絶対大丈夫!と思っても無意識がその反対だったら・・・

<第2161回> 2013年06月20日 発行

 最近メルマガに登録された人だと思いますが、ミクロの命数とは何ですか?という質問がありました。

 19日から24日までは、ミクロの命数に関連しておりますので、メルマガから、その説明の部分を紹介します。

/////////////////

 <ミクロの命数が奥義となりうる条件>

さて、この命数について、もう少し詳しく説明します。

1を10分の1ずつ小さくして行くと、0,1→ 0,01→ 0,001→ 0,0001→ 0,00001・・・となります。

これらの数の単位に名前がついていて、それを命数というのですが、それぞれ 分→厘→毛→糸→忽→微→繊→沙→塵→埃→渺→漠→模糊→逡巡→須臾→瞬息→弾指→刹那→六徳→虚空→清浄→阿頼耶→阿摩羅→涅槃寂靜。

となり、この様に、極小とも言うべき微細なミクロの単位の最小の部分の最後の六つの漢字の命数が、1000年の封印が解かれた奥義になるのです。

  六徳→虚空→清浄→阿頼耶→阿摩羅→涅槃寂静のことです。

そして、その読み方は・・・。

 →六徳 (りっと く)→虚空( こくう) →清浄 (せいじょう)→ 阿頼耶(あらや)→ 阿摩羅(あまら)→涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)と、読みます。

 六徳⇒虚空⇒清浄⇒阿頼耶⇒阿摩羅⇒涅槃寂静は、数学的には、それぞれ、10のマイナス19乗⇒20乗⇒21乗⇒22乗⇒23乗⇒24乗という極微のミクロの数になります。

 大きさの目安としては、中学の理科の教科書にも載っている、物質の最小単位の原子の大きさは、約1億分の1センチメートル=10のマイナス8乗cmです。

 地球と同じように、原子の中心にも核があり、その原子核の大きさは、原子の1万分の1の大きさですから、これは、10のマイナス12乗cmとなります。

 さらに小さい素粒子の大きさとなると、原子の1億分の1のさらに1億分の1という大きさになりますから、10のマイナス16乗cm以下というサイズになります。

 やっと、「六徳」のサイズの10のマイナス19乗に近づいてきました。

 六徳⇒虚空⇒清浄⇒阿頼耶⇒阿摩羅⇒涅槃寂静のそれぞれの大きさはそれぞれ、10のマイナス19乗⇒20乗⇒21乗⇒22乗⇒23乗⇒24乗ですから、これらは、素粒子よりも、さらに小さなサイズと言うことになります。

 このくらいの極微のサイズになると、次元を超越するのです。

////////////////////

 このように、命数のことを紹介しましたが、スパイラルの渦ができたので、誰もが、次元を超越することができるようになったのです。

 それでも、練習が必要ですので、1ヶ月~2ヶ月は降龍に取り組まれて下さい。

 心の奥のあたたかで、至福の世界に入る事ができます。

 この世界は、無限の創造の場であり、あらゆるものが創造できる神の領域でもあります。

 六徳⇒虚空⇒清浄⇒阿頼耶⇒阿摩羅⇒涅槃寂静と、丹田の一点に意識を深めるのですが・・・。

 実際は、清浄⇒阿頼耶⇒阿摩羅が、七識⇒八識⇒九識で、八識の世界にアクセスしているように思われます。

 それでも、これは、能力開発の常識では考えられない、すごいことですから、修得して下さい。

 瞬息(しゅんそく)⇒弾指(だんし )⇒刹那(せつな)⇒

 これを、時間の単位とみなし、今の瞬間に入り、望ましい世界に分け入る「分岐点」に至ることを意識するのです。

 そして、望ましいポジティブな現象が起きる世界を選ぶのです。
 
 そして、高次元の六徳(りっとく)⇒虚空(こくう)⇒清浄(せいじょう)と・・・・へと、突入できれば、完璧な現実化になります。

 未来の望ましい方向を選択できる分岐点は、今の瞬間にあるかどうかは、正確にはわかりませんが・・・。

 瞬息(しゅんそく)⇒弾指(だんし )⇒刹那(せつな)⇒と、限りなく、今の瞬間に近づくことにより、至ることができます。

 ライフル銃についている照準をあわせるスコープ(望遠鏡)の様な役割をしているように思います。

 パラレル・ワールドという言葉がありますが、宇宙の始まりのビックバーンの際に、同じような宇宙が並行(パラレル)に無数にできたと言われています。

 そして、私達は、一瞬、一瞬に、自分の未来を、無数の世界から選んでいるようなのです。

 「自分が変われば世界が変わる!」というのは、量子力学の世界でも証明できるそうです。

 自分達は、一瞬、一瞬に、自分の望んでいる世界を選んでいるかと言えば、それは必ずしも、そうではありません。

 絶対大丈夫!と思っても、無意識がその反対だったら、無意識に負けて、大丈夫でない方向に、つまり、望んでいない失敗の世界に移動してしまいます。

 この無意識は七識のマナ識になります。

 けれども、その無意識=七識のマナ識がミクロの命数にはないのですから、自分の意識だけで、コントロールすることができるのです。

 その時間軸が今の瞬間にあり、意識でその中に入り、自分の希望する世界を自分の意識で選択できるのです。

 スパイラルシートでの色々な奇跡の体験はこの時間軸での選択があり、高次元の世界に入っていたのです。


  ありがとうございました。

========

毎日コンスタントにメールが届き、隙間時間に取り組めるポイントサイトは、▼スマホか携帯でアクセスしてください。 
Dream Mail


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事