自分自身も含めて自分の周りに起こるマイナスの現象を沈めるためのツール。

<第2152回> 2013年06月05日 発行

 昨日、以下のようなメールを頂きました。

//////////////

はじめまして。

○○ ○○と申します。いつもメルマガを興味深く拝見させていただいております。本日は質問があり、メール致しました。

かなり前になりますが、能望のCDを購入させていただいたことがあります。ですので、はじめましてとは違うかもしれません...。

何度も挫折を繰り返し、昨年末から毎日唱えております。とはいえ、出勤前と帰宅前の車の中でですから、数百も唱えればいいところです。

気持ちもフラフラしてますから、無意味なことをしてるかな、とも思います。

今では日課になりつつあるのですが、5月初めあたりから咳と痰が酷くなったために、唱えるのが困難になってきました。

発声にも影響が出てきたので、どうしたものかと思ってます。

鈴木先生のメルマガを拝見すると、降龍というものが出てきますが、これはどのようなものなのでしょうか?

弱者救済プロジェクトのために、全ての販売を停止されたようなので、購入出来ないのが悔やまれます...。

もし在庫があるなら購入させていただきたいとも思っています。不躾な質問をお許し下さい。

お時間あるときにでもお答えいただけると嬉しいです。

/////////////

 メールありがとうございました。

>今では日課になりつつあるのですが、5月初めあたりから咳と痰が酷くなったために、唱えるのが困難になってきました。

>発声にも影響が出てきたので、どうしたものかと思ってます。

○潜在意識の抵抗だと思いますが、能望の実践は、喉の状態が良くなるまで、しばらく休むことをお勧めします。

>鈴木先生のメルマガを拝見すると、降龍というものが出てきますが、これはどのようなものなのでしょうか?

○降龍に関しては、過去のメルマガに何度も説明がありますので、それらを参考にしてくださいね。

 一つだけ、紹介します。

==========

 降龍とは?

------------------

降龍とありますが初めて見る言葉なので何なのか分かりません。

能望とは違うのですね。

降龍の実践とは一体なんでしょうか?

------------------

メール有り難う御座いました。

 早速お答えします。

>降龍の実践とは一体なんでしょうか?

○スパイラルシートの中にある、ミクロの命数と渦巻きのエネルギーを利用した手法の実践です。

 スパイラルシートには、降龍⇒昇龍⇒成龍の三龍があり、降龍は、最初に、自分自身も含めて自分の周りに起こる
マイナスの現象を沈めるためのツールです。

 瞬時に視力が向上する、体温が上がる、風邪が信じられない早さで治る!とか、次元の違う現象が起きています。

 薬などは一切使わないので薬事法には触れないと思いますが、意識の働きで、薬の何十倍も効果のあるホルモンや神経伝達物質を体内に生み出すので、望ましき現実を招いているのです。

 副作用一切なし、奇跡のホルモンやエネルギーですから、次元を超越した、奇跡が起きているのです。

 ですから、免疫力が、信じられないレベルまで、高まることがわかります。

 前回のメルマガでは、降龍で、チャクラやオーラに働きかける説明をしましたが、さらに、もっとすごい理由があります。

 ABC⇒A→B→C この図式は、見えない世界で起きた原因のABCが、三次元の私達の目に見える世界で、起きるA→B→Cの現象の因果関係になります。

 この図式にミクロの命数をあてはめて見ると・・・。

 ABCは、10のマイナス24乗、10のマイナス23乗、10のマイナス22乗の高次元の世界で、10のマイナス21乗→マイナス20乗→マイナス19乗は、三次元の現象が起きる世界になります。

 量子物理学では、素粒子の波が、物質化する時間が10のマイナス23乗秒ということですから、これにシンクロしている、阿頼耶と阿摩羅、そして、お釈迦様の産みの母親の名は、「摩耶」と言います。

 10のマイナス22乗の阿頼耶(あらや)と10のマイナス23乗の阿摩羅(あまら)の中にこの漢字が見られます。

 これは偶然とは思われません。このことからも、阿頼耶と阿摩羅は、高次元の創造の場であることがわかります。

 お釈迦様がこの世から旅立って行った所が、涅槃寂静ですから、阿頼耶(あらや)⇒阿摩羅(あまら)⇒涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)の世界は森羅万象のあらゆものや情報が創造される世界なのです。

 時間と空間を超越した、無限のエネルギーの場でもあります。

 この超越の世界に通じているのは私達の意識です。

 渦巻きの回転のエネルギーを利用して、何度も何度も、ABCの世界に働きかけるのが、スパイラルシートなのです。
 
========== 

 初めて読む人は、これだけでは、意味不明かと思います。ミクロの命数から始っておりますから、メルマガの中でミクロの命数から読むと、理解できると思います。

 参考にしてくださいね。

『幸せの和』と同じように、世に出る時が必ず来ると思いますので、気を長くしてお待ちください。

 ありがとうございました。

/////////////

 さて、私は、ミクロの命数からスパイラルの降龍に至ると、長くて暗いトンネルの向こうに、やっと出口の光りが見えたように思いました。

 今の現状も、長くて暗いトンネルの中にいるような状況にありますから、この暗闇の中に光を差し込む働きは、降龍の実践にあるのかも知れません。

-------------

 ありがとうございました。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事