマチット画像は、酸素がなくても、高温でも、低温でも、非常に高い放射能を浴びても、生存できますから、最初の生命体と考えられます。

 ただし、何億年も行き続けて、不死なのは、例外になります。

 その後、22億年前~19億年前に大気中の酸素濃度が急増し、深海の海水にまで十分に酸素が溶け込んできました。
 
 今まで地球上になかった酸素は、原始生物にとっては有毒な物質になります。ですから、彼らにとっては、死と直面する非常に危機的な状態になったのです。

 ソマチットは、どんな条件でも有毒の酸素でも、不死ですから、生き延びることができますが・・・・。

 ほとんどの原始生物にとっては有毒の酸素の環境下では生存が危ぶまれるほどの最大の危機だったのです。

 例えば、現在の地球の大気中に酸素がなくなり、硫化水素ガスやメタンガスのような有毒なガスが急増したとしたら、人類も動物もほとんどの生物も絶滅の危機にさらされます。

 私達のはるかに遠い祖先である原始生物は、この様な絶対絶命の危機に遭遇したのです。

 しかし、ここに救世主が出現したのです。

 この危機を乗り越えられたのは、酸素をエネルギーにすることができるミトコンドリアの共生があったからです。

 ほとんどの生物が現在まで繁栄できているのは、ミトコンドリアのお陰様なのです。

 原始生物にとって、この危機から生き延びるために、酸素を利用できる微生物=ミトコンドリアを、細胞の中に取り入れて、遺伝と深い関係のある染色体「DNA」と仁「RNA」を膜によって閉じ込めた核を形成する微生物=真核細胞生物に、生まれ変わったのです。

 その結果、今から20億年~16億年前に、酸素を使って呼吸する生物が誕生したのです。

 これは、ミトコンドリアという小器官をもつ真核生物で、今まで有毒だった酸素を利用する事で、絶滅を逃れ、ほとんどの生物の生存の原動力になったのです。

 危機を乗り越えるためには、新しい考えを受け入れて、今までの固定概念も、形態も、すべてを変えることを選んだのです。

 これは、現在の私達にも通じることで、参考になります。
 
 酸素を体内に取り込むことで、膨大なエネルギーができて、18倍ものパワーアップができたのです。

 ミトコンドリアのマトリックスで生産されたエネルギーをATP(アデノシン三リン酸)に閉じ込めて、体内細胞のあらゆるところへ搬送できるのです。

 そして、核を持つことにより、たくさんの細胞を増殖させることができるようになり、多細胞生物へ進化することができたのです。

 人間は1日700~800グラムの酸素を消費するそうです。その95%はミトコンドリア内でエネルギーとなるATP生産に使われます。

 人間は、酸素なしでは数分も生存できません。さらに、この酸素からミトコンドリア内のマトリックスで生産さるエネルギー
がなければ、、歩くことも、働くことも、考えることも、何もできなくなるのです。

 ですから、体内のミトコンドリアに感謝の意識を向けて下さい。

 だらだらと書いてしまいましたが、Mの暗号の封印が解けて来るようです。

 1648回のメルマガに・・・・

//////////////

 今日は13日ですから、アルファベットの13番目が「M」になり、ミラクル(奇跡)やマジック(魔法)、ミネラル(Mineral)、 マンダラ(Mandala)、ミトコンドリアなどを封印してきたのです。と、以前にメルマガにも書いてきました。

 13はトミ(富)でもあり、今まで、個人の富や繁栄も封印してきたのです。

 13という数字は天と地がつながる数字でもあり、なぜか「M」も同じ働きがあります。

 21世紀は、あらゆる封印が解けて、13のシステムが動き出すのです。 とも、書いたと思います。

 13のシステムとは、Mのシステムでもあり、日本語では、「ま・み・む・め・も」になります。

 「マンダラ(マトリックス・マジック)・ミラクル(ミネラル・ミトコンドリア)・無限のパワー・無尽蔵の富、命数・・・・・・・・」
  
 マンダラ=マトリック・スマップ (matrix map)とミクロの命数で、無限のパワーにアクセスしなさい!というメッセージのように思います。

//////////////

 60兆×数百から数千個の膨大な数のミトコンドリアとエネルギーはものすごい財産であり、無限のパワー・無尽蔵の富につながるものです。

 ミトコンドリアは、Mのシステム=「ま・み・む・め・も」の封印を解く糸口になると思います。

ミトコンドリアは、私達の細胞の中にあり、細胞の活動に必要なエネルギーを供給している発電所とも呼ばれています。

 その数は、細胞の種類によってまちまちですが、数百から数千個もあり、10万個ものミトコンドリアを持つ卵細胞などもあります。

 60兆の数千倍としても、天文学的数です。人間ばかりでなく、核を持つ生物の細胞のすべてにミトコンドリアがありますから、地球上の総数は宇宙の星のようにほとんど無限に近い数になります。

 ですからミトコンドリアは、地球上で、最も繁栄している器官とも言えるのです。

 M理論、胎蔵界のマンダラ、九つの和、マトリックス、そしてミトコンドリア、共通しているのは、エネルギーの発生の場であるということです。

========

 地球上の核を持った生物の細胞のすべてに、ミトコンドリアがありますから、しかも、スペースシャトルのエンジンで3000度にもなる水素と酸素の合成が、ミトコンドリアのマトリックスでは、37度前後の温度で生産されているのです。

 これは神のなせる業で、2011年になって人類がはじめて生きているミトコンドリアを観察できるようになったのですから、神の意志につながる重要な意味があるのです。

 ですから、2011年には、エネルギーの高まりが、運気の高まりにも通じて、すべてが良くなることが明確になってきたと解釈できます。

//////////////

 運気とは、気を運ぶということです。2京もの生体エネルギーを発電しているミトコンドリアの働きを促進する意識レベルの高い思いは、運気を運び、運気を呼び込む作用をするのです。

//////////////

このミトコンドリアの生体エネルギーは、誰もが平等に備わっているものですが、意識の向け方、働きかけ方により、健康の面からも言えることですが、そのほかの面でも運命が確実に好転することがわかります。

 「命の根源」とも考えられるので、高い次元につながり、非常に心強くなるありがたいものです。

 ミトコンドリアは、腹筋、その内部の筋肉、足の筋肉に大量に存在しています。

 我がこの気海丹田腰脚足心・・・とづづく、白隠さんの言葉は、ミトコンドリアのことのようにも思われます。
 
=============

 M理論、胎蔵界のマンダラ、九つの和、マトリックス、そしてミトコンドリア、共通しているのは、エネルギーの発生の場であるということです。

 これらは、互いのエネルギーを高めるために存在しているように思われます。

 お互いに、向上するためのエネルギーの好循環=善のエネルギーのスパイラルを加速するためにあるのです。

============

 ミトコンドリアの遺伝子は核の遺伝子よりも約10倍も進化速度が速いことが知られています。

 核のDNAについてヒトとチンパンジーを比べると、稀にしか相違点が見つかりませんが、ミトコンドリアDNAを調べると、ヒトとチンパンジーの間で多くの相違点が見つかります。

 この点からも、ミトコンドリアには、意思のようなものが感じられます。

 共生という生き方を選択したミトコンドリアが、私達人類に、対立しないで、共に協力しながら、支えあいながら生きることが、生命が繁栄する最良の方法であると、教えてくれています。

 ミトコンドリアは、私達人間の意識に反応しているのは明らかなことで、病気になるのは、ネガティブなエネルギーレベルの低い意識がミトコンドリアに影響して、エネルギーの出力を弱めているとも考えられます。

 ミトコンドリアの機能は、多くの病気や老化に深く影響していることが、近年の研究で明らかになってきています。

==============

 ミトコンドリアの意思とは、宇宙の意志であり、神の意志と思われます。

60兆×数百個~数千個のミトコンドリア=12京個と推算する学者もおります。

 2京でも12京でも、膨大な数になって把握できませんが、ミトコンドリアからは「ラマン光」という、これまでのどんな物質からも観測されていない波長をもった光が発生しているそうです。

 エネルギーを生産しているのですから、当然のことですが、神秘的なものを感じます。

 環境が今ふさわしいものであれば変わる必要はありません。そのままの形で生きていくことが可能であり、またそれがふさわしいからです。

 生命は危機に直面し、それを乗り越えることにより新しい段階に進んできました。

 危機に直面し、環境に適応した姿に変われなかった生命は、進化の表舞台からは姿を消していったのです。 

 ありがとうございました。



スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事